EUR/USD
① +26.7
➁ -15.0
➂ +12.9

2勝1敗 +24.6pips

FX

今週も一応勝てたんですが、ただ、先週に引き続いて、『一旦は50pips以上の含み益になりながら、戻ってきて結局13pips程度の利益に留まる』という悲惨なトレードがあったので、またしても凄く悔しい思いをしました。

しかも、先週の含み益を失ったトレードは、リミットまで遠かったから何とか諦めがついたけど、今回はリミットまであと10pipsの所までいったので、さらに悔しさが増してるんですよね。

2週連続でこういった不運に遭遇すると流石に気が滅入るし、FXの神様に完全にしてやられました(笑)


でも、その一方で①のトレードは、ストップまで1.2pipsまで迫られながらも反転してリミットを達成してくれたし、実は幸運にも恵まれたので、FXの神様を非難するのはフェアじゃないですね(笑)

それに思ってたとおり、『しっかり準備して、チャンスが来るまでじっくり待つピボット手法』は私の性格と相性がいいので、結果的にトレード中のストレスが大きく減少したし、全体としては悪くないんです。

私はファンダメンタルズを考えるのは好きだけど、検証は元々あまり好きじゃなかったので、テクニカルにそんなにエネルギーを割かなくて済むのが凄く楽ですから。


だから、シナリオと戦略が冴えてるにも拘わらず、ピボット手法が噛み合わなくてトレード成績がイマイチなのが一層焦れったいけど、辛抱してたら必ずチャンスは来るし、気持ちを切らさずに頑張ります。

そしてチャンスが来たら、『幸運の女神は勇者に微笑む』という羽生さんの言葉を思い出して、積極的に踏み込むつもりです。

現在のボラがいつまでも続くはずがないし、今のうちに稼いでおかないと、1年間トータルでは厳しくなりますから。


ギリシャ・スイスよりも金融政策

私は先週の記事で、『野党の時は威勢のいい事や都合のいい事を言うけど、政権を取ったら豹変する可能性が高い。だからギリシャ情勢に楽観的』と書いたんですが、予想通り、選挙前はあんなに強気だったのに、随分と弱気になってきましたね。

だから、『俺は一歩も引かん!その結果ギリシャが財政破綻してもな!』みたいな強硬姿勢に打って出る可能性はほぼゼロになったし、ギリシャ情勢を過度に意識する必要はないと思います。


もちろん、まだ決着したわけではないし、交渉が難航する事もあるだろうけど、今週のEUやECBとの交渉で、『新首相のツイプラスは常識の範囲内のバカ』というのが判明しましたからね(笑)

それに、ギリシャを注視するといっても、こういった材料は突然出てくるから完璧な対策なんて不可能なので、自分の力の及ばない事にエネルギーを割いても仕方がないですから。


ただその一方で、米国の賃金上昇率が予想を大きく上回った事によって、ユーロドルは売られ易い地合いになった可能性が高いし、良い材料よりも悪い材料に反応するかもしれません。

だから、『来週のユーロドルは軟調気味のレンジかな』と今の所はぼんやり考えてるんですが、でも、交渉が突然進展するかもしれないので、為替相場の雰囲気を見極めて、いつも通り柔軟に対応するつもりです。


ファンダメンタルズと人間心理

アナリストや評論家が、『シリザが政権とったら危ない。ユーロ崩壊が現実味を帯びてきた!』とあまりにも言いまくってるので、ギリシャ情勢に不安を感じてる人って凄く多いと思います。

でも、こういう人達は物事の表面しか見てないし、ファンダメンタルズを考える上で一番大切な、『人間心理』にまで想像力を働かせてないので、影響を受け過ぎないように気を付けて下さい。


『ファンダメンタルズは人間心理が大事』なんて書いてるのは日本でおそらく私だけなので(笑)、今回のギリシャ問題を人間心理という切り口で語ってるFXブログを見るのは初めてだろうし、こんな事を言われても戸惑うかもしれません。

でも、私達FXトレーダーは、『分析ではなくて、トレードで稼ぐこと』を目的としてFXをしてるんだし、実戦においては金融や為替の知識よりも、実は、『人間心理を読むこと』の方が遥かに重要なんです。

私がスイスフランショックを当てれたのも、『SNBが防衛ラインを設定した事によって、1.2は絶対割れないと考える人が多いだろうし、この下にはとんでもない量のストップがたまるはず。もしこれが撤廃されたらユーロスイスは大暴落するだろう』という人間心理の推測によるものですから。


もちろん、こんな考え方をしても予想がいつも当たるわけではないし、皆さんご存知のとおり、私も予想を外しまくってます(笑)

でも、人間心理にまで想像力を働かせて相場に臨んでいれば、長期的には必ずパフォーマンスに違いが生まれると私は確信してます。

例えその改善効果が1日1pips程度だったとしても、1年だと365pips、10年だと3650pipsもの差になりますから。


だから、『1年後の成功を想像すると、日々の地味な作業に取り組むことができる。僕はその味をしめてしまったんですよ』という本田圭佑の言葉を、私は地で行くつもりです(笑)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

絶賛しております。

こんにちは、初めてコメントさせてもらいますが、以前より読ませてもらっていました。更新が多い土曜日が待ち遠しく感じます。
記事の切り込んだファンダ分析はもちろん、しがないさんのFXに対する心構え・意気込みが、大変身に沁みます。
ほかの方にも読んでもらいたく拡散したいとも思いますが、そういうことを好まれていない様子がうかがえます。実際のところはいかがなものでしょうか。
最後に、しがないさんにFXの神様が微笑み続けますように。



Re: 絶賛しております。

楽しみにして下さってありがとうございます。

自分で言うのもなんですが、他のFXブログとは一線を画す内容になってると思いますし、私の記事がトレードの参考になれば幸いです。

拡散については、怪しいのでなければ別に構わないですけど(笑)

応援ありがとうございます。
FXの神様には、めだかクンさんのお気持ちを汲み取ってもらいたいものです(笑)

No title

コメント失礼いたします。
ざっと今までの記事を読ませていただきました。
10年もやっていらっしゃるんですね、凄いです。
記事の中身の方も…とても勉強になります。
これからも読ませていただきます。

しがないさんに質問がありまして、僕もこれからトレードを始めようと思っているんですが、初心者がまず読むべき書籍を1つか2つ、教えていただけると嬉しいです(ネットのレビューを信じるのが怖いもので…)。
いきなり偉そうな態度ですみません…。

Re: No title

ありがとうございます。
そう言って頂けると嬉しいです。

それと、頂いたご質問に関してですが、今はネットであらゆる情報が手に入りますし、わざわざお金を出して買うほどの投資関連の書籍は、この世の中に1冊も存在しないと私は考えてます。

私もまだキャリアが浅かった頃に10数冊買ったんですが、全てネットで手に入る程度の事しか書いてなかったですし、全く役に立たなかったので、全て捨てましたから(笑)

なので、ネットで十分だと思います。

相場の世界で最短距離を求めると、いずれ詐欺師に騙される事になりますし、ご注意下さい。

No title

お返事ありがとうございます。

なるほど、出回ってる書籍はあまり役に立たないのですね。

楽ができたらいいな、という気持ちも、見透かされて
しまいましたね…どうもすみません笑
ではお言葉通り、ネットを活用し、且つ実戦でトレードに自分を慣らしていこうと思います。
言葉にもずっしりと重みがあり、とても為になりました。ありがとうございました。

*余談ですが、僕は実は将棋指しです(^^)
羽生さんが本物の天才であることを見抜いていらっしゃるあたり、「この人は間違いない!」と勝手に解釈致しました笑

これからもどうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

Re: No title

はい。ネットで十分だと思います。

相場の世界には必勝法なんて存在しないですし、トレード中の心理の変化は、実際にトレードしてみないと分からないですから。
なので、例え小さなロットであっても、実戦を経験する方が遥かに勉強になると思います。

ありがとうございます。
tezukaさんは将棋がお好きなんですね。
私は、たまにハム将棋を嗜む程度なんですが(笑)、ただ、羽生さんの成績は常にチェックしてますし、考え方に刺激を受けてます。

こちらこそ宜しくお願いします。

PAGETOP