FXはレバレッジ規制が設けられたので、海外業者を除けば、以前のような数百倍といった超ハイレバでトレードは出来なくなったんですが、それでも現在の25倍は決して低くはないし、非常に大きなリスクを秘めてます。

市場がとんでもない動きをしたら、強制ロスカットが執行されない事もあるので(FXでは決して珍しくない)、もしそんな事になったら証拠金を全て失うだけではなくて、『借金を背負う』可能性すらありますから。

にもかかわらず、リスクに敏感なFXトレーダーはそう多くないし、それどころか、『数年のFX歴がありながら、ストップを入れずにトレードする人』までいるので、そういった人達を目にする度に、『FXはゲームじゃなくて命の次に大事なお金を懸けてるのに、よくそんな事が出来るよな』といつも驚かされてます。


だから、『ストップを必ず入れる』という基本をまずは徹底してもらいたいんですが、でも、FXに長く携わっていくつもりなら、さらにもう一歩踏み込んで、『政治リスク』にも配慮するべきだと私は常々考えてるんです。

上述したとおり、FXは想定外の損失を被る可能性がある危険な金融商品なので、新興国通貨だけではなくて、例え主要通貨であっても、政治リスクによって流動性に異変が生じる事がありますから。

ただ、『政治リスク』と言われてもピンと来る人は少ないだろうし、具体的な事例をご覧頂いた方が分かりやすいと思うので、私にしては珍しく(笑)、チャートを貼り付けました。


img_b6a8997cb608034c51d77f9049b484f019416.gif


これはユーロスイスの1時間足(2011年9月)なんですが、わずか2時間足らずの間に1100pipsも上昇してるし、想像を絶する大暴騰ですよね。

当時、私はユーロスイスは監視してなかったけど、すぐに市場の異変に気付いたからチャートを見たんですが、『押し目を全く作る事なく、ただ上がるだけ』だったし(笑)、リーマンショック以上の驚きを持って、暴騰する様子を呆然と眺めてました。


そして、このスイスフランの大暴落が起こった原因なんですが、スイス中銀の、『ユーロスイスの1.2以下は絶対認めない。もし下回れば無制限介入する』というアナウンスメントによって引き起こされたんです。

これはユーロへのペッグを表明したわけだし、事実上の、『変動相場制の放棄』だから凄く驚いたんですが、でもそれと同時に、表面的にはスイス中銀の判断という事になってるけど、政治サイドからの圧力によって共産主義的手法を用いたのは明らかだったので、私はこの時初めて、政治リスクの怖さを知りました。


だから、現在のスイスフランの為替レートは、『不当な力』によって歪められたものなので、2014年、FX5大予想という記事でも書いたけど、もし1.2防衛ラインが撤廃されたら、当時とは逆の展開、すなわち、『ユーロスイスの大暴落』が起こるのは確実です。

スイスの不動産市場は、利上げせざるを得ないほどのバブルに陥ってるから、ペッグ廃止が現実的になってきたし、それに、そもそもペッグを永遠に続けるのは不可能なので、例え今年ではないとしても、『いつか必ず』この防衛ラインは撤廃されるんですから。

そしてもし撤廃されたら、『スイス中銀が無制限介入してくれるから、ユーロスイスの1.2は絶対割れない。安心してロングできるぜ!』みたいな安易な考えでトレードしてる人は、必ず痛い目に遭うので、スイスフランとは今すぐ縁を切るべきでしょう。


キャリートレードはやめた方がいいという記事で、『相場の世界ではブラックスワンが起こる事がある』と書いたけど、でも、実は相場の世界におけるブラックスワンは、ハインリッヒの法則を常に意識していれば、避ける事は可能なんです。

例えば、私はサブプライムショックで200万の含み益を失ったんですが、その時に、『キャリートレードで稼ぎ続けるのは不可能』と悟ったので、この経験によって、1年後に起こったリーマンショックで破産するのを回避できたんですから。


だから相場の世界で生き残るには、経験から学んだ事を、その後の投資人生に知恵として生かさなければいけないし、そしてそれと同時に、トレードする国の経済だけではなくて、『政治』についてもしっかり勉強しなければいけません。

私は現在、ドル・ユーロ・ポンド・円を扱ってるんですが、これらの通貨に関しては、経済・政治共にファンダメンタルズを徹底的に勉強したし、簡単なレポートが書けるぐらいの知識を備えてますから。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごいですね。スイスフラン暴騰しました。
ブログ主さんの言葉を信じてスイスフラン仕込んでおけばよかったです。
私もいずれ専業になろうと勉強中ですが、やっぱりテクニカルでは説明のつかない動きが多すぎますよね。
各国中央銀行関係者のちょっとした発言で、暴騰暴落するのを見てると、ちゃんとファンダメンタルズも勉強しなければいけないと思います。

まさにこのとおりになりましたね
ファンダメンタルと先を見通す力でのリスク管理はは最も身を助けるとよくわかりました

Re: No title

コメントありがとうございます。

仰るとおり、相場の世界では、テクニカルでは絶対に説明できない事が起こります。
なので、相場の世界で生き残るにはファンダメンタルズは必須ですし、それに、ただ漠然と勉強するのではなくて、目的意識をしっかり持って取り組むべきだと思います。

もちろん、死ぬほど勉強しても全てが見通せるわけではないんですが、でも、毎日考え続けていれば、こんな風にリスクを事前に察知出来るようになりますからね。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

そうですね。
『テクニカルだけでいい』なんて考え方は、商材ビジネスをしてる連中のまやかしです。
相場の世界で生き残るには、ファンダメンタルズをしっかり勉強する必要がありますし、そして、『未来について考える続けること』も凄く大事だと思います。

PAGETOP