今回のタイトルは随分と大見得を切ってるので、誤解されるかもしれないから予め断っておきますけど、トレード成績が劇的に向上する3つの方法とはいっても、『これさえ実践すれば簡単に勝てる!』という意味では決してないんです。

効果が如実に表れるのは、『今までのFX人生でずっと負け続けてきた人』限定だし、劇的に向上するのは利益ではなくて、あくまでも『損失』に関してですから。

だから、すでにある程度の結果が出てる人には殆ど効果がないんですが、ただ、『勝つことと、勝ち続けること』は全く別物だし、たとえ今は上手くいってたとしても、それは実力ではなくてただの運に過ぎない場合が多いので、この3つの方法を覚えておいて損はないと思います。

3つとも凄くシンプルな考え方だし、苦境に陥った時はこういった基本に立ち返る事によって、スランプから早く抜け出す事が出来ますから。


① ナンピンとピラミッティングは絶対にしない

ナンピンとピラミッティングの危険性というか、その難易度の高さについては、FXのキャリアがそれなりにある人なら誰もがご存知だろうし、私も以前、ナンピンとピラミッティングはやめた方がいいという記事で詳しく書きました。

でも、何度も痛い目に遭ってて、その怖さは十分理解してるはずなのに、ナンピンとピラミッティングをやりたがる人があまりにも多いんですよね。

ピラミッティングはともかく、ナンピンは半年・1年かけて積み上げてきた利益を、たった1回の負けで失ってしまう危険なトレード手法だし、天才だけに許された超上級テクニックなので、絶対にやめるべきです。


ただ、こんな事を書いてると、『いや、危険なのは分かってるし、するつもりはないんだけど、気が付いたら手が勝手にポチってるんだよ!』と反論する人がいると思うんですが、申し訳ないけどそんなのはハッキリ言って論外です。

『感情のコントロール』は相場の世界で勝ち続けるための必須条件だし、トレード中にすぐ感情的になってしまう人は、途中まではどれだけ上手くいっても、最後の最後には必ず痛い目に遭うんですから。


② ポジションを次の日に持ち越さない

『ポジションを次の日に持ち越さない』だと少し曖昧なので、『スイングトレードはしない』と表現した方が分かり易いかもしれません。

スイングトレードを否定するわけでは決してないんですが、スイングは、定期的に利益を確保できないから安定感がないし、そして、その安定感の欠如は精神面にも悪影響を与えるので、長期的に勝ち続けるのはデイトレよりも遥かに難しいですから。

それに、感情のコントロールを出来ない人がスイングをすると、損失を取り返そうとして、結果的にナンピンやピラミッティングに繋がる事が多いので、資産を1発で吹っ飛ばすリスクも高いですからね。


ただ、スイングを好むFXトレーダーは少数派だろうし、『デイトレのつもりだったけど、上手く利確できなくて翌日に持ち越してしまった』というパターンの方が、実は多いのかもしれません。

でも私に言わせれば、これも論外です。

『ストップやリミットに達しなかった場合の、途中エグジットのプラン』を事前にキッチリ作ってからエントリーしてない時点で、どう考えても投資家失格だし、すでに棺桶に片足突っ込んでる様なものですから。


③ 通貨ペアをひとつに絞る

経営の世界では、『コングロマリット・ディスカウント』という言葉があるんですが、この言葉は、『様々な事業に手を出した事によって経営資源が分散してしまい、個々の事業の競争力が低下。さらに企業の実態も掴みにくくなるから、アナリストが書くレポートがコンサバになるので、結果的に株価にも悪影響を与えてしまう』といった感じの意味なんです。

そして、FXも企業経営と同様に、複数の通貨ペアに手を出した事によって集中力や勉強時間が分散するので、『ポートフォリオ・ディスカウント』という状態に陥ってしまうんですよね。
(このポートフォリオ・ディスカウントという言葉は、私が作ったFX用語です(笑))


だから、長期的に稼げてないにも拘わらず、『複数の通貨ペアを扱った方が稼げるチャンスが増えるし、トレード成績も安定する』とか言って、色んな通貨に手を出す人って多いんですが、通貨ペアは絶対ひとつに絞るべきです。

だって、この状況を飲食店の経営に例えたら、『1店舗目が赤字なのに、2店舗目を出店する』みたいなものだし、継続して利益を出せてない人が、2個目、3個目といった通貨ペアに手を出しても、長い目で見れば結局損失が拡大するだけじゃないですか?

私が去年からポンド円に加えてユーロドルもトレードするようになったのは、『ポンド円は何年にも渡って利益を出し続けてきた』という実績があるからだし、なんの実績もない人が複数の通貨ペアをこなすなんて、どう考えてもおかしいですよ。


まとめ

書いてる内にだんだんエキサイトしてきたので(笑)、偉そうな表現を多用してしまったし、多くの人を不愉快な気分にしたかもしれません。

でも例えば、1年で-1000pipsぐらいの損失を出してる人がこの3つの方法を実践したら、-100pipsぐらいまで収支を一気に改善できるだろうし、是非試してみて下さい。

外為は地球で最も流動性のある市場だから、チャートが綺麗な形を描くことが多いので、テクニカル分析や難しそうなトレード理論に夢中になる人が多いんですが、でもFXって、結局は売りか買いかの2択なんだし、出来るだけシンプルに考えるべきです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP