リーマンショックをキッカケに、先進国がそれまでの高金利を一斉に引き下げたので、貰えるスワップが激減したからキャリートレードは完全に崩壊したし、そしてキャリートレードの崩壊と共に、それまで煽りまくってたカリスマトレーダーも消滅しました。

ところが、稼ぐ手段がなくなったカリスマトレーダー達は、その後EAや自動売買に目を付けたらしく、キャリートレード亡き後のFX業界では(笑)、『システムトレード』が新たな主役になったんですが、その中でもシステムトレードから派生した、『ミラートレーダー』が最近凄く流行ってるようです。

私がミラートレーダーという言葉を初めて聞いたのは、確か1年ぐらい前だったと思うんですが、ただ、システムトレードの類だったので、裁量トレード派の私にとってはどうでもいい事だし、ずっと気にも留めなかったんです。

でも、金融や為替のサイトを見てると、ミラートレーダーの広告がよく貼ってあるので、何度か目にするうちに少しずつ興味がわいてきたし、エントリー待ちの暇な時間を利用して、ちょっと調べてみたんですよね。


ミラートレーダーというのは、イスラエルのTradencyという会社が作ったんですが、世界中のトレーダー達が作った色々なストラテジーの運用成績が公開されてて、その中から気に入ったストラテジーをいくつかピックアップして、独自のポートフォリオを組んで運用するツールらしいんです。

自分で有効なトレード手法を上手く作れない人にとっては、凄く有難いツールになるし(勿論、稼げればという注釈は付きますが)、しかも、こんな風にストラテジーをピックアップする方法だと、自分がファンドマネージャーになったような気分を味わえるので、なかなかユニークですよね(笑)

それに、シミュレーションゲームっぽい所もあって面白そうだし、私はリアルでトレードする気は全くなかったけど、とりあえずデモで遊んでみる事にしたんです。


というわけで、インヴァスト証券のシストレ24を試してみるつもりだったんですが、ところが残念ながら、リアル口座を作らないとミラートレーダーは使えないらしいんですよね。

だからどうしようか凄く迷ったけど、最終的に、『やっぱり遊びのためにわざわざ口座を作るのは面倒だな。それに、ミラートレーダーをリアルで使う事は100%ないし』という結論に達したので、私はミラートレーダーを実際に使ってないから、残念ながら体験談は書けません(笑)


ただ、ミラートレーダーは、理論的にはロジックを1度でもいじった時点でアウトになるEA(自動売買)よりは遥かに勝てる可能性があるし、インヴァスト証券のリアル口座を持ってる人は、デモで一度試してみてもいいかもしれませんね。
(追記・デモ口座でミラートレーダーが使えるFX業者もあるみたいです)

永遠に勝てるトレード手法はこの世に存在しないので、EAで勝ち続けるのは絶対に不可能だけど、ミラートレーダーだと、やり方次第では勝ち続けられる可能性はゼロとは言えないですから。


でも、長期的に勝ち続けるには、パフォーマンスが低下する度にストラテジーを出し入れする必要があるし、だとすれば、裁量トレードとあまり変わらないかもしれません。

トレード手法を構築する上で、これまで最も重視してた『テクニカル』が、『ストラテジー』に代わっただけなので、結局の所、『FXトレーダーとしての感覚』がものをいうわけだし、本質的には大した違いがないですからね。

だから、勝ち続けるFXトレーダーになるには、テクニカル、ファンダメンタルズ両面から徹底的に準備をして、そして自分の感覚を頼りにトレードするしかないんです。


それと、これは完全に余談なんですが、インヴァスト証券のシストレ24の紹介ビデオで、『どんな状況でも大丈夫というストラテジーはありません』というセリフがあったんですが、『作ってる本人はどんな状況でも勝てるストラテジーのつもりなのに、そんな事言っていいの?』と思ったし、ちょっと笑っちゃいました(笑)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP