前回のしがないトレーダー流、ロット管理テクニックという記事では、『エントリー時の自信の大小によってロットを変えるとか、半分利確といったやり方は、精神状態に左右されやすい超上級テクニックだから、安易に手を出さない方がいい』と書きました。

ただ、ロット管理方法に関する記事を書いておきながら、『ナンピンとピラミッティング』という、相場の世界で頻繁に用いられるスペシャルなロットいじりテクニックには殆ど触れてなかったので(笑)、今回はこれを記事のテーマにしてみます。


ナンピンとピラミッティングについては、FXトレーダーなら当然ご存知だろうし、賛成派と反対派で真っ二つに分かれるものの、『リスクとリターンが常に背中合わせの禁断の果実』だというのは、相場の世界に携わってる人にとっての共通認識だと思います。

このふたつのテクニックは、上手くいった時は大きく稼げるんですが、その一方でもし想定してたシナリオと違う展開になったら、とんでもない事態に陥ってしまいますからね。


ただ、為替相場は一方的な動きになりにくいので、我慢してたら大体戻ってくるから、資金が豊富にあればナンピンって凄く勝率が高いし、逆張りでナンピンしてれば大体勝てるんです。

だから、苦し紛れについやってしまう人が多いんですが、でも、その代わりに強いトレンドが出るとひとたまりもないし、半年、1年かけてコツコツ積み上げてきた利益がたった1発やられただけであっという間に消えてなくなるので、相当危険なんですよね。


2006~2007年の約1年ぐらい、私もキャリートレードをしてたし、結果的にナンピンみたいな感じになって痛い目に遭った経験があるので、よく分かるんです(笑)

私の場合は苦し紛れではなくて、あくまでも押し目買いのつもりだったから一応戦略的ナンピンだったし、それに、感情のコントロールには長けてるので、最大で200万までいった含み益を失ったものの、損失を抱える前に全ポジションを決済出来たから、なんとか助かりました。

でも、自分で言うのもなんですけど、当時の私みたいな冷静な判断が出来る人ってまずいないだろうし、私と同じ状況になったら、おそらく殆どの人がとりあえずナンピンで凌ごうとして、最終的に強制ロスカットを食らってたと思うんですよね。

だからナンピンというのは、短期的には上手くいったとしても、長い目で見ればほぼ間違いなくやられるので、安易に手を出すべきではないんです。


そしてピラミッティングに関しては、トレンドが出てる時は大きく稼ぐチャンスなので、『利益をキッチリ確保しながら、ストップを移動させる』というのであればリスクは決して高くないし、挑戦する価値があるのかもしれません。

伝説の為替ディーラーとして知られるチャーリー中山さんは、『強いトレンドが出てる!』と感じたら、パンパンになるぐらいまでポジションを追加して、ピラミッティングしまくってたらしいですから。

でも、チャーリー中山さんは天才だからそんな離れ業が可能だけど、感情のコントロールが出来ない人がやると、『ピラミッティングのつもりでポジションをどんどん追加してたけど、その後トレンドが変わって含み損になってしまい、ピラミッティングのはずがいつの間にかナンピンに変わってた』なんて事がよくあるので、やっぱり危険なんです。


ロット管理について色々書いたんですが、結局の所、『感情のコントロールが全て』という結論に達してしまいますね。

ナンピンもピラミッティングも事前にしっかり準備して、そして、予想とは違う展開になって厳しい精神状態に追い込まれても、冷静に対応出来るのであれば、物凄く有効な武器になりますから。

でも、どれだけ万全の準備を整えても、相場の世界ではその予想を超えてくる事は日常茶飯事だし、それに、実際にポジションを持つと、『恐怖や後悔、焦り』といった色んな感情が芽生えてくるので、トレード中に冷静な判断を下すのは至難の業なんです。

だから、ナンピンとピラミッティングは天才だけに許された超上級テクニックなので、『自分にそんな事が出来るだけの才能があるかどうか』をまずはしっかり見極めてから、採用しなければいけません。


勝つことと、勝ち続けることは全く違うし、運だけでたまたま儲かったお金なんて、どうせあっという間に消えてなくなるので、我々FXトレーダーは目先の利益に捉われるのではなくて、『勝ち続けること』にプライオリティを置いてトレードに取り組むべきです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP