GBP/JPY
① -20.6
➁ -23.3
➂ +30.5

1勝2敗 -13.4pips

EUR/USD
① +13.1
➁ -7.5
➂ -5.0
④ -9.1

1勝3敗 -8.5pips


FX

11月からユーロドルで採用してる新トレード手法は、これまでの所は5週連続プラスだったし、『このトレード手法は相当良さそうだ』と少し調子に乗ってたんですが(笑)、ついに連勝がストップしてしまいました。

しかも、ポンド円も荒い値動きに振り回されて、私にしては大きな負け(20pips以上)を2度も喫してしまったし、週を通してずっと劣勢だったので、精神的にも厳しかったです。


ただ、昨日の夜の時点では相当テンションが下がってたけど(笑)、今週は感覚がサッパリだったから、どんなトレード手法であってもどうせ勝てなかったし、今はもう完全に開き直ってます。

流れが悪い時に無理をすると、さらに深みにハマるし、『全てを受け入れる。開き直る』という考え方も、勝ち続けるFXトレーダーになるための大事な要素ですから。

私も昔は、『ストップを付けた直後に反転』みたいな負け方をすると、ずっと根に持ってたんですが(笑)、全てを受け入れるようになってから、それなりに安定して利益を出せるようになりましたからね。


でも、今週の結果は残念だったけど、ポンド円とは今年限りだから、今は英国のファンダメンタルズをあまり勉強してないんですが、このお陰で最近は余裕があるんです。

BOEは他の中央銀行とは違って、総裁の権限が弱くて委員の力関係が対等だから、9人全員チェックする必要があるので、英国の金融政策の方向性を勉強するのはかなり大変ですから。

だから、来年からMPCメンバーの発言をフォロ-しなくて済むと思うと、ついニヤけてしまうし(笑)、この余裕が、ユーロドルのパフォーマンスに良い影響を及ぼしてくれると嬉しいですね。


まあとにかく、このまま負のサイクルに入ると嫌な気分で新年を迎える事になるし(笑)、来週は何としても良い結果を残したいです。

ただ、今の為替相場はリスクオフっぽくなってるし、こういう時は金融政策を無視するので、ファンダメンタルズを重視してシナリオを描いてる私にとっては、厳しくなるかもしれません。


不透明感が増す円相場

12月は絶好の暴落シーズンでも書いた通り、『今年は2005年に凄く雰囲気が似てるし、ドル円は10円レベルの暴落があるかも』と私は考えてました。

実際にリスクオフっぽい動きになってきたし、もしかしたら暴落するのかもしれないけど、ただ、私が描いてたシナリオは、『選挙後に大暴落』だったから、今週の中途半端な急落によって予想とは違う展開になってるので、正直言って円相場がこの先どう動くかよく分かりません(笑)


だから、あえて主張する事は特にないんですが(笑)、でも、クリスマスに向けて流動性がどんどん低下するのは間違いないし、『押し目買いのチャンスだ!ロットを倍にして攻めるぜ!』といった強欲な考え方をしないように気を付けて下さい。

感情的になって、『シナリオと戦略をキッチリ描いてからエントリーする』というトレードの基本を無視すると、必ず痛い目に遭いますから。


Structural reform or Die

これはFXのブログだから政治はあまり語りたくないんですが、ただ、質の低いメディアや評論家が作り上げた常識に捉われてる人があまりにも多いので、私が考えてる事を少し書いてみます。


自分で言うのもなんですが、私はこれまでに、常識を覆す考え方やトレード理論をいくつも披露してきたと自負してるし、おそらく、このブログの読者の方は私の事を、『変わった奴だけど、妙に鋭い所もある』という風に感じてると思います(笑)

私が普通の人と違った考え方をするのは、育ってきた環境が一番大きいのかもしれませんが(笑)、実はそれ以外にも理由があって、『地球の未来・人類の未来について、一日たりとも欠かす事なく考えてるから』なんです。


そして、こんな風に毎日未来について考えてると、『未来が見えてくる』だけではなくて、『未来を死ぬほど考えてる人』もすぐに見抜けるようになるんですよね。

だから私は、孫さんに同じ感覚を感じ取ったので、ソフトバンクに集中的に投資してるんですが、実は政治の世界にも、未来を死ぬほど考えてて、しかも、その描いた理想の未来を実現させる、圧倒的パワーも兼ね備えた政治家がひとりだけいるんです。

その政治家とは、維新の党共同代表・橋下徹です。


橋下さんは、府知事時代に自らの給与を3割カット、大阪市長になってからも給与42%・退職金81%カットしてるんですが、それに加えて、2011年の統一地方選挙で府議会の過半数をとると、ソッコーで議会定数を2割削減、さらに議員の給与も3割削減したし、徹底的に構造改革をやったんです。

その結果、ずっと赤字だった大阪府の財政を、増税を一切せずに黒字に転換させたんですが、ただ、コストカットばかりではなくて、例えば大阪市では、子育て・教育の予算を5.5倍にしたし、無駄を省いて出てきた財源を、必要な所にどんどんつぎ込んでるんですよね。

もちろん、これだけの改革をやっても、日本経済全体の下落トレンドに大阪だけ抗うのは不可能なので、明らかに景気が良くなったとは言えないかもしれないけど、地価上昇率のTop3を大阪市が独占してるのは、間違いなく構造改革の成果でしょう。


ただ残念ながら、橋下さんは今回は出馬してないので(大阪都構想を実現しないと改革は完了しない)、明日の選挙で国を変えれるわけではありません。

でも、日本は仕組みが腐り切ってるから、大阪でやってる構造改革を全国でもやらないと確実に死ぬし、特に子供がいる人は、『自分さえ良ければいい』という考え方とは決別して、未来についてもっと真剣に考えて頂きたいです。


革命とは、『主役の交代』を意味するんです。

今の日本は本当に危機的状況なので、『腐った政治家・官僚・既得権益』から主役の座を国民に取り戻さないといけないし、そして主役の座を取り戻すために、『国民の立場になって考えられる政治家』を選んで、革命を起こすべきではないでしょうか?

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

今週は…

出入りが多い週でしたが
先週と同じく
なんとかプラスに回れました。


しかし自分はしがないさんと逆で
ユーロにここ数週やられてます…

ポンドは素直な動きで波に乗れて
ますがユーロは全敗でした。

ジグザグな動きで翻弄されてます。

ポンドには仰る様に
依存してられないのですが
結果がでてますし
検証考えますと悩んで
おります。

しかしこれも相場なので
ユーロが必ず
噛み合う時は必ず来ますので
今は我慢です。

ちなみに選挙行ってきました。

選挙場は以外に人が多く例年よりは
投票率上がるかもな印象でした。

選挙に一応、参加しましたが政治家には何も期待してないので
自分の身は自分で何とかしないとですね。


今、12月といえば自分は以前サービス業でしたが
一番の忙しい時でした。

それを横目にですが
淡々と残り少ない
今年の月日を感情に流されず
淡々と挑みます。

ちなみに泳げる様になったので
良かったです!

自分の事ばかりですみません〜


あーでもない、こーでもないと
また研修に費やします。

来週もよろしくお願いします。

Re: 今週は…

TAROさんはこの荒い動きに上手く対応されたんですね。
最近はユーロ円では苦戦してるみたいですけど、ポンド円は上手くいってるようですし、複数の通貨ペアを扱うメリットを享受しておられますね。
流石です。

ただ、通貨ペアの選択に関しては、流動性ではユーロドルがベストなのは間違いないとはいえ、TAROさんはクロス円と相性が良いようですし、色々難しいですよね。

政治家には全く期待していないとの事ですが、どうか次の衆議院選挙までお待ち下さい。
次の選挙で、必ず日本は変わりますから。

前職がサービス業でしたら、年末は比較的のんびり出来る専業生活との違いを実感するでしょうね。
泳げるようになって良かったですね。
スポーツマンにとっては、運動できないのは軽い拷問ですから(笑)

こちらこそ宜しくお願いします。

PAGETOP