GBP/JPY
① -10.2
➁ -0.1

0勝2敗 -10.3pips

EUR/USD
① -7.3
➁ +18.0
➂ -8.9
④ +23.6

2勝2敗 +25.4pips 


FX

今週も一応勝てたんですが、でも残念ながら、またしてもユーロドルの利益をポンド円で削る展開になってしまいました。

最近ずっとこのパターンに悩まされてるし、私の収益を長年に渡って支えてくれてたポンド円が、こんなにスランプに陥る事は過去にほとんどなかったので、精神的ダメージが大きいです。


だから、不調の原因を突き止めるためにトレード履歴を振り返ってみたんですが、スコットランドの住民投票があった週にポンド円のトレードを1週間休んだ直後から、全然勝てなくなってるんですよね。

1週間休んだだけで、こんな大スランプに陥るほど相場観がおかしくなるはずがないし、ただの偶然だとは思うんですが、でも、それ以降80pipsもの損失を喫してるので、トレードを休んだ事をちょっと後悔してます(笑)

集計作業中はさすがに値動きが荒かったけど、その時間帯以外は、対応出来ないほどのボラではなかったので、その気になればトレードは十分可能でしたからね。


ただ、FXは高いレバレッジをかけてるので、とんでもない急変に巻き込まれたら、予想外の損失を負う可能性がある危険な金融商品なんです。

2011年のスイスフラン大暴落の時は、強制ロスカットでは済まなくて借金を背負った人がたくさんいるし、それに、私も実際に、ポンド円でストップが50pipsぐらい滑った事がありますから。

だから、勝ち続けるFXトレーダーになるには、リスクを極限まで軽減する事に努めるべきだし、目先の利益を優先するのではなくて、10年後、20年後まで見据えた行動を心がけなければいけません。

こんな事を書いてると、『大袈裟すぎるって。そんなにリスクばっかり気にしてたら逆に稼げないよ』と思われるかもしれませんが、『長期的なビジョンのお陰で命拾いした』という局面がいずれ間違いなく現れるので、私はこの姿勢を貫きます。


それと、今回の追加緩和相場に乗れなかった事に対して、正直言うと一抹の寂しさは感じてるんですが(笑)、でも、私はデイトレーダーだから、乗れたとしてもせいぜい30~40pips程度だし、大して気にしてません。

強欲な投資家はいつか必ず痛い目に遭うので、他人の儲け話に触発されないように注意しましょう。


衝撃の追加緩和

安倍総理と会談してから、黒田総裁は消費増税の必要性をしきりに強調するようになったし、『増税に伴う追加緩和は確実だろう』とは考えてたんですが、まさか先にやってくるとは思わなかったし、この展開はさすがに想定外でした。

もちろん、日銀のマンデートは物価の安定なので、現在の景気減速が継続して、その結果、前年比+2%という目標が脅かされるのであれば、追加緩和に踏み切るのはある意味当然かもしれません。


でも、先に緩和をすると、間違いなく構造改革は置き去りにされるので、長期的に見ればスタグフレーションのリスクが高まるのは明らかなのに、黒田総裁は目の前の果実を優先したんですよね。

しかも、GPIFとタイミングを合わせた所を見ると、黒田総裁はもはや、『政府の子飼い』に成り下がったわけだし、この決定に心の底から失望しました。


まあ余談はこの辺にして(笑)、相場の方に目に向けると、リスクオフが一巡して、元々円安が進行してた所に、追加緩和という追い風まで吹いたわけですから、この勢いを過小評価するべきではないでしょう。

ただ、このブログで何度も書いてるとおり、私は2014年を、『円安株安へのパラダイムシフト元年』と位置付けてるので、株高の持続可能性に関しては、大いに疑問を感じてます。

追加緩和による株高なんてのは所詮一時的なものに過ぎないし、日本はこの腐り切った仕組みを改革しない限り、『真の復活』は絶対に不可能ですから。

だから、サプライズだったからスタートダッシュには成功したけど、異次元緩和の時のように、日経平均が9ヶ月に渡って上昇する展開はまずあり得ないし、安易に乗っかるのは危険だと思います。


ドル高トレンドに変化の兆し!と思いきや。。。

日銀に完全に主役の座を奪われたし、今となってはどうでもよくなった感のあるFOMCですが(笑)、予想通りQE3が終了すると同時に、声明文で労働市場の改善を指摘した事もあって、会合後はドル全面高に推移しました。

ただその一方で、『資産購入終了後も相当な期間、低金利が適切』という文言は維持されたので、『この程度の材料では、ドル高相場が再開するほどのエネルギーはないだろうな』と私は考えてたんです。


実際に、翌日のGDPが予想を上回ったにも拘わらず、ユーロドルは下がらなかったので、『ドル高トレンドが転換するかも』と思ったんですが、ところが金曜日に発表された、9月のPCEデフレーターは予想を下回ったのに、ドル高に動いたんですよね。

おそらく雇用コスト指数を材料視したんだろうけど、金曜日の夕方の時点では、パズルが完成した時のようなスッキリした感覚があったし、『来週に向けて良い戦略が出来たぞ!』と色めき立ってたので(笑)、それが崩れ去ったのは少しショックです。

まあいずれにしても、ユーロドルの値動きを見る限り、今はインフレ指標が大事なのは間違いないし、米国とユーロ圏のファンダメンタルズをじっくり見比べて、またいちからシナリオを組み立てます。


ただ、ドル高相場はまだ続くのかもしれないけど、優等生のNZですら、結局たった4回で利上げサイクルが終了したし、さらに一時期は、『年内にも利上げか?』と言われた英国も、その勢いはすっかり影を潜めてしまってるんですよね。

だから、最後の砦である米国も、そう遠くない内にこの流れに乗っかってくるだろうし、長期的には、ドル全面安(ドル円除く)は免れないと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
追加緩和は本当に驚きましたね。

僕の場合、10月に入ってから中期的な予想が好調な割に結果が出ない状態が続いてて、デイトレをやめてスイングでポジションを持ってみようかな、と思いドル円を109円でロングした矢先の出来事だったのでなおさらびっくりしました(笑) 追加緩和は全くの想定外だったので完全にまぐれなんですが、うまく行く時はこんなものなんですねえ。
もっとも、まだ利確したわけではないですし、利確のタイミングは難しい事になりそうな気がしているので、これからが本番だとは思いますが。

現時点での追加緩和に関しては僕も否定的ですね。
現状物価の上昇に賃金の上昇が追い付いてないのに、さらに物価の上昇を先行させたら景気は良くなるどころかむしろ悪くなるんじゃないかと思ってます。
まあ、文句を言っても状況が変わるわけではないですし、自分が自己防衛のためにできる事と言ったら、ひたすら円を売って稼ぐ事くらいですね(笑)

No title

>強欲な投資家はいつか必ず痛い目に遭うので、
>他人の儲け話に触発されないように注意しましょう。

すいませんこの1文を見落としてました。(後で追加されました?)
先ほどのコメントは特に儲け話として書いたわけではないつもりですが、不適切でしたら削除してくださいm(_ _)m

Re: No title

ZSBさんは、今回の相場に上手く乗れたんですね。
3円以上の含み益とは、羨ましい限りです(笑)

日本は明らかに仕組みがおかしいので、仰る通り、物価が上がっても賃金はほとんど上昇しないと思います。
構造改革を推し進めると同時に、農業や製造業ではなく、情報産業にもっと注力して欲しいものです。

はい。追加しました。
ただ、ZSBさんのコメントを見てから追加したわけではないですし、注意を促す一文がなかった事に気付いて、あくまでも一般論として書いただけなんです。

ZSBさんが冗談で書いた事をちゃんと理解してるので、ご安心下さい。
不愉快な気分にさせてしまって申し訳ありません。

今週は…

やられました!

月曜日から手法が全く噛み合わず
初めての三連敗…


その間、
愛読書のZONEを読み返し
以前にプリントアウトさせて
頂きました
しがないさんの記事を読みあさりました。


不安でしたが今まで順調過ぎましたので丁度良いお灸になりました。

金曜日は介入ばりな
値動きでしたので
かなりエントリーに躊躇しました。
が過去のデーターを確認しサイン出たのでエントリーしプラスでしたが
週単位では専業になり初めてマイナスでした。

こんな事の繰り返しなんですね…

しがないさんは凄いと改めて感じました。

今週を振り返り、感じた事ですが自分の手法通りに負けたのはあとには引きずらず納得します。

負けを熱くなって取り戻す行為は
たとえ上手くいっても先は無いです。

なので負けましたが清々しいですしルール通りに貫けたのが
少しだけ成長しました。


今週はいよいよ専業の厳しさを身をもって感じた5日間です。

やけにならずに5日乗り切れた事が
収穫です。

今週のしがないさんの御言葉、

勝ち続けるFXトレーダーになるには、リスクを極限まで軽減する事に努めるべきだし、目先の利益を優先するのではなくて、10年後、20年後まで見据えた行動を心がけなければいけません。


身にしみました…


来週もよろしくお願いします。

No title

しがないさんこんばんわ。
上昇すごかったですね。
いままでもチョコチョコと
委託介入はやっていたんでしょうけど、
あまり効果的ではなったんですよね。
連休前と企業決算が多い月末 (やや弱い)このタイミング、
テクニカル的にも戻り十分の水準から一気に高値をぶちぬいていくシナリオ、
しかも機関投資家にほとんど情報が漏れていない様子、
(単独?年金+外資のトリプル?)
黒田総裁のフリップつかった分かりやすい会見、
どれもいままでの資金力に物を言わせ高い上がりだと、委託先の国内機関に先回りされて、効果が薄められたり、外資の売り浴びせで結局もとの水準にという事が多かったのですが
今回はパッケージとしてとても分かりやすいメッセージを出したとかんじてます。あとは政治ですね。
今までのように自民の中に強大な敵対勢力もないので、小泉さんのときのようなこけ方はしないのではないかともおもいます。

ポンドはきついですね(笑)もうじぶんには動き読めないです。
N字のきれいさには感動しました。だんだん主体性がない動きになっていっているような感じもあるし、
しばらくは素直にドルエンについていこうとおもいます。

はじめまして

しがないさんの記事をいつも楽しく読ませてもらっています。

読むたびに多くの気づきがあり、しがないさんは何て頭がいいのだろう!とひそかに尊敬しております。

私は子供の頃に為替が好きになり、銀行で米ドルやドイツマルク(古い!)、ユーロを買って楽しんでいたのですが、作業が面倒になって、半年前からFXを始めました。
FXと現物ではメンタルやロット管理など全くの別物なので、しがないさんの記事がとても参考になります。

寒くなってまいりましたので、お身体にお気をつけて。

Re: 今週は…

ついに負けてしまったんですね。。。
順調だった専業生活が、今週は小休止といった感じでしょうか。

でも、週単位で負けた事によって、今までよりさらに重圧が増してくるはずなので、これでようやく本当の専業生活が始まったと言えるかもしれませんね。
トレーダーは苦しい時にこそ真価が問われますから。

私のブログや言葉を参考にして下さってありがとうございます。

相場の世界で、週単位で利益を出し続けるなんて絶対にあり得ないので、負けを素直に受け入れる姿勢って凄く大事ですよね。
これさえ出来れば、FXという金融商品は、実は利益を出すのはそんなに難しくないですから。
でも、残念ながらほとんどの人が、熱くなって自滅するんですが。

私は、今週は一応勝てたんですが、相変わらず満足のいく結果には程遠いので、もっと頑張らないといけません。
来週はお互い上手くいくといいですね。

Re: No title

確かにサプライズだったので、初日に関しては、異次元緩和の時以上の効果がありましたね。
ただ、その分持久力には乏しいだろうし、効果が切れるのは早そうです。

委託介入ですか?
そんな事が行われてるなんて初めて聞いたし、私には、仰ってる事がよく分かりません。

Re: はじめまして

数々のお褒めの言葉、ありがとうございます。
ちょっとテンションが上がってしまうぐらい嬉しいですし(笑)、頑張って記事を書いた甲斐がありました。

ドイツマルクですか!
現物とはいえ、マルクをトレードしてたなんてカッコ良すぎますね。
そのセリフ、私も言ってみたいです(笑)

お気遣いありがとうございます。
Tさんも、お気を付け下さい。

PAGETOP