GBP/JPY
① -9.2
② -6.1
➂ -9.4
④ -6.7

0勝4敗 -31.4pips

EUR/USD
① +7.7
② -8.3
➂ +10.3
④ +15.5
⑤ -9.1

3勝2敗 +16.1pips


FX

今週はついに、このブログ開始以降では史上初となる、『3週連続マイナス収支』を喫してしまったし、非常に残念な結果になりました。

でも、私の感覚はそんなに悪くはなかったので、ほんの少し運があれば、収支は全く違ったものになってたんですよね。

ユーロドルについては、『ECB理事会まではネガティブな思惑が働いて軟調なはず』というシナリオを描いてて、戻り売りを基本戦略にしてたんですが、実際にその通りの展開になりましたから。

にもかかわらず、感覚が冴えてた週前半に、肝心のトレード手法が相場と噛み合ってくれなかった事が響いて、思ったほど利益を積み上げられなかったんです。


その一方でポンド円に関しては、シナリオが全体的に冴えてなかったので、負けが込んだのは仕方ないと思ってます。

でも、BOEのブロードベントが、『利上げの必要はない』という発言をして以降は、ショート目線に切り替えて待ち構えてたのに、あと1pipsでエントリーを逃したポイントがあったんですよね。

もしここをエントリー出来てたら35pipsぐらい獲れたし、損失を一掃できたので、この時ばかりは流石に切れそうになりました(笑)


いずれにしても、これで直近3週間の損失が53pipsまで膨れ上がったわけだし、大きく勝つ事が滅多にない私にとっては、挽回するのが大変な数字になってしまいました。

もちろん、相場の世界は何が起こるか分からないし、ハマったら100pipsぐらい簡単に獲れるけど、負けまくった事によって、『もう永遠に勝てないんじゃないか?』という恐怖にも襲われてるので、平常心でトレードするのは容易ではありませんから。


でも、今までに何度も試練を乗り越えてきたので、今回も必ず乗り越えられるはずだし、孫さんの、『迷った時ほど遠くを見よ』という言葉を思い出して、いい流れが来るまでじっと辛抱します。

FXトレーダーは、苦しい時にどう対応するかによって真価が問われるし、状況を打開するために、目先の利益に捉われた強欲な行動をするのは愚の骨頂ですから。


金融政策の方向性・最新版

私は以前、オセアニア通貨の見通しで、『ウィーラー総裁が強気の発言をしたのは、自分の間違いを認められなくて意地になってるからだと思う。だから利上げサイクルは終わった可能性があるし、日本人最速で、NZの金融政策の方向性を中立に変更します』と書きました。

その後のNZの経済指標は、明らかに悪化してるわけではないけど、ただ、キー首相の『0.65が望ましい』という発言や、NZ中銀が介入までして、必死になってNZドル高を食い止めようとしてる所を見ると、やはり経済は厳しいのかもしれません。


そしておそらく、これまた日本人最速だと思うんですが(笑)、英国も中立に分類する事にしたので、各国の金融政策の方向性は下記のような感じになりました。


緩和 日本・ユーロ圏

中立 豪州・NZ・英国

引き締め 米国


もし実際にこの通りになったら、BOEのウィール委員は、『二度目の過ちを犯してしまった』ことになるし、責任を取って即刻辞任してもらわないといけませんね(笑)

まあとにかく、これで金融政策の方向性が引き締めなのは、私の中では米国だけになったんですが、米国の先行指標的な感じだった英国が、すっかり勢いを失ってしまった状況を鑑みると、そう遠くない内に中立になりそうな気がします。


それと、今週行われたECB理事会についてですが、前回かなりアグレッシブに動いた事もあって、今回はとりあえず現状維持を選択したようです。

ただ、ドラギは前回と同様に、『「必要なら追加措置を講じることでECBは全会一致』と発言してたし、『いざとなったら国債のQEもやっちゃうからね!』という含みも残してます(笑)

だから、ユーロドルの軟調な地合いはまだ継続するかもしれませんが、でもその一方で、予想を下回った賃金上昇率がマーケットで取り上げられそうな気もするので、私は来週は基本的に、買い戦略で攻めるつもりです。


円安は終わらない

今週は、ドル円がついに110円の大台に乗ったし、『110円は通過点に過ぎない』という楽観的な見通しが増加してたにも拘わらず、突然2円以上も円高に振れる局面があったので、この急落に驚いた人が多かったかもしれませんね。

でも、ドル円は既に大きく戻してるし、リーマンショック前によくあった、『10円レベルの調整』には発展せずに、円安トレンドはまだ継続すると私は考えてます。


もちろん上記のとおり、他国の金融政策の方向性も難しい局面に来てるので、円全面安でガンガンいく事はないし、数円程度の調整はどの通貨ペアでも起こりうると思います。

でも、これだけ経済が減速してるのに、安倍総理は消費税をなんとかして上げようとしてるし、しかも、その消費増税に伴う追加緩和に、黒田総裁は相変わらずノリノリなんですよね。 

だから長期的には、『日本売り』は避けられないし、私は年初に、2014年FX5大予想という記事で、『今年は円安株高の相関にパラダイムシフトが起こる』と書いたんですが、その通りになりそうです。


ただ、日本のこの腐り切った仕組みを変えるには、一度とことん悪くなる必要があるので、私はむしろ、日本経済の悪化を歓迎しています。

デフレは日常生活に大して影響がないので、『現状維持でいいよ。構造改革なんかされて、今の暮らしが悪くなる方が怖い』という風に多くの人が考えてしまって、改革が進まないんですよね。

でも、スタグフレーションに突入して、さらに英国病に蝕まれたら、日本の未来の悲惨さをようやく認識して、私のように怒り狂う人が増えるだろうし(笑)、構造改革の重要性に否が応でも気付くはずですから。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!
師匠が不調の時に見せる、
非常に人間らしい文章(切れそうになったとか)は、
読んでてすごくほっこりします。

大丈夫だと思いますが、
一応激励させてください。

「夜明け前が1番暗い」

頑張ってください。師匠!





今週は…

前半は苦手なレンジで後半に
やっと動きがでました。

しかも監視している
各通貨共に動きがバラバラで
なかなか判断に迷う局面が多かったです。

特に豪ドルの動きは動きだすと
直線的で
今は他の通過と相関性も薄く独自なので
コイツめ…って感じでした。

検証し直します。

今週はユーロと豪ドルの不調を
ポンドが助けてくれて運良くプラス
にまわれました。


先週から専業になったのですが自分は
スキャなどで忙しくエントリーするわけでもなく
兼業時代の手法と変わらず時間軸を
意識したものでエントリー
回数は少ないし
トレード自体は兼業時代と
変わらないしあまり専業になったという実感はないです。

ただ時間はあるので図書館に行ったり
運動したり昼寝できたりと仕事している
時代には考えられない時を過ごしてます。


さて自分もいつ
何連敗するかわかりません。
ヤケになると一瞬で破産する
怖い世界です。

専業になると特に実感しております。

でもしがないさんは
絶対に決めたルールを固く守り
自分の感情をコントロールできる方なので
尊敬しておりますし、それは他人にはなかなか真似できない大きな武器です。

正直自分はまだまだ完璧ではないので
しがないさんを見本に進み
その武器を手に入れる努力をしていきます。

来週もよろしくお願いします。



Re: No title

しがないファンさんほどの上級FXトレーダーに、師匠と呼ばれるとは(笑)

出来る事なら、『全く動じてません』的な感じでいきたいんですが、なにぶんメンタルが激弱なもので(笑)、つい人間らしい文章になってしまうんです。

激励して下さってありがとうございます。
自分を信じて頑張ります!

Re: 今週は…

なるほど。
ユーロと豪ドルの不調を、ポンドが助けてくれたなんて、複数の通貨ペアを手掛けるトレーダーにとって理想的な展開ですね。
羨ましいです(笑)

確かに専業になると、自由な時間だけは増えますからね。
でも、時間が出来たからといって、今までのスタイルを変えて無理してトレードする必要はないし、そういったリラックスした姿勢で臨むのがベストだと思います。
兼業時代にはしたくても出来なかった事を、思う存分堪能して下さい(笑)

TAROさんの仰る通り、感情のコントロールは、私にとって大きな武器だと思います。
もちろん正確に表現すると、感情がコントロール出来るわけではないんですが、トレード中にどれだけ感情が乱れても、実際に手が動くことは絶対にないですから。

こちらこそ宜しくお願いします。

No title

確かに今週も英中銀の発表でなんらかの方向転換はあり得ますね。
選挙中の経済停滞も気になります。

Re: No title

方向転換というのは、BOEが現状維持を選択したら、マーケットの雰囲気が変わるという事でしょうか?

う~ん。私はただ単に、英国経済が予想以上に減速して、『利上げはいつか?という議論が立ち消えになるのではないか』と考えてます。

No title

しがないさん。
こんばんわ
ポンド円ユーロ円ともに押し目が深いですね。
下抜けもあるのかな。
日本政府が米ドルに対してだけオペしてるの丸分かりなのはどうなんでしょう?

ルンバが日本家電メーカーで出せなかった時点で、
(技術的な事ではなくて)日本に完成品メーカーは
いらないのではないかとすら思いました。
日本は外部から圧力が加わらないと変わらない国ですからねー。

ロボットスーツなどで労働力確保や介護の問題は
ハードの部分でクリアできても、
倫理的な部分での割り切りをすばやくしないと、
またルンバの二の舞になるかもです。

Re: No title

オペとは、一体何のことを仰ってるのでしょうか?
日本政府は、政権交代して以降1度も介入してません。

No title

あまり国やら保険やらファンドやらの介入だの
情報で身構えて振り回されるトレードは安定性もなく、
予想することで外れたときの精神的なダメージは大きく、疑心暗鬼にもなってトレードによくないかもしれませんね・・・
私はテクニカルもファンダも眼中にありません。
チャートの動きのみです。
唯一、トレンドラインの上値・下値の抵抗ラインのみです。

私も専業ですが やはり機械的になんの邪念もなく
やり方を一つきめたらそれを淡々と実行し、利確と損切をしていくトレードの方が、仕事にするには一番だと思います。

精度をあげていくための問題点も明確になりますしね。
私は損切のタイミングの精度を上げていくことに重きを置いています
損切りしたときの統計を取って利益が残るトレード方法をみがいてます。
損切の明確なタイミングさえつかめれば
どの場面でも恐れずエントリーしまくれるし、月のトータル収支でみればプラスになりますからね。
過度に何かを期待し予想してエントリーしてないので
損切したときのダメージは大きくないです。
ただ一度決めたやり方を繰り返し実行、
統計をとって修正していくのみですね。
お互いトレードに磨きをかけていきましょう。

Re: No title

淡々とトレード出来るなんて凄いですね。
私は出来ないので、ファンダメンタルズを勉強する事によって、感覚に磨きをかけています。

PAGETOP