FXに限らず、あらゆる金融商品に言えると思うんですが、相場の世界に携わってると、『アノマリー』という考え方を目にする事が凄く多いです。

大統領選挙の年はドル高になり易いとか、Sell in Mayのような季節性から導き出されたものから、あるいは一時期流行った、『ジブリの日は暴落する』みたいな茶番的なものまであるし、しかも、新しいのが次々出てくるので、1年中なんらかのアノマリーが紙面を賑わせてますからね。

ただ、アナリストや評論家がアノマリーに関する記事をよく書く理由は、『我々投資家が求めてる』からだし、結局の所、需要と供給がマッチしてるんです。

投資家なら誰しも、『楽して稼ぎたい』という願望が少なからずあるので、『ヒミツの法則を提供してくれる』と思わせる節があるアノマリーという考え方には、つい関心を持ってしまいますから。

しかも、アノマリーには都市伝説的な雰囲気があるので、儲かるとか儲からないとか以前に、本能的に人間の好奇心をくすぐってくるから尚更なんですよね。


でも、アノマリーは、間違いなく投資家に好まれてるトレード理論のひとつだけど、『アノマリーで実際にトレードしてる』なんて人は、ごく少数だと思います。

アノマリーは大体時間軸が長いので、デイトレやスキャのような、短時間で完結するトレードスタイルが好まれるFXにおいては、なかなか活用し辛いですからね。


ただその一方で、実際にトレードした事はなくても、アノマリーの影響で利益を逃したとか、損をした経験がある人は割りと多いのではないでしょうか。

私も、『ファンダメンタルズで戦略を決めて、テクニカルを目処にエントリーする』というスタイルを確立する前は、『ドル円のロングいい感じだけど、でも5月は暴落が多いらしいし・・・』みたいな事を考えてプランを変えたせいで、悔しい思いをした事が何度もありますから。

だから影響を受けてしまう気持ちはよく分かるんですが、でも、アノマリーなんてものは全くトレードの役に立たないし、それどころか、迷いを生じさせるからむしろ有害なので、絶対に参考にしてはいけません。


例えば、2016年の年初に市場全体が急落した時に、アナリストは一斉に、『リーマンショックの時はこんな感じだった』とか、『8年サイクルで危機が来る』といったアノマリーを持ち出して危機を煽りまくったんです。

でも私は当時、『リーマン級なんて絶対にない』と言い切ったし、押し目買いの絶好のチャンスだと思ったので、暴落の真っ只中に、ソフトバンクを計220株追加したんです。

すると、実際にその後落ち着いたので、当時追加した220株は今では相当な含み益になったし、アナリストが持ち出したアノマリーを完全に無視したお陰で、千載一遇のチャンスをものに出来ましたからね。


私が何故そんな風に言い切れたかというと、『リーマンショックが起こった2008年9月と、2016年1月とでは、ファンダメンタルズが全然違ってたから』なんです。

リーマンショックの直前は、米国のCPIが5.6%、ユーロ圏が4.1%、英国が4.4%、さらにデフレ大国・日本ですら2.4%もあったので、当時は軒並みインフレに悩まされてたんですよね。

だから、利上げに耐え得るほと経済が強くなかったにも拘わらず、当時のECB総裁トリシエは、インフレ抑制を優先して強引に利上げに踏み切ったんです。


そして、このECBの判断によって、『他の国も追随して一斉に利上げサイクルに突入するんじゃないか?』と不安になった市場がリーマン破綻を機にリスクオフに走ったので、あの破壊的な大暴落が起こったんですよね。

というわけで、このロジックに気付いてる人って殆どいないけど、実はリーマンショックの引き金は、『ECBが行った間違ったタイミングでの利上げ』だったんです。


一方2016年の急落も、FRBの間違ったタイミングでの利上げが引き起こしたので、原因はほぼ同じなんです。

でも、『全ての国が引き締め予備軍』だった当時とは違って、2016年1月時点で引き締めは米国だけだったので、FRBの判断ミスをカバーしてくれる経済環境だったんですよね。

だから、調整で済む事が明らかだったので、絶対にないと私は言い切ったんです。


結局の所アノマリーなんてものは、相場の世界で、実際に冷や汗をかきながらトレードをした事がない評論家の、金儲けの道具なんです。

例えば、FX業界でアノマリーの第一人者である吉田恒なんて、明らかにトレードしてないですから。


メディアに頻繁に顔を出す有名アナリストの、過去を引き合いにしたもっともらしい解説を聞いたら、影響を受けてしまう気持ちはよく分かります。

でも、ファンダメンタルズが全く同じ状況なんて有り得ないし、表面的には似てても実態は違う場合が多いので、『あの時こうだったから、今回もこうなる』という安易な考え方は絶対にしてはいけません。

背景にあるファンダメンタルズを無視して、アノマリーを優先したトレーディングをしてると、いつか必ず痛い目に遭いますから。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいています。現在5年目で専業という名だけのトレーダーの卵です。しがないさんには足元も及びません。

何から語ればいいのか分かりませんが、やはり私は相場の真理を求めたいです。私の真理とは巷で言う聖杯ではなく、どうしたら負け続けられるか、負け続けられる思考、人(自分)の心理推移についてとても興味があります。不思議なもので、勝ち続けるためのロジックは誰もなし得ないのに、負ける手法についてはメンタル面、テクニック面でもノウハウはそこらに充実してると感じます。 なぜ必ず負けられるのか、その違いは何なのでしょうか。話は破産確率などに収束していくんでしょうが、市場を通して、何か不思議なものを得られる気がしてならないお子ちゃまです笑。

為替は大きなマネーと沢山の意思。でも沢山の意思が大きなマネーを動かしている訳じゃないという歪み。大衆がレバレッジという十字架を背負っている恐怖。学べば学ぶほど市場一つで全く違うものであると感じます。

私は年齢的にあと60年は市場に居続けなければいけないので、ZAR/JPY1円以下、UFOがNYを攻撃し50円の円高、法律絡みの取引停止など本気で考えて取り組んでいるつもりです。
口ではそう言いますが、実際にはファンダメンタルズも全然勉強不足だし、資金管理、特に精神衛生に重きを置いてますけどやはり納得のいくレベルには達していないのが現状で、少しでも勉強をとネットの海を漂った結果、ここで学ばさせていただいています。
手法はスキャルメインになります。となるとやはり逆張り的思考なので、ファンダメンタルズによって避けなければいけない場面を把握する必要がありファンダメンタルズは誰よりも自分の手法に必要だと感じています。

ちなみにTPPは反対です。
理由は一つ、身近な人に歳を重ねた農家が多く、その人たちの悲しむ顔が見たくないから、です笑。
利己的な人間なのは変わりません。

TPPに限った事じゃないですが、後々世界的な「共有」が広がるといいですね。
家庭から友達知人〜世界まで。私がもたらせる平和はどこまでなのか分かりませんが、私のできる範囲で世界を救うつもりで頑張ります笑。

FXを一言でたとえるなら、
「鏡」ってとこでしょうか笑。

Re: はじめまして

陽さん、はじめまして。

5年のキャリアがおありなんですね。
ただ、経験に関しては私の方が豊富かもしれませんが、相場の世界は実力が全てなので、足元にも及ばないなんて事はないですよ。
文章の感じからして、結構稼いでそうなオーラが漂ってますし(笑)

陽さんは、『負け続ける』という事に着目して、相場の世界の真理を追い求めてるんですね。
なかなかユニークな考え方ですし、初コメントの方に対して大変失礼ですが、どうやら私に負けず劣らずの変人だとお見受け致しました(笑)

ただ、私も常に、物事を反対側から見ることを心がけてるので、陽さんの仰ってる事はなんとなく分かります。
負ける要素を全て排除する事が出来れば、自ずと勝てるようになりますからね。

一応私にとっては、『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である』というダーウィンの言葉が、相場の世界の真理として最もしっくりきます。

それにしても、一般的には、スキャをしてる人が最もファンダメンタルズを軽視するので、陽さんのような方は珍しいですよね。
でも仰るとおり、スキャをする時は、避けなければいけない局面を把握することが凄く大事ですし、そういったリスクを見越して、ファンダメンタルズに取り組んでるなんて流石です。


それとTPPに関してですが、身近な人の悲しむ顔を見たくないという陽さんの考えは凄くよく分かります。
でも、TPPが破壊するのは、決して農家ではなくて、『日本の旧態依然とした農業の仕組み』なんです。

例えば牛肉なんて、自由化の時にあれだけ反対運動が起こったのに、実際には輸出が過去最高を更新してるんですから。
なので、マジメに頑張ってる農家は、むしろ今以上に稼げると思いますよ。

それに、『TPPのお陰で、自分たちの子供や孫の世代が多大な恩恵を受ける』という事実を知れば、高齢の農家の方々も賛成してくれるのではないでしょうか。

陽さんの仰るとおり、身近な人達をどんどん巻き込んで、共有の輪が広がっていくのが理想ですよね。

楽しんで下さってありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。

RE

お返事ありがとうございます。
お叱りをいただくつもりでしたが、まだまだこれからのようです。
はじめに一つ謝罪させてください。
15年のキャリアのしがないさんに向かって、この先を本気で考えていると口に出すのはこの上ない軽率な言動でした。大変失礼いたしました。

ダーウィンの言葉、有名ですね。ですがすっかり忘れていました。
若い頃に見たこの言葉より、自分の進む道を遥か先、目標にすべき方が仰ると説得力がまるで違います笑。
実は私、小学生の頃に作文に題すほどイチローが大好きでして、同じく我が道を行くプロとしてしがないさんと重ねて見てしまいます。お気を悪くされたら申し訳ありませんがそれが第一印象でした。
そこで自分も無理やりしがないさんに重ねにいこうと考えた結果、ハインリッヒの法則がありました。
「手法は何?」と訊かれたら「ハインリッヒの法則だよ」と答えたいほどこの視点は昔から大事にしています。私もFXを始める瞬間から専業を目指していましたので、目先の1,2万を拾うよりずっと先の何百万を動かす為に"ヒヤリ"は徹底的に潰すようにしていました。大災害の"1"はいずれどうしても来るかもしれませんが、また一から頑張れるようメンタルだけは常に磨いていきたいと思います。

TPPの件、とても詳しくありがとうございます!
まさか輸出がそんな事になっているとは・・・。勉強不足を痛感します。では問題は私の身内が「ちゃんと頑張っているのか」ですね笑。これには苦笑いするしかありません。サトウキビを作り続け台風でなぎ倒される補助金でどうにかしてる人や、グータラJA職員としてのさばっている人まで居るので・・・。口を塞ぐしかないようです。


お相手していただき感謝いたします。
貴重な時間を私なんかのために割いてはいけませんのでROMに戻りますね笑。
また機会があればコメントさせていただききます!ありがとうございました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

しがないさん、こんばんは

年末に一度はご挨拶を書きましたが、パソコンの不具合で投稿ができなく消えてしまいました。
で、今日までROM専門で過ごしておりました。

寒い日でコタツに潜っております。
携帯からのコメントで失礼だわ〜と感じながらも、一月中にはご挨拶をしなきゃと思いまして。

今年もよろしくお願いします。
記事の拝読には欠かさずお邪魔をしていますので。

Re: RE

いえいえ、陽さんは自己紹介として、自らの考え方を述べてくれたわけですし、謝罪する必要は全くないですよ。
むしろ私と同じように長期的に考えてるトレーダーがいる事を知れて、嬉しかったくらいです。
相場の世界は、目先の利益に捉われる人が多いですから。

陽さんは、イチローがお好きなんですね。
私みたいなしがないトレーダーを(笑)、そんなに大好きな人と重ねてもらえるなんて光栄です。

ハインリッヒの法則も意識しておられるんですね。
私も思わず記事にしてしまうくらい、ハインリッヒの法則は投資家にとって役に立つと考えてますし、この事に関しても共感してもらえたので、一層嬉しいです(笑)

農業に限った事ではないんですが、競争がない業界は必ず衰えていくんですよね。
頑張っても頑張らなくても得るものが同じだったら、私だって絶対頑張らないですから(笑)
なので、自由貿易によって競争がもたらされれば、日本の農業は必ず良くなると思います。

私は、基本的に貴重な時間がない男なので(笑)、お気になさらないで下さい。
数々のリスペクトのお言葉をかけて下さってありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。

まだまだトレーダーの卵との事ですが、私なんか未だにウズラの卵です(笑)
お互い頑張りましょうね。

Re: しがないさん、こんばんは

菜菜さん、こんばんは。

せっかく書いたコメントが消えてしまったんですね。。。
心中お察し致します。

私もブログを書いてて、保存したのに不具合で消えてしまった事があるんですが、あの時は、『もう2度とブログなんて書きたくない!』と感じるくらいの精神的ダメージを負いましたから(笑)

そんな事があったにも拘わらず、またこんな風に、ご丁寧に挨拶をして下さってありがとうございます。

こちらこそ宜しくお願いします。
寒い日が続いてますし、お体をご自愛下さい。

素晴らしい

Re: タイトルなし

ありがとうございます。

No title

FXの世界をのぞいてみたく、拝読させていただきました。私もブログをやっているので、ブログのねたになれば、と思っています。
今後とも、よろしくお願いいたします。

Re: No title

FXに興味がおありなんですね。
読んで下さってありがとうございます。

こちらこそ宜しくお願いします。

しがないさんこんばんわ(´・ω・`)!!
アノマリーですか!!
私すっごい気にしちゃうんです(˘・з・˘)
とくに窓は埋めるってやつです!
先週も今週もドル円は窓を開けてたじゃないですか、ショートしたかったんですが窓埋めてくれないとショートポジションが持てなくってずっとそわそわしたまま終わりました(笑)
そうゆうのは気にしないほうがいいのですね(´・ω・`)!

しがないさんは確かに、リーマン級の暴落はないと書いてましたね(´・ω・`)!!
世間が「ドイツ銀行が〜」やら「トランプが大統領になったら〜」やらでこれから100円割ってどんどん円高すすむぞって世間が騒いでたときも、ドル円がこれからどんどん下がることはないと書いてましたもんね!
ファンダメンタルズ分析は大事だなってあらためて思いました。
だって大統領選とかの暴落で担がれた人すごいいるはずです!
それを押し目ではいれたのは本当にすごいです!(´・ω・`)

Re: タイトルなし

あゆさん、こんばんは!

仰るとおり、窓を埋めるというのは有名なアノマリーですし、確かに埋める確率って高いですよね。

でも、基本的に為替相場は、『行ったり来たりを繰り返し、たまにトレンドが出て一方向に走る』という感じなので、別に窓を埋めに行ってるわけではなくて、普通の動きをしてるだけなんですよね。

なので、窓埋めトレードは、コツコツドカンでやられる典型的なパターンなんです。

あゆさんのように、『埋めてからショートしよう』というのであれば全然安全ですけど、『どうせ埋めるから逆張りロングしてやろう』と考えてると、強いトレンドが出た時に一発退場を食らいますから。

いえいえ、『リーマン級は絶対ない』に関しては一応当たったんですが、私だって予想を外しまくってるので、全然大した事はありません(笑)
ただ、今月の見通しみたいなのは外す事も多いですけど、ブラックスワン級の危機の予測に関しては、一日の長があると思ってます。
(自分で言うのもなんですが(笑))

そして、私がこんな風に危機をある程度予測出来るのは、ファンダメンタルズ分析のお陰なので、やっぱりファンダメンタルズって大事なんですよね。
FXはレバレッジをかけてトレードしてるので、1回の負けで生活が崩壊するくらいの損失を喫する事がありますから。

たくさん褒めて下さってありがとうございます(笑)
頑張って書いた甲斐がありました。
これからも宜しくお願いします。

PAGETOP