というわけで、ドル円・ポンド円共にポジションをどんどん追加していったので、おそらくドル円が5万通貨で、ポンド円が10万弱、8~9万通貨ぐらいまで増加してたと思うんですが、2007年の3月に下落トレンドが終了すると、そこから見事に反転してくれたんですよね。

そして、その合計13~4万通貨が、上昇トレンドに乗る事に成功したわけだから含み益はガンガン増えていったし、さらに、『スワップ金利』という最強の武器まで備えてたので、口座残高は面白いように増加していきました。

確かピーク時の口座残高は230万~250万ぐらいだったはずだし、キャリートレードを始めてから1年もかからない内に、『200万近い含み益』を達成しましたからね。

しかも、ロットの増加によって1日に貰えるスワップは3000円以上になってたので、『この2007年3月からキャリートレードが崩壊するまでの数ヶ月間』というのは、毎日がパラダイスでした(笑)


ただ、こんな事を書いてると、リーマンショック以前のキャリートレードを経験してない人は、『いやいや、パラダイスはいくらなんでも言い過ぎだろう。勝ちまくる時って誰にでもあるよ』と思うかもしれません。

でも経験者の方なら、『パラダイスは決して大袈裟な表現ではない。確かにあれは最高だ』と共感してくれるのではないでしょうか?(笑)

含み益がどんどん増えるのも、もちろん嬉しかったんですが、それ以上に、『働かなくても毎日お金が入ってくる』という感覚はとにかく最高ですからね。


だから、この頃の私は、『出来るだけ早くスワップを1日1万にすること』を目標にしてたし、その目標を達成するために投資戦略を必死に考えてました。

1日1万ということは、1年だと当然365万になるわけだし、しかも、その利益をまたキャリートレードに再投資するんだから、雪だるま式にスワップが増えていく事になりますから。

だから、『日本経済はハッキリ言って終わってるし、他の先進国との金利差が縮まる事は当分ないだろう。という事は、キャリートレードはまだまだイケる。そろそろサラリーマン生活ともおさらば出来そうだな』みたいな事を考えてたし、蓄積されるスワップを見ながら毎日ニヤニヤしてました(笑)


でも人生というのは、残念ながらそう甘くはないんですよね(笑)

ご存知の方も多いと思うんですが、2007年8月に起こったサブプライムショックによって、それまで順調だった円安トレンドに大きな試練が訪れたので、私はこの後、地獄の苦しみを味わう事になりました・・・


《追記》

このブログはそれなりにアクセスがあるし、おそらくたくさんの人が、『私のFXの歴史、突然更新が途絶えたな。一体どうなってるんだ?』と感じてると思います。

物凄く続きが気になる終わり方をしてますからね(笑)


だから、楽しみにしてた方には申し訳ないんですが、ただ、何年も前の事は記憶が定かではないので、数字に関しては推測で記事を書かざるを得ないし、こういった曖昧な姿勢がちょっと嫌になったんですよね。

もちろん、基本的にこのブログは、私の頭の中に存在する、『トレード理論や相場で経験したこと』を文字に変換してるだけなので、曖昧どころか、記憶違いによって事実とは異なる事も、今までに何度か書いてきたと思います。

ただ単発の記事なら、一応はじめにという記事で予め断ってるので(笑)、間違いがあったとしても大目に見てもらえるかもしれないけど、自分のFX歴を振り返るシリーズもので事実と異なった事を書くのは、このブログをひとつの作品として捉えてる私としては、どうしても許せないんです(笑)


だからもしやるなら、出来るだけ時間をかけて完璧な記事に仕上げたいし、それに、来年でFX歴が丁度10年になるので、『しがないトレーダーの10年を振り返る』みたいなものに発展させるかもしれません(笑)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP