AKB48といえば、間違いなく今をときめくトップアイドルだと思うんですが、私はこういった類のものには、全く興味がない男なんです(笑)

だから、AKBの中心メンバーである大島優子さんについても、外為オンラインのイメージキャラクターを務めてる事くらいしか知識がなかったんですが、You Tubeを見てる時に、サイドバーに表示されてた大島さんの情熱大陸の動画が、たまたま目に留まったんです。

ただ、上述した通りアイドルには興味がないし、普段なら確実にスルーしてたんですが、紅白で卒業発表した事が話題になってたから少し気になったので、『時間の無駄になったら嫌だな』と思いながらも、ちょっと見てみたんです。

すると、軽い気持ちで見始めたにも拘わらず、『この子、メチャクチャ頭良いな』とすぐに感じたし、それに、真摯な姿勢で仕事と向き合う大島さんの姿を目の当たりにする内に、アイドルに対する印象がすっかり変わったんですよね。

アイドルって一般的には低く見られがちだけど、握手会をこなすのは間違いなくハードだし(笑)、相当な根性がないと続けられないですから。


そしてこの動画の中で、『同じ努力をしたら誰でも大島優子になれるか』と問いかけて、『なれます。同じ努力は簡単じゃないと思うけど』と答えるやり取りがあるんですが、このシーンを見てる時に、『そういえば、努力の本当の意味を理解してないFXトレーダーって多いよな』とふと思ったんです。

毎日何時間もチャートを眺めて、バックテストなんかを交えながら検証をしてると、『俺ってスゲエ努力してるよな』という気になるので、ほとんどの投資家が実は優先順位の低い、『トレード手法の検証』という作業に夢中になってますから。

だから、トレードの本質は自己との戦いなので、FXトレーダーにとって必要な努力って、『自分を客観的に見て、足りない部分を補うこと』であるにも拘わらず、弱点を把握してても、その問題の解決に本気で取り組んでる人って少ないし、努力の方向性を完全に間違ってるんですよね。


FX業界には、チャートで例を示しながら、トレード手法をもっともらしく解説する連中が溢れ返ってるので、こういったブログを何度も目にしてると、『この人に出来るなら、俺にも同じ事が出来るはずだ』と考えてしまう気持ちはよく分かります。

でも、テクニカルを前面に出してるトレーダーは全て偽者なので、こういった連中に惑わされてはいけません。

感覚に頼り切ったトレードは一貫性に欠けるので、ルールは絶対に必要だし、そのルール作りやエントリーの目安にはテクニカルは間違いなく有効だけど、でも相場の世界には、永遠に勝てるトレード手法は存在しないんですから。

だから、トレード手法の検証に時間を費やすのではなくて、すぐ感情的になる人は、『またやっちゃったよ』と嘆いてる暇があったら熱くならない方法を必死に考えるべきだし、それに加えて、私は絶対にミスをしない(FXに関して)で書いたような、他の人が面倒がってやらない事を地道にやって、差別化を図るべきです。


ただ、一応断っておきますけど、私は、『努力は必ず報われる』みたいな綺麗事を言うつもりはありません。

相場の世界はスポーツと同様に、才能はあらゆる努力を凌駕するので、私のようにFXトレーダーとしての才能が決定的に欠如してたら、どんなに努力をしてもスーパートレーダーには絶対なれないですからね。

大島さんの場合は努力に加えて、生まれながらに持ち合わせた才能と、アイドルという仕事の相性が良かったから、トップになれたんですから。


でも、スーパートレーダーは無理かもしれないけど、私ぐらいのレベル(年間1000~2000pips程度)なら誰でもなれると思います。

性格を変えるのは容易ではないので、才能を伸ばすのは難しいんですが、『考え方』ならいくらでも変えられるし、自分の弱点を補う対策を必死に考えて、そしてその対策を実践していけば、トレード成績を大きく改善する事は可能ですから。

取るに足らないように見えるほんの少しの改善でも、1年が終わる頃には大きな差になりますからね。


これまでに何度も書いたとおり、『永遠に勝てるトレード手法はこの世に存在しない』という相場の世界の真理に気付いた時が、FXトレーダーとしてのスタートラインです。

だから、この言葉を理解出来ない人は、おそらく無駄な努力ばかりしてるはずなので、例え10年のキャリアがあっても初心者同然だし、短期的には上手くいったとしても、近い将来必ず全てを失うでしょう。


もちろん、今は無駄な努力だとしても、人生トータルで見れば、遠回りした事が結果的に役立つ事もあるので、決して無駄とは言い切れない面もあります。

でも、テクニカル分析は他の分野には応用出来ないし(笑)、気付くのは出来れば早い方がいいので、このブログがそのキッカケになれば幸いです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP