私はこのブログで、『永遠に勝てるトレード手法はこの世に存在しないから、テクニカルだけでは勝ち続けられない。だから、テクニカルはあくまでもトレードの補助的なものに留めておいて、感覚によって投資の判断を下すべき』と何度も書いてきました。

でもFX業界には、私と正反対の事を書くトレーダーが圧倒的に多いので、残念ながら、私の主張はなかなか受け入れてもらえないようです。

こういった連中は、数千万~数億稼いでるキャラを演じてるので、毎週ショボいトレード成績を披露してて(笑)、生活費を稼ぐのがやっとの私のトレード理論は、圧倒的に分が悪いですから。


だから詐欺師の影響を受けて、感覚みたいな曖昧なものよりも、テクニカルに傾倒する人が多いんですよね。

でも、相場の世界で違いを生むのは結局感覚だし、そして、その感覚を研ぎ澄ます最も有効な手段は、『ファンダメンタルズ』なので、我々投資家は、経済や金融、政治についてしっかり勉強しないといけないんです。

連中がファンダメンタルズについて書かないのは、そもそも為替や金融の知識がない事も大きな要因だけど、それに加えて、『そんなものを肯定したら、テクニカルで商売してる自分の存在を否定する事になるから』なんですから。


といった感じで、またしてもテクニカルを否定する論調を繰り広げてしまってるし、テクニカル否定派の私がこんなタイトルで記事を書くなんて、書いてる本人ですら違和感があります(笑)

でも、ピボットって凄く優れたテクニカルだし、それに、ファンダメンタルズ分析とも相性が良いので、是非皆さんにご紹介したいんですよね。


ただ、ピボットはかなりメジャーなテクニカルなので、FXトレーダーなら当然知ってるだろうけど、実際に使った事がある人はそう多くないと思います。

だから、算出方法と使用法について簡単に説明してる画像を貼り付けたので、まずは下記をご覧下さい。


ピボット


凄くシンプルなトレード手法なので、『こんな得体の知れない数字で売買するだけでホントに勝てるの?』と感じるだろうし、ピボットの使い手である酒匂さんも仰ってるように、機械的にサポートやレジスタンスで売買を繰り返すだけでは、勝ち続けるのは不可能です。

だから、ファンダメンタルズを徹底的に勉強して、相場観を研ぎ澄ませないといけないし、例えば上昇の勢いが強いと感じたら、『今日は買い目線でいく。ショートはしない』という風に感覚でフィルターをかける作業が必要になるので、簡単ではありません。


でも、ピボットは凄くシンプルだから、相場の強弱を見極めてレジスタンスかサポートでエントリーするだけで済むので、仕事で忙しくて、トレードに十分な時間を費やせない兼業トレーダーの方と、凄く相性が良いと思うんですよね。

しかも、ピボットはエントリーポイントが少ないから無駄なトレードを省けるので、すぐ感情的になってしまう人がピボットを採用すれば、パフォーマンスの劇的な改善をもたらしますから。


ただ、私が愛用してるテクニカルという記事で書いたとおり、私が現在用いてるテクニカルは平均足とボリンジャーバンド・フィボナッチなので、実際にピボットを使ってるわけではないから説得力に欠けると思います(笑)

でもここ何ヶ月かは、トレード手法を出来るだけシンプルにする事を心がけてるし、それに、リアルトレードと並行して、デモでピボット手法の検証もしてるんですが、パフォーマンスは決して悪くないんです。

だから、『お勧めのテクニカルってなんですか?』ともし訊かれたら、私は迷うことなくピボットをお勧めしますね。


これまでテクニカル漬けのFX人生を送ってきた人は、ピボットみたいなアッサリしたトレード手法に対して、不安を覚えるかもしれません。

でも、ボリンジャーバンドのジョン・ボリンジャーや、エリオット波動のR.Nエリオットといった考案者ですら、実際には全く稼げてなかったんだし、テクニカルなんて所詮、どうにでも解釈できる詐欺的なものなので、『検証で勝てるようになる』という幻想は捨てるべきです。


感覚でトレードするのは大変なので、一度トレード手法を作ってしまえば、あとは考えなくて済むテクニカル任せのトレードに惹かれる気持ちは凄くよく分かります。

私も昔は検証の鬼と化してたし(笑)、永遠に勝てるトレード手法を見つけ出すことに躍起になってましたから。


でも、『最も困難な方法が、実は成功への一番の近道』なので、相場の世界で勝ち続けるには、毎日冷や汗かきながらトレードをやり続けるしかないんです。

だから、テクニカルなんてどれを使っても大した違いはないので、だとずれば、ピボットのような、シンプルかつエントリー回数の少ないテクニカルを選ぶべきではないでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP