GBP/JPY
① +3.9
➁ +28.5

2勝0敗 +32.4pips

EUR/USD
① +10.3
➁ -5.6
➂ +12.6

2勝1敗 +17・3pips


FX

今週はクリスマスWeekという事もあって、トレード時間が限られてたんですが、少ないトレード回数で効率良く稼げたし、この結果には凄く満足しています。

『現在の為替相場は、金融政策とリスクオフが綱引きしてる状態』と先週の記事で書いたけど、金融政策が見事に勝利を収めてくれたので、ファンダメンタルズを重視する私にとっては、マーケットの雰囲気を掴みやすかったんですよね。

だから、シナリオと戦略が冴えまくってたし、しかも、トレード手法も相場と相性が良かったから全てが上手くいったので、本当にラッキーでした。


これで12月の月間成績プラスは確実になったから、良い感じで1年を締めくくれそうなのでホッとしてるんですが、ただ、いよいよ来週からユーロドルに専念するし、それに加えて、トレード手法もピボットに変えるので、この良い流れは1度リセットされるかもしれません。

でも、ピボットのシンプルさはやっぱり捨て難いし、しかも、検証とはいえパフォーマンスも悪くなかったので、思い切ってピボット手法に変更します。


こんな事を書いてると、おそらくほとんどの人が、『長期に渡ってトレードしてたポンド円と決別して、しかも、そこそこ利益を出せてたトレード手法を捨ててピボットを採用するなんて、意味が分からない』と感じると思います。

確かに相当な無茶かもしれませんが、でも、変化を恐れてたら勝ち続けるFXトレーダーにはなれないし、短期的には収入が減少したとしても、10年ぐらいの長いスパンで見れば、必ず実を結ぶと私は確信しています。


2015年の見通し
① 円相場

ほとんどのアナリストが、『2015年も円安が進む』と予想してるようですが、私もその御多分に漏れず、円安相場が継続すると考えてます。

ただ、アベノミクス相場が始まってから2年以上も経つし、2015年も10円レベルの調整が1度もないまま、上昇トレンドが継続するとは思えません。


だから来年は、『ドル円・クロス円共にどこかで暴落する』と考えるのが自然だと思うんですが、でもその一方で、原油とルーブルが大暴落したにも拘わらず、2007年以来の高値に位置してたドル円が、大して落ちなかった事が少し気持ち悪いんですよね。

キャリートレード全盛期の頃の円安相場は、市場があれだけリスクオフっぽい雰囲気になったら、もっとパニック的な展開になってましたから。


おそらく、今は当時と違ってスワップを貰えないので、リスクをとる個人投資家が少ないから調整が浅かったんだろうけど、『すでに円安はコントロール不能』に陥ってる可能性にも、一応留意しておくべきかもしれません。

だから、意外にあっさり130円をつける気がしないでもないんですが、でも、為替相場は予測不可能だから突然リスクオフになるかもしれないし、押し目買いの誘惑に安易に乗ってしまう軽い男にならないように、注意して下さい(笑)


➁ ユーロドル

ユーロドルは相変わらず下落トレンド真っ只中なんですが、私は過去に、『ユーロドルは絶対に1.2を割らない』という記事を書いた事があるし、今でもユーロに対して超楽観的です。

ただ、楽観的だとは言っても、ユーロ圏の経済が突然良くなるとは思えないし、それに、QEも不可避な状況に追い込まれてるので、直ちにトレンドが転換するのは難しそうです。


でもその一方で、米国もPCEデフレーターが1.2%、CPIが1.3%まで低下してるし、このまま順調に、『利上げ』というゴールに辿り着けるとは思えないんですよね。

だから米国も、『年内にも利上げ』と散々騒がれながら、結局未だに利上げの目途が立ってない英国と同様の展開になって、その結果、来年のユーロドルは相当上がるのではないでしょうか?


新しい試みは必ず批判されるので、『ユーロは構造的に問題がある。いずれ崩壊する』と評論家に言われまくってるし、ユーロの将来に不安を覚えてる人が多いかもしれません。

でも、『単一通貨・ユーロ』という試みは、地球が目指すべき進化の方向性に完璧に合致してるので、ユーロ圏がますます発展するのは確実だし、もし私の見通しが間違っててユーロが崩壊したら、責任を取ってこのブログを閉鎖します(笑)


➂ 日本経済

このブログの読者の方はご存知の通り、私はこれまでに何度も、『アベノミクスは日本にとどめを刺す』と書いてるんですが、2014年はついにスタグフレーションに陥ったし、日本経済は順調に悪化しています。

でも、こんなのはまだ序章に過ぎないし、『既得権益ズブズブ男・安倍晋三』には構造改革は絶対出来ないので、これから本格的に、『異次元不景気』を実感する事になると思います。

庶民には優しかったデフレとは違って、スタグフレーションは生活にモロに影響しますからね。


ただ、先日の総選挙で自民が300近い議席を得た事からも分かるように、未来を予測して、先回りして考えられる人は少数だし、とことん悪くならないと殆どの人は気付かないので、日本経済の悪化を私はむしろ歓迎しています。

Structural reform or Dieでは、『革命とは主役の交代を意味する』と書いたんですが、革命は常に貧困から生まれるし、絶望的なくらい経済が悪くならないと、国民は本気にならないんですよね。

だから、とことん悪くなれば政治に関心を持つようになるだろうし、そして政治を真剣に勉強する人が増えれば、1943年に東京市を解体して東京府と合併して、東京都を誕生させた時以来で、しかも、日本の歴史上初めて、『民主主義』によって統治機構を変えようとしてる橋下徹の偉大さが、もっと理解されるはずですから。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しがないさん今晩は。
クリスマス相場で利益を出すとはさすがです。
私はもう本格的なトレードは年内終了しました。
取引単価を最小に引き下げて手法確認の様なトレードをしていました。
本当は子供たちと遊びまくる予定だったんですが、
予定外に熱を出してしまって外出できなくなったので
手法確認トレード実行、と言う感じです。

色々確認していて気が付いた事がありました。
私はポンドドルでデイトレ。
ユーロ円でスイングなんですね。
11月はユーロ円のスイングが成績が
良かったのですが。
結局ボラが高い場面が多くて一方的な上昇場面が多かったから何ですね
私が過去に一番長く取引に使用していた通貨はユーロドルなんですが、いい加減獲得pipが伸びなかった時にユーロ円
に変えて利益が伸びたんです。
ユーロ円が伸び悩んだ時にポンドドルに切り替えてやはり利益が伸びているし。
切り替えた時って必ず長期足でレンジ気味の相場から
トレンド気味の通貨に変えているんです。
レンジでボラが高い時もありますが。
トレンドでボラが高い方が稼ぎやすいのは自分の手法では間違いないと思うし。
同一通貨でデイトレをしていても比較的楽に稼げる日はボラが高い日ですし、
ボラが低い日は苦戦してるか、そもそもトレードをしない日もあります。
そこで私は一度に複数通貨を監視できないしトレードは出来ないのですが、
トレード候補を3~4通貨に絞って、その時に一番
ボラリティの高い通貨を選択してトレードしてはどうだろう?と考えたんですね。
私はMT4を使ってトレードしているのでボラをデジタル表示してくれる物を装備しています。
一時期MT4のバージョンアップでこのデジタル表示が使えなくなった時に獲得pipが落ちた程、私には重要なインジケーターなんですね。
それほどボラの数値をデジタルで見れるのは私的にはトレードの生命線です。
チャート見て数値確認だけすればボラが高いのが分かるので、複数通貨見て、一番ボラが高い通貨だけトレードすれば迷わないし、これはありじゃないか?
と思ったんですね。
クリスマス相場でしたが、年末で値動きがおかしいし
、確認作業しながらと思って、これを試したんです、
実際試したのは22日と23日で選択したのがドル円でしたが、良い感じにトレード出来ました。
取引単価も下げていたので緊張感も無くトレード出来たんですが、私はドル円は殆どトレードした事が無いのですが、これは試す価値ありと思いました。
年明けから試していこうと考えています。

ところで、ここでしがないさんに質問です。
来年からしがないさんはユーロドルに専念すると宣言していますが。
ポンドドルもそうですがユーロドルもトレンドとレンジが結構ハッキリと分かれると私は感じています。
デイトレでトレードするレベルでのトレンドも結構長く続くけどレンジも長く続くと思います。
レンジがキツイと極端にボラが低くて、チャンス自体が無いと言う場面も多いと思います。
ポンドドルで私も1日トレードをしないで終わる日もあるので、ユーロドルでも同じような日があるのではないか?と思います。
そうなってくると収益のバランスが悪くなると言うか?安定性が崩れるのではないか?と言う風に感じます。そこら辺は、しがないさんはどう考えているのでしょうか?
又、しがないさんはボラリティは意識しているのでしょうか?
意識しているのであれば、どのようにボラを判断しているのですか?
私は複数通貨を一度にトレード出来ないですし。
レンジ相場なりの稼ぎ方も備えていますが、ボラが低ければトレード自体が出来ません。
その補てんでユーロ円のスイングがあります。
スイングなのでチャンスない時は全然ないですが稼ぐ時は稼げます、
月間ではたいした効果無い事は多々ありますが年間で考えると結構な効果を発揮してくれます。

ユーロドルのみに専念した時、1通貨に専念するのは精度が上がると思うので良いと思いますが。
トレードチャンスが少ない事が続く時はどうするのだろう?と素朴な疑問を抱いたので質問させていただきました。
宜しければ回答頂ければ幸いです。
しがないさんは年内残り数日トレードするのでしょうか?
もしそうであれば、良い年末トレードを頑張って下さい。

先週までのボーナスタイムが嘘のようなEUR/USDで17pipsはすごいですね。

Re: No title

ありがとうございます。
幸運にも、上手く勝つ事が出来ました。

『3~4くらいの通貨ペアを監視して、ボラがあるものを選ぶ』という考え方は、なかなか面白いかもしれませんね。
すぐ感情的になる人には向かないかもしれませんが、お父さんは、しっかり待つ事の出来るトレーダーですし、チャンスが来た通貨ペアをエントリーするのは悪くなさそうです。

仰るとおり、ユーロドルだけになると、トレード回数は確実に減少します。
今週から採用してるピボットは、エントリーの機会はあまり多くないですし。
でも、私は性格的に、チャンスが来るまで待つスタイルが合ってるので、トレード回数が減っても構わないと考えてるんです。

ただ、こういった考え方が出来るのは、もし全く稼げなくても数年間は食べていけるだけの貯金があるからですし、それに、『独り身だから自分の生活費さえ稼げればいいから、目先の利益を追い求める必要がない』というのが最大の理由です。
なので、私がもし、お父さんのように家族を養う立場だったら、『10年ぐらいの長い目で見てる』なんて悠長な事は言ってられないですし、ユーロドルに専念するという判断は絶対にしてなかったと思います。

それとボラに関しては、基本的には、もし低下したら仕方ないと思って諦める事にしてるんですが、ただ、あまりにも長引くようなら、ロットを大きくする事によって、収入を確保するつもりです。
ユーロドルを選んだのは、『一番流動性があるから、ストップを吹き飛ばされる確率が最も低いから』ですし、実は、ボラが低下する事も計算に入れた上での判断なんです。
主要通貨ペアであれば、致命傷を負うほどストップが飛ばされる事はあまりないんですが、万が一のリスクにも備えるべきだと私は考えてますし、最も流動性がある通貨ペアだと安心ですから。

私は年末年始に関係なく、相場が動いてる日はいつも通りトレードしてるんですが、ただ、大晦日だけは休むつもりです。
お父さんは私と違って、慌ただしい日々になりそうですけど、お子さんの具合が早く良くなって、残りのホリデーシーズンを満喫出来るといいですね。

Re: 凪

ありがとうございます。
ただ、人によってボーナスタイムは異なりますし、大事なのは勝ち続ける事ではないでしょうか。

ありがとうございます

しがないさんこんばんは。
解答ありがとうございます。
しがないさんに面白そう、悪くなさそう、と言われると嬉しくなります。
ありがとうございます。
どの通貨もそうですが、ポンドドルのレンジがきつくてトレード出来ない時が長く続くと結構精神的にキツイんですね。
夕方以降の相場の一番動く時間帯に私はトレードしていないので、それなりの動きの時に収益を確保できていないと、やはり焦りは出てきますし不安になります。それがトレードに悪影響を及ぼす事もあります。
その打開策としてボラのある通貨を選択と考えました。
通貨はポンドドル・ユロドル・ユーロ円・ドル円と考えています。
MT4で取引してるとスプレットが比較的広いので、その中でも比較的狭くて値動きのあるものを選択しています。それでもスプレット3pip程ありますが。
ボラが低下した場合ロットを上げて収益を確保と言う事は、私には非常に難しい事なので感心します。
私は、どうも臆病ですね(笑)

今年はしがないさんに色々質問させて頂きました。
本当にありがとうございます。
良い年越しを。
ありがとうございます。

Re: ありがとうございます

いえいえ、そんな風に言って頂けると、私の方こそ嬉しくなります(笑)
お父さんの方が、FXトレーダーとして私なんかより遥かにレベルが高いのに、上から目線のコメントばかりしてすいません。

私もロットを大きくするのは怖いんですが、でも、トレード回数を増やす方がもっと苦手なんです。
なので私からすると、お父さんの積極性が羨ましいです。

こちらこそありがとうございます。
お父さんは私と違って、多くのものを背負ってるから大変だと思うんですが、2015年もお互い頑張りましょうね。

PAGETOP