GBP/JPY
① +4.9
② +9.4
③ -0.7
④ -11.6
⑤ +3.4

3勝2敗 +5.4pips

EUR/USD
① -4.3
② +4.2
③ +9.0
④ -1.2
⑤ -2.1

2勝3敗 +5.6pips


FX

今週も相変わらずの低ボラ相場だったので、リミットに達してもショボい利益ばかりだったし、思うようにpipsを積み上げられませんでした。

でも、2週間前の+75pipsという好成績のお陰で、すでに6月分の生活費は確保出来てるし、たった11pipsとはいえ、これで11週連続・週間成績プラスなので、この結果にはそれなりに満足しています。

私は、目先の利益に捉われるのではなく、常に長期的なビジョンを持ってトレードに臨んでるので、年間トータルでは絶対負けない自信があるんですが、ただ、相場は安定感とは無縁の世界だし、週単位でマイナス収支になる事は珍しくないので、この連勝記録は嬉しいサプライズですから。


先週の記事で、『ブログという形でアウトプットを始めた事によって、感覚が冴えてるのかもしれない』と書いたけど、それに加えて現在の為替相場は、金融政策に沿った素直な動きをしてくれるので、私の感覚と相性がいいみたいです。

マーケットには常に新しい材料が現れるし、こういったものに反応してリスクオフ的な展開になると、値動きのイメージが掴み難くなるんですが、でも、今は何か材料が出てもほとんど反応しないんですよね。

だから、為替を動かす基本的な要因である、『金融政策の方向性』を常に意識しておけば、相場観が大きく狂う事はまずないので、凄く分かりやすいんです。


テクニカルのように数字として目に見えるものではないので、ファンダメンタルズ分析で、シナリオを描きながらトレードするのは楽じゃありません。

私だって未だに、毎日冷や汗かきながらトレードしてますからね(笑)


でも、永遠に勝てるトレード手法はこの世に存在しないし、テクニカルなんて所詮、トレードの補助的なものに過ぎないので、予めシナリオを立てて、しっかり準備してから臨む事を心がけて下さい。

自分なりの相場観がないと、少し逆を突かれただけで、すぐブレてしまうし、それに、相場の世界でたまに起こるブラックスワンは、ファンダメンタルズ分析でしか予測出来ないですから。


専業生活

ただ、堅調な結果のFXとは対照的に、プライベートの方は相変わらず調子が悪くて、愛猫のピーターが死んで、もう7ヶ月以上も経つというのに、まだ精神状態が元に戻りません。

『日常生活に支障をきたす』という程ではないんですが、ずっと6~7割ぐらいだし、何をしてても楽しくないんですよね。


すぐに新しいペットを飼う人もいるけど、私はそういうのが出来ないタイプだし、もしかしたら、精神状態がずっとこのままか、あるいはさらに悪化する可能性もあるので、正直言ってちょっと怖いです。

外で野良猫を見かけたりとか、家にいる時に外から猫の鳴き声が聞こえてくるだけで苦しくなるし、専業トレーダーは考える時間がいくらでもあるので、頭の中がどんどんネガティブになりますからね。

でも、世の中にはもっと辛い思いをしてる人がたくさんいるし、それに、いつまでも落ち込んでたら、『俺が死んだぐらいで何ウジウジしてんだ!しっかりしろ!』とピーターに怒られそうなので(笑)、FXだけじゃなくて、人生についても精一杯頑張ります。


ユーロは地球を平和にする

人類が目指すべきゴールである、『戦争のない平和な世界』を実現するには、『経済統合』が唯一の手段なので、『EUとユーロは地球の歴史上において、人類の発明で最も優れたもののひとつ』だと私は考えてます。

だから、平和な世界を実現するために、EUよりさらに結びつきを強くする、『単一通貨・ユーロ』という試みは絶対に成功させなければいけないし、もし成功出来なければ、人類は確実に滅亡するでしょう。


でも、地球の進化の歴史を振り返ってみると、時間がかかって遠回りする事はあっても、人類はこれまで、最終的には正しい道を選んできたんです。

1000年前と今、あるいは100年前と今を比べれば、『今の方が間違いなく平和だよ』と誰もが言うだろうし、進化するに連れてどんどん幸せな社会になってますから。

だから逆説的に考えて、ユーロが失敗するはずがないので、私はユーロの将来に超楽観的だし、ユーロドルはいずれ凄まじい上昇を見せると確信してます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP