専業を視野に入れているFXトレーダーは、『専業トレーダーと、現在従事してる仕事』を天秤にかけて、両者のメリット・デメリットを常に比較してると思うんですが、両方経験した私から言わさせてもらうと、あくまでも、『稼げれば』という注釈が付くとはいえ、間違いなく専業トレーダーの方が楽です。
最近は活動が随分と下火になってるみたいだし、まだFXのキャリアの浅い方はご存知ないかもしれませんが、この為替鬼という人は、数年前まではFX業界を席巻してたので、『FXをしてて知らない者はいない』ぐらいの有名なカリスマトレーダーだったんです。
私は、FXを始めた当初から専業への転職を見据えてたし、仕事を辞めるために相場の世界に足を踏み入れたので、兼業トレーダーの頃からずっと、『FX専業トレーダーをゴール』と考えてました。

でも、私みたいなのは少数だろうし、どちらかと言えば初めは、『収入が少しでも増えたらいいな』ぐらいの軽い気持ちでFXを始めたのに、やってる内にすっかりのめり込んでしまって、専業への転職を考えるようになった兼業トレーダーの人が大多数だと思います。
今更言うまでもない事ですが、相場の世界は、『頼れるものは何もない、実力だけがものを言う究極の完全歩合制』なので(笑)、FX専業トレーダーの年収は当然ピンキリです。

億単位で稼ぐ人もいれば、年収100万の人もいるし、それどころかもし利益を出せなかったら、『1年間必死になって働いたのに、逆にお金を支払わなければいけない』という悲惨な事態に陥ってしまいますからね。
最近検索して知ったんですが、ポンドゥという人が書いてた、『俺の人生ポンドに預けた!』というブログが、いつの間にか閉鎖してたんですね。

私と同じポンド円トレーダーだし、昔は取引履歴も公開してたので(勝てなくなってからは公開しなくなったけど(笑))、利益を上げてたのは事実だったはずだし、しかも、私なんかとは比べ物にならないくらいの莫大な利益を上げてたので、『凄いなあ。俺もいつかこれぐらい稼げるようになりたいな』と思いながらたまに見てたんです。
投資の世界に足を踏み入れた人なら、誰しも1度ぐらいは専業への転職を考えた事があるだろうし、『FX専業トレーダーの日常』について多少なりとも興味があるのではないでしょうか?

専業トレーダーの友達なんてそう簡単に出来るものではないし、かなり謎に包まれた職業ですからね(笑)
FX歴11年(2015年現在)の専業トレーダーです。

ブログにはずっと興味はあったんですけど、なんとなくトレードの負担になりそうだし、それに、コメント欄が炎上したら気が滅入りそうなので(笑)、どうせ続かないだろうと思ってずっと敬遠してたんですよね。

PAGETOP