《10月のトレード成績》
ユーロドル 2勝0敗 65.4pips
ドル円   0勝1敗 -15.9pips

《2017年の年間成績》
ユーロドル 13勝10敗 158.3pips
ドル円   8勝10敗  76.9pips   

《長期投資》
ソフトバンクグループ 4598円   770株
ヤフー         415円  1500株
(10月末時点の含み益・426万)


FX

2ヶ月もの間勝利から遠ざかってたから、ずっと憂鬱な日々を送ってたんですが、10月はなんとか利益を出せたので、随分精神的に楽になりました。

もちろん、たかが50pipsだから専業としての合格ラインには程遠いけど、それでも勝つのと負けるのとでは、天と地ほどの差がありますからね。


それに、10月は積極的な姿勢が功を奏したので、尚更嬉しいんです。

私はこれまで、外為どっこコムが提供してるピボットやサポートの数値をそっくりそのまま採用してトレードしてたんですが、ただ、指値の手前で反転してエントリーを逃す事がよくあったんですよね。


だから、こういった事態を避けるために、10月からエントリーや利確の指値を5pips手前に変更したんです。

相場が動意付いた時だけというトレードスタイルを採用して以降、エントリー回数がかなり減ったので、巡ってきた数少ないチャンスを逃すわけにはいかないですから。


すると、指値を5pips手前にしたお陰で見事にエントリー出来たし、しかもそのトレードで42pipsも獲れたので、『ルール変更直後にいきなり勝利を収める』という奇跡的な幸運に恵まれたんですよね。

私が尊敬する羽生さんも、『勝利の女神は勇者に微笑む』と仰っておられるけど、やっぱり勝負の世界は、苦しい時ほど積極的にいくべきですね。


ただ、一応断っておきますけど、長期に渡る苦戦の影響で前のめりになって、強引にルールを変更したわけではないんです。

ずっと前から、『指値やリミットをもう少し手前にしようかな』と考えてたし、経験に基づいての判断ですから。


為替相場

先月の記事で、『FOMCで米国は引き締めの思惑が強まったので、緩和真っ只中の日本に対して有利だからドル円には上昇余地がある。一方ユーロ圏は引き締めへの転換が視野に入ってるので、ユーロドルは下落トレンドにはならない』と書いたんですが、概ね予想通りの展開になりました。

ドル円は1円以上高値を更新したし、ユーロドルに関しても、26日のECB理事会後の会見で、ドラギが市場のタカ派的な思惑を牽制するまでは、レンジで推移してましたからね。


そして今後についてなんですが、先月のECB理事会レベルの事が起こらない限りは、基本的にはドル高気味の展開になると思います。

ただ、米国よりはペースが遅いと考えられているものの、ユーロ圏の金融政策も引き締めに転換したので、堅調なドル円とは違って、ユーロドルはそれほど下がらないと私は考えてます。


それにしても、最近の為替相場は、完全に金融政策の方向性に沿った動きをしてますね。

ユーロドルは、『米国はもう利上げ出来ないかもしれない&ユーロ圏は引き締めへの転換が近い』と考えられてた時は上昇してたし、そしてその後、『米国の利上げサイクルはまだ終わってない&ユーロ圏の引き締めペースは遅い』という認識に変わると下落に転じてますから。


だから、為替相場を左右する最大の要素はやっぱり金融政策なので、優先順位の低いアノマリー需給なんかは無視して、金融政策だけで投資戦略を描くべきではないでしょうか。

だって戦略の略は、『略す』という意味だし、本来戦略というのは、最も重要なものだけに絞って立てないといけないんですから。

ただ、市場が荒れた時はポジションの巻き戻しが引き金になって乱高下するから、そうなると金融政策は殆ど無力になるので、『威力を発揮するのは市場が穏やかな時』という事も心に留めておかないといけません。


それと、今回は衆議院選挙についても触れておきます。

政治はFXとは直接的には関係ないけど、でも、もっと広い視野で捉えると、政治は投資家にとって凄く重要ですから。


というわけでまずは、一時は話題を席巻した希望の党に関してなんですが、事前の予想通り、現有勢力を下回るという大惨敗に終わったので、以前小池さんの事をボロクソに書いた私としては、『やっと時代が追い付いてきたな』という感じです(笑)

ただ、小池の化けの皮が剥がれたのは日本にとって良い事だけど、かといって小池さんだけを批判するのはフェアじゃないですね。

小池人気に群がってきた連中の方がさらにクズだし、それに立憲民主だって、希望の党に入れてもらえなくて苦し紛れに作っただけの政党なので、大概のクズ集団ですから。


一方、維新にとっても今回の選挙は惨敗だったし、議席を減らした最大の要因は、橋下さんの戦略ミスですね。

公示前の小池さんの勢いは凄まじかったので、東京・大阪での不可侵条約を助言したんだろうけど、ところが、そのせいで同盟関係と見られた維新も、見事に反小池のあおりを食いましたから。

政治家の頃の橋下さんは、民意を捉えるのが抜群に上手かったのに、『小池さんと前原さんは歴史に名を残す!』という最高に気持ち悪い発言までしてしまったし、今回は完全に見誤りましたね。


ただ、誤解される事が多いけど、橋下徹という男は、権力や名誉には全く興味がないんです。

だから、『誰かが日本を良くしてくれるんだったら、それでいい』と考えてるし、政治家みたいなしんどい仕事は出来ればしたくないと思ってるんです。

府知事・市長時代は貯金を切り崩して生活してたし、それに、幼い子供にまでSPが付くような、壮絶な負担を家族に強いてたので、もうあんな辛い想いをさせたくないと考えるのは当然ですから。


でも、橋下さんには申し訳ないけど、類まれな能力を持った人には、それを行使する義務があると思うんですよね。

だって日本の腐り切った仕組みを変えられるのは、橋下徹だけなんですから。

だから絶対政界に戻って来て欲しいんですが、ただ、復帰するには相当説得力のあるシナリオが必要になるので、来年実施される2度目の大阪都構想の住民投票には、顧問という立場で臨まなければならないかもしれません。


長期投資

正式発表が間近だと言われていたスプリントとTモバイルUSの経営統合ですが、ところが一転して、交渉打ち切りへと傾いたようです。

報道によると、ソフトバンクの取締役会でスプリントの経営権を手放す事に異論が出たらしく、そしてその異論を受けて、孫さんの考えも変わったみたいですね。


でも、なかなか合意に達しなかったから、『最終ハードルの価格で折り合いが付かなくて、結局破談になるかも』と私は考えたので、破談になっても別に驚きはありません。

ただ、価格以前に、そもそも経営権の譲渡に難色を示してるんですよね。

だから、経営権譲渡の前提でずっと交渉してたにも拘わらず、それを土壇場になってひっくり返すなんてバカみたいだし、今回の孫さんの一連の行動は、稚拙だったと言わざるを得ませんね。


でも、一貫してスプリントの売却には反対してた私にとっては、破談は大歓迎です。

孫さんは常々、ソフトバンクを300年成長し続ける企業にすると公言してるので、その創業者が、『スプリントを必ず改善して見せる』と言い切っておきながら道半ばで投げ出すような事をしてしまったら、後継者に示しが付かないですから。


それに、300年云々以前に、純粋に経営の観点からも、スプリントは絶対傘下に置いておくべきなんです。

スプリントの改善ペースは相変わらず亀の歩みのように遅いけど、米国は日本より遥かに市場が大きいから、このまま改善を続けていけばいずれ確実に、国内通信事業の5618億を上回るフリーキャッシュフローを稼ぎ出す会社になりますから。

だから売却どころか、出来れば残りの株式も買い取って完全子会社にして、スプリントが生み出すキャッシュを100%取り込める体制にして欲しいですね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

確かに過去記事で、指値に刺さる直前で反転した、しかも動き自体は概ね予想通りだった、って事を何度か書かれてたので、経験を加味した好判断ですね。
年末も良い感触で締め括れるんじゃないでしょうか。

Re: タイトルなし

そうなんですよ。
これまでに何度もあったので、ずっと考えてたんです。

ただ、手前で反転するのって、ある意味キリがないじゃないですか?

5pips手前にしても、さらにその1pips手まで反転する事ってありますし、それに指値と同時にストップも手前になるので、『以前であればストップがかからなかった所でロスカットされる』という不運もセットで訪れますから(笑)

だから、なかなか踏み切れなかったんですけど、不調のお陰で、逆に開き直って決断出来ました。

ありがとうございます。
この調子を維持できるように頑張ります!

50pipsはすごいですね。
兼業ですが0~15pipsで今年は毎月推移してきました。
大きく取れる月がないと利益が伸びませんね。

長期投資の利益がすごい、資金があればしがないさんは長期投資が向いてそうな予感

おめでとうございます!

ようやく勝つことができましたね!
余計なお世話だとは思いつつ、心配申し上げておりました。
今後も応援しています。

Re: タイトルなし

ありがとうございます。

記事では専業としてはダメだと書きましたけど、50pipsという数字は私にしてはまずまずなので、かなり嬉しかったです(笑)

でも、0~15ってなかなか凄いですよね。
調子が悪い時でも、そう簡単には負けないという事ですから。

仰るとおりです。
私は完全に長期投資家タイプなんですよね。

なので、出来ればデイトレはしたくないですし、資金さえあればFXを引退出来るので、お金がない事が非常に悔やまれます(笑)

Re: おめでとうございます!

心配して下さってありがとうございます。

ようやく勝つ事で出来たのでホッとしました(笑)

mustさんの応援をエネルギーにして頑張ります!

厳しい世界なのですね

はじめまして。為替鬼を検索したらここに飛んだのでブログを拝見しました。

私は脱サラを目指しFXの世界(専業トレダー)に夢を見てデモもすっ飛ばし、ローソク足の見かただけを勉強して指値も損切りも決済の仕方も知らぬまま、いきなり888倍レバレッジの海外口座デビューをして先日20万全てを飛ばした大バカ者です。もうスキャはしません。(逆に2ヶ月もよく持ったと誉めて貰いたいくらいですがw)

勉強して勉強して一人前になるので(それまで何年かかるか分かりませんが)これから応援して行きますので頑張って下さい。

いつもコメントしているトレダーさん達も頑張って下さい。

厳しい世界だと知っても専業トレイダーは自分にとって華のある夢の存在なので。

Re: 厳しい世界なのですね

歴2ヵ月さん、はじめまして。

為替鬼を検索してこのブログに辿り着かれたんですね(笑)

私も仕事を辞めるためにFXを始めたので、『デモなんかすっ飛ばして、出来るだけ早く結果を出したい!』というお気持ちは凄くよく分かります。
でも、そんな風に前のめりになると、やっぱり跳ね返ってきますよね。

ただその一方で、20万で済んだという事は、FXトレーダーにとって必要な、資金管理やリスクに対する防衛本能を生まれながらにお持ちだとも言えると思います。

そういうのに乏しいギャンブラータイプの人は、一桁多い金額をあっという間に失いますから。

応援ありがとうございます。
仰るとおり、FXは凄く厳しい世界ですし、私なんか13年もやってるのに、未だにFXトレーダーのウズラの卵みたいなものです(笑)

お互い頑張りましょうね。

PAGETOP