こんな事は出来れば考えたくないんですが、私は生活費のほとんどをFXの利益で賄ってるので、もしトレードで稼げなくなったら、専業トレーダーからの引退を当然考えなくてはいけません。

だから、実は私はすでに引退の基準を明確に定めてて、『1年間の収支がもしマイナスになったら、その時点で潔く専業トレーダーを引退する』という事にしています。

私は元々堅実な性格をしてるので、サラリーマン時代から専業トレーダーへの転職を見据えてたから、無駄遣いは一切せずにコツコツ貯金してたし、それに、トレード成績がかなり良かった2010年と2011年も、将来に備えてずっと質素な生活をしてました。

だから、例えFXで全く利益が出なくても、数年間は食べていけるのだけの貯金はあるので、稼げなくてもすぐに生活に困る事はありません。

でも、1年間毎日必死になってトレードして、それでも収支がマイナスというのは、『運が悪かった』では片付けられないし、これは間違いなく、『トレードの才能が決定的に欠如してる』という事なので、専業を引退するべきだと思うんですよね。


ただ、こんな事を書いてると、『良い成績を出した年もあるんだから、1年マイナスになったぐらいで引退せずに、もう少し様子を見てもいいんじゃないの?、数年間生活できる貯金があるんだし』と思われるかもしれません。

でも、そんな風に自分に猶予を与えてしまうと、『あと1年だけ様子をみよう』といった行為を繰り返して、結局ズルズルいってしまいそうな気がするんです。

私は意志の弱い人間ですから(笑)


だから、出来ればFXで2億ぐらいの貯金を作って、強制的な引退ではなくて、『もうFXで十分な資産を築いたし、これからは別の人生を歩みます!』といった前向きな感じで専業トレーダーを引退したいんですが、相場の世界はそんなに甘くないし、現実はなかなか厳しいですね。

『俺にはFXの才能があるようだ。2億も余裕だな。ふふふ』と思った時期もあったんですが、今年になってスランプに陥ってるので、『2億は相当厳しいぞ』って何度も実感させられてますから(笑)


2012年も年間収支はほぼ間違いなくプラスになるし、一応来年もFX専業トレーダーを続ける資格を得る事が出来たとはいえ、前年から60%ぐらい利益が減少してますからね。

一気にこれだけトレード成績が悪化すると、やはり気が気じゃないというか、『もう以前のように勝てないんじゃないか?』という不安に常に付き纏われたし、2012年は、『専業トレーダー引退』という言葉を強く意識した1年でした。

だから2013年は、『私にFXの実力があるかどうかを見極める重要な1年』になるし、相当な覚悟を持って相場と向き合うつもりです。


とはいうものの、覚悟をしたからといって、そう簡単に結果に結びつかないのが、FXの難しい所なんですよね(笑)

相場の世界って本当に気紛れだし、トレード手法がバシッとはまった時は、自分でもびっくりするぐらい簡単に利益を出せるんですが、逆にダメな時は何をやっても上手くいきませんから。


ただその一方で、8年以上FXをやってきて思う事なんですが、1年の内に必ず何回かは凄く良い波が来る時があるし、そしてその良い波は、絶対に逃してはいけません。

マット今井さんが、2005年の12月にNZドル円が暴落した時に、『狂ったように売ってました』とブログに書いてて、それを読んだ当時は凄く驚いたけど、今ではその考え方に共感できるし、もしチャンスが来たら、『寝食削ってでもトレードする』という姿勢は凄く大事ですから。


もちろん、私みたいな才能がないトレーダーがリスクをとりすぎると、逆に痛い目に遭うので、そこまで入れ込むのは危険です。

でも、アベノミクスが話題になって以降、外為市場には以前のようなボラが戻ってきたし、年明けに大きく勝つチャンスが来るかもしれないので、いつでも波に乗れるように準備だけはしっかり整えておくつもりです。

FXのみならず、どんな世界にも言える事なんですが、準備をキッチリしておかないと、成功を掴み取るのは不可能ですから。


まあいずれにしても、FX専業トレーダーになって以来、3年もの間どっぷりと怠惰な生活に浸かってるので、もし専業を引退してサラリーマンの厳しい世界に戻っても、昔みたいにやっていけるのか不安になります。

というかそれ以前に、私みたいな特殊な技術を何も持ってない男は、そもそも再就職できないかもしれないし、サラリーマンに戻る事も不可能かもしれませんね(笑)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP