私は、今年でFXを始めて10年になるんですが、当然ながら、開始直後から継続して勝ててたわけではないし、1年目から生活費を賄えるほどの利益を出せていたわけでもありません。

年間成績がマイナスになった事は1度もないとはいえ、始めの3年間は、数百円~数万円ぐらいの利益だったし(笑)、かろうじてマイナスにならなかった程度ですから。

でも、こんなにショボいFXトレーダーとしてデビューしたにも拘わらず(笑)、4年目に初めて税金を納めるだけの利益を上げて以降は、その後もずっと納税し続けてるんですよね。

だから、3年目と4年目を境にして、『別人に生まれ変わった』といっても過言ではないくらいパフォーマンスが向上したし、結果的に専業トレーダーへの転職も実現出来たので、これまでのFX人生に対して、私はそれなりに満足しています。


ただ、こんな事を書いてると、『4年目に一体何があったんだ?なんで急に勝てるようになったの?』と感じる人が多いと思うんですが、理由は至ってシンプルなんです。

何か商材を買ったわけでもなければ、師匠に出会ったわけでもないし(笑)、『永遠に勝てるトレード手法はこの世に存在しない』という相場の世界の真理に気付いた事がそのキッカケですから。


投資に手を出す人はおそらく、『自分は頭がいい』と自負してると思うんですが、私もそのご多分に漏れず、『俺は誰よりも仕事が出来るし、何をやっても要領を掴むのが早い。確実にFXで稼げるだろう』と考えてたし、相当な自信を持って、相場の世界に足を踏み入れたんです(笑)

ただ、いくら頭が切れるとはいっても、私はメンタルが弱点だと自覚してたので、このメンタルの弱さをカバーするために、『テクニカル100%で、感情が全く入らない機械的な手法』に任せっきりのトレードスタイルをずっと模索してたんですよね。

感覚に頼ってトレードするのは物凄く大変だし、それに当時は、『テクニカルを突き詰めていけば、永遠に勝てるトレード手法に辿り着く』と本気で考えてましたから。


ところが、どれだけ努力しても一向に結果は伴わなかったし、そうこうする内に3年もの月日が経過してたので、このまま同じ事を続けても時間の無駄だと思ったんですよね。

だから、半ば開き直るような感じで考え方をガラッと変えたし、テクニカルとは少し距離を置いてファンダメンタルズを取り入れて、『感覚』を重視したトレード手法を採用してみたんです。

すると、突然劇的な変化があったわけではないんですが、『好調時にコツコツ積み上げる→不調時に一気に吐き出す』という展開を繰り返してて、ずっと一進一退だった口座残高が、ついに右肩上がりに増加し始めたんですよね。


今になって振り返ると、『なんでこんな簡単な事に早く気付かなかったんだろ?』と思うし、人生の貴重な時間を無駄にした事に対して怒りすら覚えるんですが、私は基本的にデータを分析する作業が好きなので、どうやら視野が狭くなってたようです。

外為は地球上で最も流動性のあるマーケットだから、チャートが綺麗な形を描く事が多いので、テクニカルだけで勝てると勘違いしやすいですからね。

しかも、FX業界には数え切れないくらい自称カリスマトレーダーが存在するので、トレード手法をもっともらしく解説する悪質なブログをたくさん目にしたせいで、自分でも気付かない内に洗脳されてたんだと思います。


FXトレーダーはテクニカル派が圧倒的に多いので、この記事を読んで嫌な気分になる人って多いだろうし、それに、まだキャリアの浅い方は、『専業トレーダーのブログだから、テクニカルやトレード手法の事を書いてると思ったのに、全然書いてないのか』とガッカリするかもしれません。

こういった方々は、FXには必勝法が存在してて、その方法さえ知れば楽に稼げると考えてるわけだし、テクニカルを全否定する私の主張は、敬遠されて当然ですからね。


しかも、ファンダメンタルズの活用法という記事でも書いたとおり、私はFXのキャリアを積むに連れて、どんどんファンダメンタルズを重視するようになってるので、『まず歴史を勉強しろ!』みたいな言葉を連発してるし、ますます取っ付き辛くなってますから(笑)

でも、私はこのブログを、『FXトレーダーにとって本当に役立つブログ』にしたいと考えてるので、努力の方向性を間違ってる人には、例え厳しい言葉であっても、『あなたは間違ってる。そんな考え方してると一生勝てないですよ』と教えてあげるのが本当の優しさだと思うんですよね。


正論というのは、ほとんどの場合初めは反発されるし、それどころか、一時的には相手を傷つける事すらあります。

でも、それが本当に正しければ、いつか必ず認められるので、『そういえば、しがないトレーダーって奴が、永遠に勝てるトレード手法はこの世の存在しないって言ってたなあ。当時はバカだなって思ったけど、あいつの言ってる事は正しかったんだ』という風に、私のトレード理論を理解してもらえる日が来ると信じてます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、しがないさんは、手法を相場にあわせて微調整してるかと思いますが、基本軸となる手法を開発するのに、期間はどのくらいかかりましたか?
当方、開発してはダメ、開発してはダメの繰り返しで、エジソンの失敗した回数(ダメだという発見に成功した回数)を上回りそうな勢いです。

また、くじけそうな時、気持ちのリフレッシュ方法や、まだまだこんなんであきらめきれねーぞとモチベを奮起させる方法などありましたら参考に聞かせいただけないでしょうか。

最近ダメダメで、しがないさんのBLOGのおかげで何とか、正気を保ててます。

テクニカルの位置付け

参考になります。
確かに、移動平均線とオシレーターで、流れの読みから手仕舞いまで、ガチガチに固めてた頃は、結局トータルマイナスでした。
テクニカルはあくまで一次フィルターで、エントリーは裁量、って考え方にして、やっと小遣い程度を稼げるようになりました。

ファンダメンタルは奥が深いですよね〜。
難しすぎて、ついつい即物的なテクニカルに現実逃避しちゃいますが、推進力になってるのは、あくまでファンダメンタルだと思ってます。

No title

しがないさん はじめまして
いつも楽しく拝見させてもらってます。
むかし有名なトレーダーが野球に例えて
「2割8分打てて守れる選手は1億円プレーヤーとなるだろうが、2割5分しか打てないバッターは 有望な若手選手にレギュラーを奪われ引退するしかない。」って言ってました。小さな差こそが勝者と敗者を決定的に分ける的確すぎる例えに、感動したのを覚えています。

No title

初めまして。いつも楽しくブログを拝見しています。

僕もFXを始めた時はとりあえずテクニカルから入ったんですが、テクニカルだけでやる事に違和感を感じている時にこのブログに出会い、やっぱりテクニカルだけじゃ限界があるんだ、と思いファンダメンタルズの勉強を始めました。
とりあえず、世界中でどのようにお金が動いているか、ってのを意識しながらニュースなりチャートなりを見るようにしていますが、単にチャートだけ見てた時より視野が広くなった気がします。
FXを始めてまだ3ヶ月足らずの素人ですが、このブログのおかげでだいぶ近道できたんじゃないかと思っています(笑)

しかし、感覚を重視するっていうのも難しいですね。特に僕の場合はキャリアが短いので、日々経験不足を痛感しています。まあ、こればっかりは時間をかけて磨いていくしかないんでしょうけど。

Re: No title

う~ん。テクニカルを否定する記事を書いてるのに、テクニカルに関する質問をされると、ちょっと悲しくなりますね。

開発にどれぐらいの期間を要したか、正直言って覚えてません。
私はボリンジャーバンド・フィボナッチと平均足を愛用してるんですが、『なんとなく合いそう』という理由で使い始めたので。

GPさんはテクニカルを重視してるようですが、勝ち続けるFXトレーダーになるには、ファンダメンタルズの方が遥かに重要です。
なので、まずはファンダメンタルズを死ぬほど勉強するべきだと思います。

それと、二つ目の質問についてですが、トレードが上手くいかなくて気持ちが落ち込んだ時は、尊敬してる人の言葉や動画を見て、自分を奮い立たせてます。

厳しい回答になったので不愉快な気持ちにさせてしまったかもしれませんが、GPさんのためだと思って書いてるので、どうかご理解下さい。

Re: テクニカルの位置付け

FXはやはり裁量が大事ですよね。
私も、長い間テクニカル100%のトレード手法を追い求めてたので、無駄にした時間の事を思うと、後悔しまくりです(笑)

確かにファンダメンタルズは、ちょっと勉強した程度で身に付くものではないし、凄く難しいですよね。
でも、長期的なビジョンのない投資家は、いずれ必ず痛い目に遭うので、避けて通れない道だと私は考えてます。

Re: No title

楽しんで下さってありがとうございます。

確かにその通りですね。
たった3分の差って、一見大した事がないように思えるけど、1年間トータルで考えれば、凄く大きな違いになりますから。
FXトレーダーにも、共通する事だと思います。

Re: No title

FXを始めて3ヶ月で、ファンダメンタルズの重要性に気付くとは、恐れ入りました。
このブログがキッカケになったとはいえ、キャリアがまだ数ヶ月だと、『テクニカルだけで勝てるよ。こいつバカだな』と感じて、ほとんどの人は去っていくはずですから(笑)

もちろん、ZSBさんが仰るとおり、気付いたからといって、簡単に稼げるほど相場の世界は甘くありません。
でも、ZSBさんは鋭い感覚をお持ちのようだし、経験を積めば、私なんかより遥かに優れたFXトレーダーになれると思います。

はじめまして

はじめまして。
いつも参考になる記事で、考えさせられます。

私はようやく最近ファンダの重要性に気づいて、
色々と試行錯誤しているんですけど、
どう手をつけたらいいのか、
なかなか難しいです。

ちょっと勝手な話なんですが、
もしよければ、
何か勉強の仕方で、
良い本や、
オススメのサイトなどありましたら、
お時間ある時に教えて頂きたいです。

Re: はじめまして

申し訳ないんですが、少し厳しい返事をさせて頂きます。
その方が印象に残るだろうし、長い目で見れば、必ずリーンさんのためになると思うので。

『おススメの本かサイトを教えくれ』という質問は、『手っ取り早く、楽して稼ぐ方法を教えてくれ』と同義語です。
その考え方を改めない限り、いつまで経っても継続して利益は出せないし、それに、そんな都合の良い本やサイトはそもそも存在しません。

色々と試行錯誤してるとの事ですが、ファンダメンタルズを楽に学べる方法はないので、これからも試行錯誤し続けて下さい。
私も未だに、試行錯誤の日々を送っております。

疑問があります。

おはようございます。このエントリーに対して反論めいたコメントになりますが、これはしがないさんから全うなご意見をお聞きできるはずだと思いますので書いてみます。
まず>テクニカル分析を全否定する・・・といったスタンスはある意味少数派で貴重な存在かと思います。ただし、テクニカル派であってもファンダメンタルズを全否定するスタンスの方は少数派ですね。
実際私もファンダメンタルズを意識しつつテクニカルを重視するといったスタンスです。
FXなどのトレードの世界では、自分がうまくいっているから他は否定するといったスタンスをとるときは慎重になるべきであるといったことを常に考えています。(しかし私のブログでも決めつけている部分があるかと思います)
もちろんご自身の信念を発露させるのは自由ですが、しがないさんが経験されたように他の方にも影響を与えてしまうことがあります。
かつてしがないさんは、たしか2人のテクニカル考案者を引き合いに出して、だからテクニカルは通用しないと書かれていたと思います。
2人だけでそう書くことは危険ではないですか?
テクニカル考案者は、相当数いるはずですよ。
おそらくネット情報などで、ボリンジャー氏は相場では失敗したなどのことをお知りになったかと想像します。

テクニカルを全否定してファンダを勧めるといった情報発信をブログでするのであれば、その詳細なトレード方法についても発信しなければ、しがないさんが悪影響を受けてしまった「悪質ブログ」になってしまう可能性があります。
疑問なのは、ファンダメンタルズを重視してテクニカルを全否定しているにもかかわらず、しがないさんのトレード結果が、一桁の利益(損失)であることです。(一桁利益が悪いという意ではありません)
トレードスタイルでいえばスキャルのような結果に感じられます?
一般的常識にとらわれてはいけませんが、私が考えるファンダメンタルズ派というのは、自然と中長期投資といったイメージがあります。
なので一桁程度の勝負のどこにファンダメンタルズが反映されているのかを知りたいです。
正直、「歴史を勉強しろ」という結果が今回のユーロドルのトレードのどのあたりに反映されているのでしょうか?
昨今は、ドル高ですので、ユーロドルのショートを繰り返されたのでしょうか?
以前ユーロドルの長期投資をすると述べられていましたので、そういったトレードを実際にはなされているのでしょうか?それであれば私も納得できます。
こういった議論の前提としてテクニカルとは?という定義が必要かと思いますが、1年前と比べての値位置、さらには昨日比での高安で売買するのも立派な、というか王道のテクニカル分析です。(あくまでも一例です)
またBBと平均足といったテクニカル売買としてはある意味王道のテンプレートを使用されているとのことですが、実際のトレードでなんらかのルールを決めてエントリー、エクジットしているのでしょうか?あるいはこれもファンダメンタルズを読み取る一手段なのでしょうか?

以上、正直に考え付いたまま思ったまま書かせていただきました。
長文失礼しました。よろしくお願いします。

Re: 疑問があります。

『テクニカルを全否定』という表現についてですが、私もテクニカルを利用してトレードしてるし、無意味だと言ってるわけではなくて、『ファンダメンタルズに比べると、ちっぽけな存在。トレードの補助的なものに過ぎない』という意味です。
だから、『全否定って書いてるけど、私のブログの読者の方なら、ニュアンスは感じ取ってもらえるだろう』と思って書いたんですが、システムマンさんにはそのニュアンスを感じ取ってもらえなかったようです。
全ての人に、私が意図する言葉のニュアンスを感じ取ってもらうのは不可能だし、表現によって誤解が生じるのは仕方のない事だと割り切ってます。

結果が一桁な事については、先週のトレード結果を例に出すと、①と②は初期ストップをつけられたんですが、③と④はストップを移動した後つけられたので、損失幅が小さいんです。

ファンダメンタルズを死ぬほど勉強しても、いつも勝てるわけではないので、1週間の結果を突っ込まれて、どのあたりに反映されてるのかと聞かれても困ります。
私は100年後の為替相場も描いてるし、その長期的なビジョンに基づいた考え方をこのブログで色々と披露してるんですが、ファンダメンタルズは芸術みたいなものなので、この感覚を完璧に伝えるのは不可能ですから。
だから、『感覚を養うために死ぬほど勉強しろ。自分で考えろ』と書いてるんです。

トレードルールはたまに修正するので、常に同じではないんですが、勿論あります。
エントリーしてから考えなくて済むように、初期設定のストップやリミットのみならず、その後の動きに応じて、ストップ・リミットを移動させるルールも事前に決めてます。

それと、私は、議論はただの時間の無駄だと考えてるので、ブログのコメント欄で議論をしたくないんです。
この返事だけでも何度も書き直して2時間以上要したし、完璧な返事をするには10時間はかかりそうだったので、さすがに途中で諦めました。
『思ったまま書いた』とのことですが、これだけ大量の質問を一気にされると、された方はたまったものじゃないし、それに、例え10時間かけて書いても、おそらくシステムマンさんには、私の考え方はほとんど理解してもらえないでしょう。
中途半端な返事になった事は、私にとっても凄く残念なんですが、これ以上エネルギーを使う気にはなれません。
なので、議論を吹っかけるのは、これで最後にして下さい。

No title

膠着してどの通貨も動かないですねー。
ひまなので代弁しちゃおうかな。
自分はファンダメンタル全否定のテクニカルのみですが、テクニカルマンさんのいうテクニカルの定義って、まだ柔らかいなって印象です。だから議論する気にならないのだと思います。
ここの読者さんに参考になるのは しがないさんのスルー力です。自分の相場観やトレードに費やす時間を妨げるものは無視するメンタル。これがいちばん大事だとおもいます。

No title

返答ありがとうございました。
テクニカル全否定は言葉の綾でニュアンスであったというのは少し驚きでしたが、それを私が読み取れないだけだとのことであればおっしゃるとおりだと思います。
また実際の売買ではテクニカル的判断を少なからずご利用しているとのこともわかりました。
またコメント欄の利用についても私と異なる意見でそれをとやかく言ってもしょうがありません。
ただ私も思ったままのことですが一生懸命書かせてもらったことですので、議論を吹っ掛けたといった表現だけは可能であれば訂正していただきたいです。
いずれにしろ、今後、お邪魔はいたしません。
重ねて2時間おかけになってのご回答ありがとうございました。

残念だけど論破されてるね。議論しないなら発信しないかコメントとじるかかな。

Re: No title

わざわざ別のIPで嫌がらせのコメントをしてくるとは、なかなか陰険ですね。
ただ、『システムマンさんはこういう事をしてくる人だろうな』と私は初めから予想してました。
こんな事に、人生の貴重な時間を使うなんて勿体ないですよ。

PAGETOP