GBP/JPY
① +1.8
➁ -10.9
➂ +38.9
④ -18.5

2勝2敗 +11.3pips

EUR/USD
① +13.1
➁ +10.9
➂ +18.4

3勝0敗 +42.4pips


FX

10月の収支で書いたとおり、来年からユーロドルに専念する事にしたし、今は変革の良いタイミングなので、以前から準備してた、『平均足とフィボナッチ指数を使用する新トレード手法』を今週デビューさせました。

こんな事を書くと、『テクニカルを変えたぐらいで変革だなんて、大袈裟だよ』と思われるかもしれませんが、ボリンジャーバンド・フィボナッチは5年以上も使ってるから凄く愛着があるので、私にとってはちょっとしたパラダイムシフトなんです(笑)


ただ、ボリンジャーバンド・フィボナッチは感覚的に合うから、出来ればずっと使い続けたいし、実は、決別するのは本意ではないんです。

でも、特殊なテクニカルだから日本のFX業者は扱ってないので、利用するにはVTトレーダーを使わないといけないんですが、ところがこのVTというシステムは、チャートの不具合や、サーバーダウンがよくあるんですよね。

だから、VTに対して不満を抱えながらも我慢して使ってたけど、こんな事でストレスを感じるなんてバカらしいし、それに、来年からユーロドルに専念するから、『システムの不具合による機会損失』という事態は避けたいので、思い切って決断しました。


というわけで、今週は新トレード手法のデビューWeekだったので、上手くいくか不安だったけど、一応利益を出せたのでホッとしています。

ただ、今週3連勝できたのは、エントリーの最終判断を下す私の感覚が冴えてた事が大きいので、この新トレード手法のお陰というわけではないんですよね。

でも、以前よりシンプルになったから雰囲気は良い感じだし、しかも、チャートに張り付かなくて済む所もNot badなので、かなり期待出来そうです。


まあ、これだけ円相場が盛り上がってる時に、ポンド円ではなくて、あえてユーロドルにエネルギーを費やす投資家はおそらく私ぐらいだろうけど(笑)、自分で言うのもなんですが、周りに流されるのではなく、こんな風に自分の信念を貫ける所が、私の強みだと思います。


異次元緩和との比較は危険

私はいつも自分でシナリオと戦略を組み立てるので、他人の意見を参考にする事は皆無なんですが、でも、追加緩和という衝撃的な事が起こったし、相場の雰囲気をもっとリアルに感じるために、この1週間はFXや株に関するブログを色々読みました。

すると、『異次元緩和がこんな感じだったから、追加緩和もこうなる』という論調がやたらと目に付いたんですよね。

こんな事は出来れば言いたくないけど、『あの時は何円上がったから、今回は何円上がる』という考え方って、一発退場でやられる人の典型的な思考パターンなので、もしそんな事を考えてるのであれば、すぐに改めるべきです。


キャリートレード全盛期の頃に、『過去チャートを見る限り、30円下がる事は絶対にない。20円の下落を想定しとけば大丈夫』みたいな事を言ってたFXトレーダーは、リーマンショックで軒並み退場しましたからね。

それに、異次元緩和の時は市場もその効果に疑心暗鬼だったから、結果的に意表を突く形になって日経平均は9ヶ月に渡って上昇したけど、今回はみんな異次元緩和相場を意識してるので、効果が切れるのは意外に早いはずですから。


勝ち続けるFXトレーダーになるには、過去から学ぶのって大事だし、参考にするのは凄く良い事だと思います。

でも、状況は常に変化するので、その過去から学んだ知識をそのまま当てはめるのではなくて、現在の相場環境に合うように、自分なりにアレンジする必要があるんです。

だから、もしかしたら今回はその戦略が上手くいくかもしれないけど、相場の世界は同じやり方が何度も通用するほど甘くはないし、長い目で見ればいつか必ず痛い目に遭うので、ご注意下さい。


ユーロ圏はデフレを回避できる

ほとんどのアナリストは、『ユーロ圏はもうダメだ。日本のようなデフレに確実に陥る』と主張してるようですが、私はそんな風には思わないし、相変わらずユーロ圏に楽観的です。

確かに9月のCPIは前年比+0.3%まで低下したし、デフレが現実味を帯びてきてるのは間違いないんですが、ただ、10月は+0.4%だったから一応改善したし、それに、先行指標であるPPIが、前月比で0.2%も上昇してますからね。


もちろん、10月の数字だけで判断するのは時期尚早だし、このまま上昇トレンドに突入するとは限りません。

でも、スロバキアやエストニア、さらに来年加入するリトアニアといった国々は、1人当たりGDPが低いから成長余地が大きいので、他の先進国よりも、ユーロ圏は構造的にインフレになりやすいんです。

これらの国はGDPが小さいから、ユーロ圏全体に与える影響は大きくないけど、長い目で見ればジワジワ効いてくるだろうし、それに、ユーロ安の恩恵もそろそろ出てくるはずですから。


ただ、QEを真剣に考慮しなければいけないぐらい、ユーロ圏がデフレの瀬戸際まで追いつめられる展開は、全く想定してなかったです。

ギリシャを発端とするユーロ危機が収束したあとは、ユーロ圏の経済は順調に回復して、『米・英・日を置き去りにして、ユーロ圏1人勝ちになる』と私は考えてましたから。

だから残念ながら今の所は、『私がイメージしてた中期的シナリオは、完全に間違ってた』と言わざるを得ません(笑)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新トレード手法が上々のデビューおめでとうございます!しがないさん程の安定性のある方でも新トレード手法を取り入れたりなさるんですね。状況の変化に応じたアレンジは必須ですよね、うんうん(納得)。
私は先週末からの大波に完全に乗り遅れてしまい、だいぶ凹んでました。しかも、その前日夜にロング目線を予感、買を入れる直前に取りやめていたので尚更です。しがないさんはそんな経験ありませんか?
でも、気を取り直して今週は2トレードで100pips取れたので嬉しいです。まあいつも月の前半は調子良い事が多いです。先月は計30pip位で終わってしまいました。今月は優柔不断になって後悔しないよう、鬼のトレード準備を心掛けて頑張りたいです。


今週は…

買ったり負けたりでしたが木曜日の
下落に上手く乗れ、逃げれ
プラスに回れました。

自分の手法上、冬時間への移行は
かなり左右されますので検証したりであっという間の週末でした。

今までを振り返り、
負けた次はロットを
さげるのと損切りがきちんと
できているのが大火事に至っていないし専業になりなんとかプラスに回れている事には成長を感じております。

しがないさんも
新手法の無事な滑り出し
おめでとうございます!

なかなか勇気あるご決断
ですが慎重な
しがないさんの事ですから
手応えがあったのですね。

常に進化する姿勢、また
影響をうけました。

未来永劫勝てる手法はないです。
自分もやっとものにしたこのやり方を
更に熟成させていきます。

で専業になってから
逆に人に合う機会が
ふえました。

もっと減るかなと思いましたが
時間あるのでご縁は大事にしたいと思います。

しかし周りに為替や
株をやっている人、
もしくは専業の方…

いないですね(笑)

そういう意味では孤独な稼業です。


なのでこの場が自分には
貴重でもあり
有難いです!

また来週頑張りましょう。
よろしくお願いします。

Re: No title

ありがとうございます。
初めで躓くと不安になるので、とにかく勝てて良かったです。

私もそういった経験は数え切れないくらいありますし、もはや日常茶飯事と言ってもいいくらいです(笑)
普通に負けるより、そんな風にトレードを躊躇した事によってチャンスを逃した時の方が、遥かに悔しいんですよね。

ポノさんは、今月はかなり良い感じなんですね。
お互いこの調子を維持できるように、頑張りましょうね。

Re: 今週は…

今週は、苦しみながらもなんとか凌いだって感じなんですね。
悪い流れの時は、我慢強く辛抱するのって大事だし、上手くいって良かったですね。

ありがとうございます。
確かに随分思い切った事をしたかもしれません(笑)
上手くいくか不安だったんですが、一応利益を出せたのでホッとしました。

充実した専業生活を送っておられるようで何よりです。
専業になってから、むしろ人と会う機会が増えるとは、ちょっと意外です(笑)
でも、プライベートはかなりハッピーなようですし、このままトレードで稼ぎ続けられれば最高の人生になりますね。

貴重と言って頂けるなんて、凄く光栄です。
こちらこそ宜しくお願いします。

No title

しがないさん、ありがとうございます。
しがないさん程の方でもトレードを躊躇したりするとの事、励まされます。
きっとしがないさんは新トレード手法を実践される迄には相当準備をされていたんでしょうね。
私も新トレード手法を考案中ですが、後悔しない準備を心掛けたいと思います。
また良い報告ができるように頑張ります。
報告できる場があるというのはありがたいです。
急に寒くなりましたがご自愛ください。

No title

しがないさん。こんばんわ
しがないさんはポンド円扱っていなかったんですね!
意外でした。 いまの動きをみれば先見の明はさすがですね。
私は翻弄されまくりました。

黒田さんは やるべき事はやっているとおもいます。
その後に訪れる崩落は、もう避けられない。どうせ落ちるなら今のうちに山は登っておいたほうがいい。こういう判断できる日本人って貴重だと思いますが。
その後のことは誰のせいでもないし、日本の運命なのかなと。
日本人として無責任のようですが。そのように考えます。

逆にBCBのような 秘密裏で小出しのやり方は絶対うまくいかないとおもってしまうのです。ロシアとイギリスの距離のとり方、ドイツのくすぶり。このあたり短期的にどのような解決策を出してくるとおもいますか?

トレーダーとしては、こないだの上昇で勝とうが負けようが、「相場環境はあの日から変わった」 という認識をもてるかどうか、ですよね。

*委託介入についてはこちらに簡単な説明がありましたので、もしよろしければ。↓
http://www.fxciao.com/fx-beginner/fx-kiso/1171/
だいたい首脳クラスが外遊しているときに行われているらしいです。

Re: No title

ポノさんは私を買いかぶり過ぎです(笑)
私はトレードの才能は全くないですし、目先の利益よりも長期的なビジョンを追及してきたお蔭で、なんとかやれてるだけですから。

『はい。メチャクチャ準備したんですよ』と言いたい所ですが、実際には、それほどでもないかもしれません(笑)
今はテクニカルよりもファンダメンタルズの重要性がどんどん増してるので、とにかくシンプルなトレード手法を心がけたんです。

ありがとうございます。
良いご報告をお待ちしております。

Re: No title

こんばんわさんは、介入の仕組みを誤解しておられるのではないでしょうか?

介入の権限を有してるのは、あくまでも財務省なので、日銀は、財務省の指示に従ってる実行部隊に過ぎないんです。
なので、日銀が勝手に介入する事はないですし、海外の中央銀行や大手金融機関が介入する場合も、日銀ではなくて財務省の代理なんです。
介入実績は、財務省のホームページで見れるので、よかったらご覧下さい。
ずっとゼロになってるはずです。

こんばんわさんは、『黒田総裁が金融機関を使って介入してる』というニュアンスの事を仰ってたので、『委託介入が行われてるなんて初めて聞いた』という表現を使いました。
反論っぽい返事になるのを躊躇してしまったんです。
すいません。

それと、『このあたり短期的にどのような解決策を出してくるとおもいますか?』と質問されてますが、ECBもこっそり介入してると仰ってるのでしょうか?
ECBも介入すれば公表するので、それはないと思います。

PAGETOP