ボリンジャーバンドの収縮と拡大をイメージすれば分かりやすいと思うんですが、為替相場というのは、大きく動いた後には必ず充電タイムが訪れるんです。

だからアベノミクス相場の反動によって、夏から年末にかけてのボラの低下は想像出来たとはいえ、私のようなデイトレーダーにとっては、最近の穏やかな市場環境は稼ぎにくいので、『年前半にもっとアグレッシブにいくべきだったかな』という後悔の念が何度も頭を過ぎります。

毎月安定して稼ぐなんて、相場の世界では不可能だし、『良い流れが来てる時にガッツリ稼ぐこと』は勝ち続けるFXトレーダーになるための大事な要素ですから。

まあ、終わった事をネチネチ考えても仕方ないし(笑)、とにかく2013年のトレード成績についてのレビューと、それと今月は久しぶりに保有株に変化があったので、これからは新コーナーとして、長期投資に関する記事も書く事にしました。


《10月のトレード成績》
ポンド円  14勝12敗 57.0pips
ユーロドル 17勝17敗 67.6pips

《2013年の年間成績》
ポンド円  123勝137敗 1725.6pips
ユーロドル 116勝170敗  339.0pips

《長期投資》
ソフトバンク 1670円 300株
ヤフー     357円 600株


FX

私のロットについてという記事で書いたとおり、9月からロットを大きくしたんですが、大きくした直後の9月はまずまずの結果を残せたからホッとしてたんです。

ところが、その好結果が逆に災いして、『このリードを守り切りたい』という心理状態に陥ったので、今月は、精神的に少し守りに入ってしまったんですよね。


FXトレーダーというのは、『チャンスと思ったら積極的に振っていくイチロータイプ』と、『甘い球が来るまでじっと我慢する松井タイプ』の二つに分類出来るんですが、私は完全に後者の、『松井タイプ』のトレーダーなので、慎重になる傾向がありますから。

だから、積極性の欠如によって中盤はかなり苦しんだんですが、でも、最終週にトレード手法に修正を加えた事が功を奏して、終わってみれば先月並みの利益を出せたので、幸運だったと言えるかもしれません。


それにしても、ロットを大きくしたとは言っても、一気に倍ぐらいにしたわけじゃなくて、20%増量しただけだというのに、それでもメンタルに変化が現れるんですから、FXってホント難しいです。

しがないトレーダー流、ロット管理テクニックでも書いたけど、今回の件で改めて、『ロットいじりは天才だけに許された超上級テクニック』だという事を再確認したし、やっぱり私みたいな才能がないトレーダーは、『相場の状況や自信の大小』によってロットを変えるべきではないですね。

そんな事をしたら悩む要素がひとつ増えてしまうし、上手くいかなくなったら、感情的になってルールを破ってしまうのは目に見えてますから。

FXを9年やってきてヒシヒシと感じるんですが、トレードというのは、常に己のメンタルとの厳しい戦いを強いられるので、迷う要素を少なくするために、余分な物を出来るだけ削ぎ落としてシンプルに考えるのが、間違いなくベストです。


そして2013年の年間成績の方は、8月末時点で去年の年間利益額を上回ったし、これまでの所はまずまずと言えるかもしれないんですが、ただ、年初に立てた1000万という目標には到底及ばない上に、その後下方修正した500万もどうやら絶望的です。

しかも、それどころか再度下方修正した400万ですら、現在の状況では達成が困難になりつつあるし、今になって振り返ると、2ケ月で900pips以上の利益を出した1,2月にもっと攻めとくべきでしたね。

『年内にもう一回いい波が来るはず』と私は考えてたんですが、米国と日本の金融政策が年内現状維持が濃厚という状況を鑑みると、動意付く事はなさそうだから悲観的にならざるを得ないけど、1円でも多く利益を上積み出来るように精一杯頑張ります。


長期投資

最後に株に関してですが、ヤフーは今週大きく下落したし、『448円と436円のどっちで購入するか』相当迷った挙句、前者の方を選択したんですけど、結果的に427円まで下落したんですよね。

だから、『後者でいくべきだった』という後悔はあるんですが、でも、ヤフーのEC出店無料化に伴う今回の下落を、押し目買いの絶好のチャンスだと私は捉えてるので、さらに下がる展開になれば積極的に買い増していくつもりです。


ソフトバンクについては、既にかなりの安値で保有してるので、相当な含み益になってるんですが、私はソフトバンクの将来性に絶対的な自信を持ってるし、出来ればもっと買い増したいんです。

でも残念ながら、上昇が強すぎて全然押し目を作ってくれないし、それに、単元価格が高過ぎて私にはそもそも手が出ないので(笑)、当分は見てるだけになりそうですね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP