GBP/JPY
① -4.5
② -3.1
③ +5.0
④ +14.9
⑤ +8.2

3勝2敗 +20.5pips

EUR/USD
① -4.6
② -3.4
③ +7.9
④ +1.7
⑤ +1.8

3勝2敗 +3.4pips


FX

私は自分の先見性に絶対的な自信を持ってるし、ユーロは長期的には間違いなく上がると確信してるので、実はユーロで長期投資をするかどうか、数ヶ月に渡ってずっと考えてました。

今はユーロ圏の金融政策が緩和を向いてるから、基本的には軟調だけど、もし引き締めに転換したら、ユーロは凄まじい上昇を見せるはずですから。


ただ、私が富裕層だったら、今すぐにでもユーロドルを大量にロングするんですが、残念ながら資金が限られてるので、大きなロットを保有するのは難しいんです。

経済だけではなくて、政治によって市場が荒れるかもしれないし、それに、高いレバレッジをかける事になるから、『保有してるだけ』でリスクがありますからね。


しかも、ユーロドルのロングは今はマイナススワップだし、例え小額であっても、資金を地味に削られるのって気分が悪いので(笑)、やっぱり今までどおりデイトレードに専念する事にしました。

どれだけ自信があるとは言っても、為替相場はAnything can happenだから、とんでもない事態に巻き込まれる可能性は常に存在するし、冷静に考えると、やっぱりリスクが高すぎますから。


私はこのブログで、『最も困難な方法が、実は成功への一番の近道。手っ取り早く稼ごうとしてはいけないし、絶対強欲になったらダメだ』と何度も書いて、目先の利益に捉われてるFXトレーダーの方々に警鐘を鳴らしてたのに、どうやら私自身が強欲になってたようです。

『ユーロ圏の金融政策が引き締めに転換したら、ユーロは相当上がるはずだし、この1~2年がユーロドルを安く買えるチャンスかもしれない。それに、長期投資ならデイトレみたいにチマチマしなくて済むから楽だしな』と考えてたし、相当前のめりになってましたからね。

私は常に長期的なビジョンを持ってFXと対峙してるので、トレード中に感情的になって、ルールを破るとかストップを外すといった事は絶対にないんですが、でも逆に、遠い未来を見過ぎて完全に自分を見失ってたし、危ない橋を渡る前に気付いて良かったです。


それで、FXに関してはいつも冷静な私が、自分を見失ってしまった原因なんですが、精神的に相当追い詰められてる事が大きいようです。

いい歳した男が、こんな事を書くなんて凄く情けないのは自覚してるんですが、愛猫のピーターを失ったショックから、未だに立ち直れないんですよね。

ピーターが死んだ直後の絶望的な状態に比べるとマシにはなったけど、でも、時間の経過と共に痛みは和らぐと思ってたのに、最近は睡眠を上手く摂れなくなってきたし、良くなるどころか6月ぐらいから逆に悪化してますから。


サラリーマンを辞めて専業トレーダーになったばかりの頃は、『他人と関わらずに、自分のペースで出来るなんて最高!』と考えてたし、悩みはお金の事だけだったんですが、ペットの死によって、こんなに苦しい思いをするのは完全に想定外でした。

FX専業トレーダーの真の孤独という記事でも書いたけど、私は元々ネガティブな性格をしてるので、家にずっと篭りっきりの生活を送ってると、どんどん悪循環に陥るし、これ以上精神状態が悪化したら、日常生活に支障があるレベルになるので、正直言って怖いです。


ただ幸いな事に、獲得pipsは相変わらずショボいものの、7月は上記のような感じで一応利益は出せてるので、それだけが救いです。

もし今の精神状態でFXの調子まで悪くなったら、本当にヤバいですから。

ボラの低下はデイトレーダーにとって本来マイナスに働くんですが、その一方で値動きが小さいと初期設定のストップが小さくなるから、エントリーする時にあまり怖さを感じなくて済むので、私にとっては、これぐらいの値動きがちょうど良いのかもしれません。

だから、『もっと動いて欲しい』とこれまでは思ってたけど、ストップが広がるとトレード中のストレスが増すので、精神面が回復するまでは、今の穏やかな相場の方が有難いですね。


今回はネガティブな話ばかりになって申し訳ないんですが、でも、私にも一応友達が何人かいるとはいえ、『猫が死んで苦しい』なんて誰にも言えないし(笑)、ブログに書いたことによって少し気が楽になりました。

実名だったら恥ずかしくて絶対書けないし、この辺が匿名の長所ですよね(笑)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

コメントありがとうございます。
さやかつおさんも最愛のペットを亡くされたのですね。
亡くなったペットのために、お互い頑張りましょう。

PAGETOP