EUR/USD
① +49.7
➁ +27.0
➂ -18.0
④ +38.2

3勝1敗 +96.9pips

FX

先週の記事で、『米国の平均時給の大幅低下によって、ユーロドルは一旦レンジかも』と書いたんですが、土日に目新しい材料が出なかったので、素直にシナリオに沿って、月曜はショート&ロング戦略を採用したんです。

すると、いきなり往復でガッツリ獲れたので、今週は大満足の結果を残すことが出来ました。

だから、今年からポンド円と決別して、通貨ペアはユーロドルだけになった中で、いきなり100pips近い利益を出せるなんて夢にも思わなかったので、毎回予想とかけ離れた数字が出る、豪州の雇用統計ぐらいの衝撃を感じております(笑)


ただ火曜日以降は、私が考えてたよりもユーロドルは軟調だったし、それに加えて、SNBがペッグを撤廃した事によって予想外の急落に見舞われたので、全てが順調だったわけではありません。

でも、週を通して見れば、『シナリオと戦略、ピボット手法』の3つの要素が上手く機能したし、先週ノートレードだった事による自己嫌悪に苛まれながらも(笑)、チャンスが来るまで辛抱した甲斐がありました。


それと、もしかしたら今週の好成績を見て、『ピボットって良さそうだな。俺も試してみようかな』と思った人がいるかもしれないので一応断っておきますけど、今は幸運に恵まれてるだけだし、いつもこんなに上手くいく事は絶対に有り得ないので、誤解しないで下さい(笑)

私はサポートとレジスタンスで機械的にトレードしてるわけではないし、ファンダメンタルズでシナリオと戦略を描いて、エントリーに厳しいフィルターをかけてるお陰、それなりに勝ててるんですから。


例えば、先週は強い下落トレンドだったので、もし機械的にトレードしてたら、サポート①でエントリーする度に負けてましたからね。

だからピボットを採用するなら、ファンダメンタルズを死ぬほど勉強する必要があるし、この努力を厭うのであれば、ピボットは止めた方がいいと思います。


SNBが、『ユーロスイスの1.2防衛ライン』をついに撤廃

皆さんご存知のとおり、今週は為替相場で大事件が起こりました。

私は、Don't touch スイスフラン!という記事を書いた事があるし、スイスフランにはいずれこういう事態が訪れると考えてたので、『ついに共産主義的手法を諦めたか』という程度だったんですが、驚いた人が多かったかもしれませんね。

でも、私は上記の記事だけではなくて、『スイスフランは危険』と何度も警鐘を鳴らしてたので、このブログの読者の方はある程度想定してただろうし、私の警告によって命拾いした人がいたら幸いです。


ただその一方で、今回の値動きは強制ロスカットで済むレベルではないし、しかも、SNBが1.2防衛ラインを宣言して以降、『1.2は絶対割れないからな。安値を拾ってれば永遠に勝てるぜ!』という愚かなトレードをしてる人がたくさんいたので、相当な数の個人投資家が破産したと思います。

2時間で1100pipsの暴騰だった当時ですら、追証になった人が続出したんだし、『20分で4000pipsの暴落』は防衛ライン導入時の破壊力を遥かに超えてますから。


私はこれまでに通貨のリスクだけではなくて、エントリー直後にストップを入れない人には、FXをやる資格がないや、ハインリッヒの法則と、FXトレーディングといった記事で、FXトレーダーが心掛けるべきリスクについて、何度も熱く語ってきました。

ただ残念ながら、リスクを察知して先回りして考えられる人は少ないので、多分ほとんどの人は、『しがないさん、あんたリスクを意識し過ぎだよ。そんなに怖がってたら投資なんて出来ない』と感じてたと思います。

でも今回の一件で、『リスクを極限まで軽減すること』の重要さをご理解頂けただろうし、『テクニカルかファンダメンタルズか』という議論がいかに無意味で馬鹿げたことか、実感されたのではないでしょうか?


結局の所、ファンダメンタルズとテクニカルは並び立つものではないし、勝ち続けるFXトレーダーになるには、ファンダメンタルズの方が圧倒的に重要なんですよね。

どれだけチャートを分析しても、こんな破壊的な値動きは絶対に予測できないですから。


いずれにしても、この相場をリアルタイムで見た人は、物凄く貴重な経験をしたわけだし、絶対に一生忘れないで下さい。

こんな事は出来れば言いたくないけど、今回退場した投資家の大多数は、『FXのキャリアが浅くてペッグを知らなかった人』ではなくて、『ペッグ導入時の値動きを知ってたにも拘わらず、目先の利益に捉われて、ユーロスイスの逆張りロングをやり続けた強欲な人』ですから。

リスクに対して高い意識を持って相場と接してれば、この結末は容易に予想できるし、経験から何も学ばない人は、いつか必ず痛い目に遭うんです。


来週のユーロドルは難しい

いよいよ来週の木曜日に、ユーロトレーダー注目のビッグイベント、ECB理事会が開催されるんですが、ノット・オランダ中銀総裁が、『ドラギはメルケルにQEの計画をプレゼンした』と発言したみたいだし、QEはもう確実だと思います。

すでにECBではQE賛成派が多数を占めてるし、それに、もし確報値が前年比+1%ぐらいまで上昇すれば、ドイツの反論材料にされる可能性があったユーロ圏CPIコアが0.7%に留まった事や、司法から正式にゴーサインが出た事もあって、QE導入への外堀は完全に埋まりましたからね。

しかも、SNBがこのタイミングで1.2防衛ラインを撤廃したのは、ECBから、『俺ら来週QEするから、もう諦めた方がいいよ』と言われたと考えるのが自然ですから。


ただ、QEがほぼ確定だとしても、SNBがペッグを止めた事が、ユーロに及ぼす影響を私はまだ見通せないし、それに、今はいくつもの材料が複雑に絡み合ってるから、ユーロドルが単純な下落トレンドになるとは思えないので、来週はどんな動きになるのか予測し辛いです。

だから、シナリオを描きやすかった今週とは違って、来週は相当難しくなりそうだし、もし方向感が読めなかったら、無理してトレードしないつもりです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しがないさん、スイスフランについての記事ありがとうございました。
スイスフランは初心者だった数年前に5,6回試した程度で取引しなくなった通貨でした。とはいえ、こんな事も起こるのか、と戦慄が走る思いでした。
しがないさんはブログで暴落時の取引で負う負債ですとかスイスフランへの警鐘として何度か書かれてましたが現実のものとなってしまいましたね。


今週は大幅増おめでとうございました。
でも本当に凄いと思ったのは先週のノートレードです。専業でチャートを見ているのに何もしないというのは相当な忍耐力が必要だと察します。先週の辛抱が見事に実を結びましたね。

因みに私は1月5日、1月6日で100pips取りました(^^♪相場からのお年玉ですね。でも1月2日のトレードで50pips損失してます。。。それ以降のトレードは30pips位取れてもLimitに届かず0closeで終了が数回という感じで大体いつも通りの雰囲気です。とはいえ、しがないさんに以前ご指摘頂いたとおり、私の手法には結構リスクがあります。
今回のスイスフランの出来事で非常〜〜に考えさせられました。
今後は毎日発表される経済指標だけではなく長期ファンダメンタルも注視していきたいと思いました。

No title

はじめまして、一年ほど前からブログ読ませていただいております。私は株一本なのですが当時FXに関しては未経験でやろうかなと思って情報を求めてブログ巡回してて此方に辿り着きました。勤め人時代は色々制約があったので実質できなかったのです。

種目は違えど投資への考え方がちょっと似てて参考にさせてもらってます。今日コメントさせてもらったのはスイスのどや記事待っていたんです(笑)この一報が入ったとき私は日経先物をやっていたんですが、なぜかしがないさんが浮かびました。私の中では『スイスフラン危険=このブログ』なんで(笑)

私は助かった読者の一人かもしれません。まあ今現在もFXはやってないんですけどね。「わからんものはやらない、やるなら徹底的に調べる」ってのがモットーなんで、結局まだ手が出ません。ドル円くらいはやってもいいかなとは思ってるんですが、ビビリなんでやってもちょろ吉だろうなあ。

今回私もこのクラッシュを回避できました。先物売で少しお小遣い。生き残っていることはそれ自体価値があることなんですが、次のステージとして市場クラッシュをいかに収益に結びつけることができるかってのが課題です。天災で儲けようとかそういう意味じゃなく、いかに立ち回るか、事前にどう備えているか、こういうときはいつも考えるんだけど平穏な時間が訪れると忘れるわけではないけど気が緩んでしまいます。

引き続きこっそり読ませていただきます。次は場苦役報告ですかね。長々と失礼いたしました。

No title

スイスフランについては本当にしがないトレーダーさんのおっしゃる通りだと思います。
恥ずかしながら、僕はこのブログを見るまでこの件については知りませんでしたし、それ以前はスイスフランの取引も少しだけしていたので、そういう時にこの流れに巻き込まれていたらと思うとぞっとします…

ドル円は昨年末のボーナスステージが終わってファンダメンタルズだけで方向を予測するのが難しくなっているので、最近はテクニカルの重要性も感じているのですが、それでもやはり背骨になるのはファンダメンタルズだと思いますし、ファンダメンタルズ的な値動きの背景を知っておくのは重要なんだな、と改めて感じました。
やはり、僕がドル円以外に手を出すことは当分なさそうです(笑)

Re: No title

ポノさん、お久しぶりです。
スイスフラン凄かったですね。
防衛ラインを宣言した時の、1/6の時間で4倍動いたという事は、24倍の破壊力だったという事ですから。
FXトレーダーはテクニカルに夢中になる傾向があるので、ファンダメンタルズは軽視されがちなんですが、実は政治リスクが一番怖いので、やっぱりファンダメンタルズは必須だと思います。

ありがとうございます。
専業で1週間ノートレードは精神的に相当きついですし、凄く嫌な気分になってたんですが、今週の結果によって報われました。

ポノさんも、良い感じで2015年のスタートを切れたんですね。
リスクを意識し過ぎると、短期的には利益が減るんですが、でも、大事なのは長期的に勝ち続けられるかどうかですし、出来るだけリスクを軽減する事に、是非務めて下さい。
この調子を維持できるといいですね。

Re: No title

参考にして下さってありがとうございます。

私は、実はこのブログをFXブログとは捉えてなくて、『投資家とはどうあるべきか?』をテーマに記事を書いてるんです。
なので、一匹蝗さんのような、ジャンルの違う投資家の方に参考になると言って頂けると、凄く嬉しいです。

相場の事を熟知しておられるようですし、私みたいな者がコメントするなんて厚かましいとは思うんですが、「わからんものはやらない、やるなら徹底的に調べる」というモットーは素晴らしいと思います。
この考え方は相場の世界の基本中の基本ですけど、この基本に気付いて、しかも実践できる人って、なかなかいないですから。

それにしても、私がドヤ記事を更新する事を予想してたとは(笑)
やはり、投資の考え方が似てると、心理まで読まれてしまうんですね(笑)

こちらこそ宜しくお願いします。

Re: No title

いやいや、恥ずかしながらと仰いますが、私がZSBさんと同じぐらいのキャリアだった頃は、ファンダメンタルズの勉強なんて形式的なものに過ぎなかったですし、すでにファンダメンタルズの重要性に気付いてる時点で相当凄いと思います。

確か初めてコメントを頂いた時、まだ3ヶ月と仰ってたと思うんですが、これはお世辞とかではなくて、真剣に驚いたんです。
3ヶ月でファンダメンタルズの重要性に気付くなんて、ちょっと信じられなかったので。
私なんて、メチャクチャなトレードしてましたから(笑)

仰るとおり、ファンダメンタルズは方向性を描くのには有効ですけど、エントリーやストップの目安も必要なので、実際のトレードにおいてはテクニカルも大事です。
ファンダメンタルズとテクニカルを組み合わせた、独自のトレードスタイルが見つかるといいですね。

それと、ドル円はユーロドルに次ぐ、『二番目に安全な通貨ペア』ですし、突き詰める価値があると思います。

助かった1人です

一時期、ユロスイ1.2戦法とか言って定期的にトレードしてた事がありました。
安全だと思ってたんですが、しがないさんの記事を読んで、むしろ一番やばそうだってのが良く分かって、スイスフラン絡みは二度と手を出さないって決めたんです。
かなり説得力がありました。
今回の動きを見て、ゾッとしましたよ。
ありがとうございました。

先週ノートレード、今週で1ヶ月分近くのpipsを稼ぐ、ってベテランらしいですね。
普通、できないですよ。

Re: 助かった1人です

モル作さんも、以前ユーロスイスをトレードしてたんですね。
今回の記事はかなり厳しい事を書いたので、嫌な気分にさせてしまったかもしれません。。。

でも、モル作さんに助かったと言ってもらえた事によって、ブログ運営方針に自信を深めました。
私は、『正論は、最後には必ず認められる』と考えてますし、未来の犠牲者を救うために、このスタイルをこれからも貫こうと思います。

ありがとうございます。
今週は私にとっては分かりやすかったので、上手く勝つ事が出来ました。
ただ、今後の値動きのイメージが沸かないので、来週は苦戦しそうです。

いえいえ

あの記事を読んでなかったら、スイ円ショートとかして、すっぽんぽんになってた気がします。
ああいう時ってスプレッドも無茶苦茶広がるし、恐ろしいですね。

先週もプラスで終われました。
しがないさんのブログ読むようになって、とにかく安全第一ってのと、テクニカルは当たるも八卦だ的な感覚を叩き込まれて、かなり好成績です。
何ていうか、テクニカルを重視しつつ信用しない、みたいな感覚は説明しづらいんですが、かなり核心だと思います。
結局トリガーというか燃料はファンダメンタルですからね。

私は一目均衡表+平均足+トレンドライン、って感じなんですが、正直何を使っても支障ないと思います。

Re: いえいえ

ありがとうございます。
そう言って頂けると凄く嬉しいです。

そうですね。
相場の世界では、前のめりになるとロクな事がないです、テクニカルは重視しつつ信用しないという姿勢は大事ですよね。

それに、仰るとおり、どのテクニカルを使っても、パフォーマンスには大差ないと思います。
大事なのは、『感覚によって相場の雰囲気を読み取り、エントリーにフィルターをかける作業』ですし、そして、その感覚を養うには、ファンダメンタルズが一番有効なんですよね。

チャートだけだと、先週のスイスフラン大暴騰みたいな事件は、絶対に予測出来ないですから。
なので、勝ち続けるためには、やはりファンダメンタルズが必須だと思います。

No title

しがないさんご無沙汰しています。
スイスフランは凄かったですね。
ユーロドルのトレード好調で良かったです。
私は結局年明けからデイトレはドル円
スイングがポンドドルに落ち着きました。
結局ドル円のボラが高いのもあるんですが。
ポンドドルのデーター調べていたら長期足のトレンド発生した場面は大きく取れてるんですが。
それ以外は苦戦してたりトレード出来ていなかったりが多かったんです。
元々短期足でチャート見てると髭が多く出るのがポンドドルなので強いトレンド以外は苦戦する事が目に見えていると言えばそうかもしれないんですが。
そこでボラがある通貨は選ぶけどポンドドルはスイング専門にしました。
デイトレでもどの通貨もボラが高いのでスプレット狭いドル円のみになってるのが現状です。
ポンドドルのひねくれた動きを経験しているのでドル円の素直な動きが非常にトレードしやすくて、チョット今の自分は過去に無い位稼いでいます。
年間通してどうなるか分からないので稼げる時に稼ごうと今結構必死です(笑)
昨日オバマ大統領がイスラム国打倒を表明しました。
戦争リスクは為替に対してどう影響するか?不明な点が多いので私は予想も予測もしませんが。

突発的なニュースには注意しようと思っています。

お互い頑張りましょう

Re: No title

お父さん、お久しぶりです。
初めで躓くと挽回するのって苦労しますし、良いスタートを切れてホッとしています。

2刀流戦法が上手く機能してるんですね。
過去にないぐらい稼いでるなんて、羨ましいです(笑)
今はボラもあるので、トレード手法がハマれば大きく稼げますし、それに仰るとおり、稼げる時に出来るだけ稼いでおくのは大事ですよね。

ただ、今すぐ何かが起こるというわけではないですし、それに、お父さんなら大丈夫だと思うんですが、2~3年ぐらいの長い目で見ると、ポンドドルの週またぎは少し危険かもしれません。
スイスのような愚かな事をする可能性はほぼゼロとはいえ、現在の英国は、共産主義的な考え方が台頭してきてるので、政治リスクが高まってますから。

イスラム国と米国の問題は、為替にはそんなに影響ないと私は考えてます。
米国が地球唯一の、『超大国』の時代は終わったので、国連の決議を無視してイラクに侵攻した時のような、勝手な行動は出来なくなってますから。
断言は出来ないですけど(笑)

はい。お互い頑張りましょうね。

No title

しがないさん今晩は。
確かに週をまたぐのは危険ですね。
ただ私今はポンドドルは自己資金殆ど使って無いんです。
私は複数の口座を持っていますがチャートはMT4を使うので国内と海外を持っています。
それでXEMarketsの口座を使っています。
ここに2つ口座を持っていますが、その一つを使って
スイングしています。
ここ口座に入金したりトレードするたびにXMポイントってトレードだけに使える資金をくれるので最初の頃デイトレとスキャルでこれを貯めたんです。
これでトレードしてます。
さすがに本物の現金を全額卸すわけにいかないので数万円は口座に入れていますが。
資金の殆どはXMポイントです。
スイング自体大きいロットでしないと言うか私は出来ないのでXMポイントで十分なんですね。
それにこの会社0カットなのでスイスの様な事起きてもマイナス残高になりません。
表示上マイナスになる事ありますが、連絡したらすぐ解消してくれます。
今回もマイナス残高表示になった人はマイナスを解消しましたとメール連絡が来ました。
今回のスイスの様な事想定したわけではありませんが。週をまたぐ時は何が起こるか分からないので、その対策です。
個人的にストップを越える損失が発生するなら、本物の現金は限りなく少ない方が助かるので、そうしています。
利益がでたら利益分はさっさと出金してしまいますし。
リスクは最小限にしてるつもりです。
この会社入金ボーナスやポイントが大盤振る舞いですが、いつまでやるのか分かりませんが使えるうちは使おうって感じでいます(笑)
リスク最小限でトレードしてる間に私のトレード技術が上がればより良いですしね。

戦争は確かに米国の、『超大国』の時代は終わったとは思うのですが、今回オバマさん有志連合を率いてってコメントに入れていたし、フランスの事件もあるので結構欧州連合も多数参戦かな?と思ってるし
私は最近の国連自体の力も疑問視してるんですね。
結局国連と言ってもそれぞれ自国の利益優先はなので
これだけ世界的に問題になれば米欧も動くだろうし。
動かなくて911みたいなテロが発生したら、やはり
心配だし。ただ戦争やテロは結果でしかニュースは入らないので指標と違って発表日時が決まっている訳ではないから、為替相場でおかしな動きをしたら取り合えず速攻損切りしておこうって事を頭の片隅に置いておくつもりです

Re: No title

なるほど。
リスクに厳しいお父さんの事ですから、スイングに臨むにあたって色々対策をしてるんだろうなとは思ってたんですが、やはり流石です。
トレードの才能だけではなくて、こんな風にリスクもしっかり意識してる事が、お父さんが勝ち続けてる要因なんでしょうね。

仰るとおり、戦争やテロの可能性は常に存在しますし、頭の片隅に入れておくのは大事ですよね。
予め準備しておくと、迅速に対応できますから。
私はこれまで、中東情勢をあまりリスクとして捉えてなかったんですが、専業に加えて独り身だから時間だけはたっぷりあるので(笑)、もっと深く勉強してみようと思います。

PAGETOP