容易に想像がつくとは思いますが、FX専業トレーダーという仕事をしてると、日常生活において肩身の狭い思いをする事がよくあります。

私は元々社交的な方ではないので、人と知り合う機会がそう頻繁にあるわけではないんですが、でも初対面の人に、『仕事はFXの専業トレーダーをしてます』と打ち明けて、良い印象を与える事はまずないですから(笑)

だから、出来るだけ職業は隠すようにしてるので、何かの会員になる時に職業の記入欄があっても絶対書かないし、よほど必要に迫られない限りは、自分からは職業を明かさないようにしてます(笑)

でも、肩身の狭い思いをしてるのは確かだけど、FX専業トレーダーという仕事はサラリーマンより随分と楽をしてるので、社会的地位が低いのは当然だし、そんなのはサラリーマンを辞めて専業になると決めた時から分かってた事だから、その事に対して不満を言うつもりは全くありません。


例に出して申し訳ないんですが、専業トレーダーと聞くと普通の人は、B.N.Fさんみたいな少し変わった人を思い浮かべるだろうし(笑)、よく思わないのは当然ですからね。

私だってもしFXを知らなかったら、『毎日朝から晩まで家に篭って、チャートを眺めてトレードしてます』と聞かされて良い印象を持つ事は絶対にないし、一応平静を装って、『そうなんですか』とは答えるけど、心の中では、『一日中家に篭ってトレードしてるだと?そんなのは仕事じゃない!ただのニートだ!』といった事を考えてしまうはずですから(笑)


だから、専業に転職して以降は、やや後ろ向きな日常生活を送ってるけど(笑)、ただ、ほとんど唯一の存在と言ってもいいと思うんですが、兼業トレーダーの人だけは、専業トレーダーに対して全く偏見を持たずに接してくれるんですよね。

自分もFXや株をしてるんだから当然かもしれませんが、身分を明かす時に嫌な顔をされるのに慣れてる私からすると、『えっ!FXの専業トレーダーしてるんですか!メッチャ凄いですね!僕も憧れてるんすよ』といった感じの、ちょっとテンションが上がり気味の反応をしてもらえますから(笑)


とはいうものの、サンプルがたった2人だけだから、『絶対に嫌な顔をされない』とは決して言い切れないんですが(笑)、でも兼業トレーダーの人が、専業トレーダーに対して偏見を持ってないのは間違いないし、兼業と聞くだけでなんだか安心感があるんです。

だから私は、『FXや株の経験者がもっと増えたら、専業トレーダーが生活しやすい社会になるだろうな』と密かに期待してるし、特に女性に、FXや株が普及してくれると非常に有難いですね(笑)

もちろん、もし女性に普及しても、私ぐらいのショボい稼ぎの専業トレーダーがモテる事はまずないし、状況は今とほとんど変わらないとは思うんですが(笑)、それでもマイナスになる事はないですから。


まあいずれにしても、夢と言うほど大したものではないけど、私には一応将来したい事があるので、社会的地位に拘わらず、FXでアーリーリタイア出来るぐらいの資金をガッツリ稼いで、早く専業生活から身を引きたいです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP