EUR/USD
① +38.5
➁ -7.0

1勝1敗 +31.5pips

FX

相変わらず地味なんですが、今週も一応利益を出せたし、これでピボットを使い始めてからの6週間のうち、マイナス収支は一回だけなので、これまでの所は堅調なトレード成績を残せています。

それに、以前使ってたボリンジャーバンド・フィボナッチと平均足のトレード手法は、エントリー態勢に入ったらチャートに張り付く必要があったから結構大変だったんですが、ピボット手法は指値さえ入れておけば、ある程度目を離せるから凄く楽なんですよね。

だから、FXへの拘束時間が大幅に減少したにも拘わらず、パフォーマンスはまずまずなので、『思い切ってピボットを採用して良かったな』と大いに実感しています。


ただ、今週はかなり感覚が冴えてたので、ユーロドルは1週間を通して、ほぼ私が描いてたシナリオ通りの展開になったんです。

だから、本来はもっと稼いで然るべきなのに、残念ながら、ピボット手法が為替相場と全く噛み合わなかったので、利益を上手く積み上げられなかった事が凄く悔しいんですよね。

水曜日・木曜日・金曜日と3日連続で、もう少しフェイバーに動いてくれてたら30~40pips獲れてたポイントがあったし、どれかひとつでも利益に繋がってたら、全然違ったトレード結果になってましたから。


これで3週連続で、『シナリオと戦略は合ってるのに、ピボット手法が噛み合わない』という悔しい思いをしてるし、こんな風にあと一歩で逃し続けるとうんざりするんですが、でも相場の世界ではこういう事はよくあるので、今は地道に頑張るしかありません。

幸運な事に、これだけ不運に遭いながらも利益は一応出せてるので、全体的にはNot badだし、そんなに悲観する事もないですから。

まあ、これまでの11年に及ぶFXのキャリアで、こんな事は過去に何度もあったし、辛抱してれば必ず良い流れが来る事は分かってるので、意外にポジティブなんですけどね。ふふふ
(というか自分にそう言い聞かせてます(笑))


利上げどころかQE4で、ユーロドルは1.3へ

私はこれまでに何度も、『ギリシャを過度に意識する必要はない』と書いてるんですが、予想通り、ギリシャ情勢は為替相場に大したインパクトを与えてないし、最近のユーロドルは概ね想定通りに動いてくれてます。

『QE決定後の下落が強すぎたから、ギリシャの総選挙をキッカケに買い戻される→ただ、ドルとユーロの金融政策の方向性は真逆なので、上昇の勢いは長続きせず、結局レンジに収まる』というシナリオを描いてましたからね。


そして今後に関してですが、ギリシャは波乱要因にならず。ユーロドルは次回FOMCまでレンジか?でも書いたとおり、『3月のFOMCまではレンジではないか』と考えてます。

もちろん、ユーロドルは雇用統計以降、軟調気味のレンジに推移してたにも拘わらず、予想を大幅に下回った小売売上をキッカケに地合いがドル売りへと傾いたように、今後の経済指標次第では、トレンドが出る可能性も当然あります。

でも、『す、すごい!衝撃的な数字が次々出てくる!』という展開にでもならない限り(笑)、安値や高値をガンガン更新するのは難しいはずですから。


それと、予想外に上昇した平均時給以外にも、最近はFRB理事のタカ派発言が目につくから、『やっぱり年半ばに利上げかな』と思ってる人が多いかもしれませんが、トップ以外の人は責任を背負ってないから適当な事を言うので、基本的にFRB理事達の発言は無視した方がいいと思います。

というか、タカ派発言を繰り返してる、フィッシャー・ダラス連銀総裁や、ブラード・セントルイス連銀総裁、ブロッサー・フィラデルフィア連銀総裁といった連中にはそもそも投票権すらないので、参考にするだけ時間の無駄ですから。
(ブロッサーに至っては今月で退任)

だから、しばらくは米国の経済指標に一喜一憂するかもしれないけど、最終的には、『米国は利上げ断念に追い込まれる』と私は確信してるし、『それどころか、いずれQE4の議論になって、1年以内にユーロドルは1.3ぐらいまで上がるのではないか』と考えてます。


『ギリシャは強気』は間違い

EUやECBとの交渉が難航してるので、『ギリシャは強気の姿勢を崩していない』と解説してるアナリストが凄く多いようですが、でも、私はギリシャが強気だとは全く考えてません。

ツイプラスだってそこまでバカじゃないので、EUやユーロから追い出されたら国が完全に崩壊する事は理解してるし、陰での強気の発言は、ただの交渉戦術ですから。

だから現在のギリシャの状況は、『睨み合いをしてるけど、本心ではびびりまくってる状態』なんです(笑)


それで、アナリストがこんな風に本質を見誤ってしまう原因をついでに解説すると(笑)、『ユーロは崩壊するかもしれない』という考え方が前提にあるからだと思います。

アナリストや評論家の人達は、地球の進化の歴史や100年後の為替相場まで考えてファンダメンタルズを分析してないので、目の前の材料しか見てないし、ユーロのポテンシャルを全く理解してないですから。

だから、『ユーロは地球の未来』と考えてる私とでは、目の付け所が決定的に違うので、ギリシャがちっぽけな問題だという事が分からないんですよね。


『FXトレーダーにとってのファンダメンタルズの勉強』と聞くと、ほとんどの人は、『経済指標や為替相場の研究』を思い浮かべると思うんですが、でも、私にとってのファンダメンタルズの勉強とは、『先見性と人を見る目を養うこと』なんです。

もちろん、こんな事をどれだけ勉強しても、すぐにトレード成績が向上するわけではないんですが、ただ長期的に見れば、『make a difference』に繋がると私は確信しています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

どれくらいのリスクを負ってトレードしてますか?

楽しく読ませていただいています。
はじめてコメントさせていただきます。
私は専業に向けてがんばっているんですが、しがないさんのブログは大変参考になると感じています。ありがとうございます。
ところで、一つ質問があります。
枚数を公開しないということなので、お答えできない内容か、既出の内容かもしれませんが、1回のエントリーで資金に対してどれくらいのリスクをとっているのですか?
週に数回のエントリーのようですし、とても気になります。

Re: どれくらいのリスクを負ってトレードしてますか?

参考にして下さってありがとうございます。
そう言って頂けると凄く嬉しいです。

頂いたご質問についてですが、私は現金の絶対額を重視してるので、『資金がこれぐらいだから、ロットはこれぐらい』という考え方をした事がないんです。
資産のほとんどは銀行口座に入ってますし、FXの口座には、必要な分しか入れてないですから。

なので、『ストップがもし100pipsぐらい滑っても、パニックにならない程度のロット』といった感じでしょうか。

相場の世界には、『資金管理が大事』って言う人が凄く多いんですが、でも、長期的に稼げてない人が資金管理に注力しても無意味ですし、そんな事よりも、『稼げるようになる事と、リスクを極限まで軽減する事』の方が遥かに大事だと私は思います。

参考になるお答えが出来なくて申し訳ありません。

はじめまして

こんにちは!
1ヶ月くらいかけてコツコツ全ての記事を読ませていただきました。
あまりにも良いブログなので知人にもススメて一緒になって読ませていただいています。
しがないさんの話しはリアルで、とても勉強になります。
私が利益を出せない理由が分かりました。
しがないさんほど頭脳明晰な人が考え抜いて、苦悩して出している成績を知り、私が専業なんて程遠いのだと痛感出来たことが最もありがたかったです。
仕事を頑張りながらコツコツFXを頑張ろうと思えました。
毎回凄い内容の記事を書くのは大変だと思いますが、楽しみにしていますので、出来る限り続けて欲しいです!


Re: はじめまして

ありがとうございます。
そう言って頂けると物凄く嬉しいですし、実は私は、トレード以外に関してはすぐ調子に乗ってしまう方なので(笑)、こんなに褒めてもらえると思わずテンションが上がってしまいます。

そうですね。
仰るとおり、FXで生活費を稼ぎ続けるのは簡単な事ではありません。
なので、現在の仕事に限界を感じてるのでなければ、兼業で関わっていくのがベストだと思います。

応援ありがとうございます。
ただ、実は現在のペースで記事を書くのが厳しくなってきてるので、更新を減らそうかなと考えてた所なんです。
毎回主張の強い内容だから書き上げるのが相当ハードですし、まるで連載の締切に追われてるような感じになってますから(笑)
なので、月2~3回ぐらいに減るかもしれませんが、記事の質を下げるつもりはないですし、これからも楽しんで頂けると幸いです。

はじめまして

まだ、読み始めたばかりなのですが、とても参考になります。ありがとうございます。

自分も酒匂塾長のPIVOTトレードを研究中です。
が、塾長のおっしゃる”ドタ感”ってやつ=方向性を読み解く力が身につかず何回も串刺しを喰らって悪戦苦闘中です。 しがないさんが書いてらっしゃる”シナリオ”も塾長の”ドタ感”と近しいものなんでしょうね。
ブログを拝見して、努力し身に着けようと励まされた気がしました。
ありがとうございます。

Re: はじめまして

ありがとうございます。

Pchanさんは、酒匂塾長のピボットを参考にしておられるんですね。
手法については酒匂さんとは異なるんですが、Pchanさんが仰るとおり、考え方に関しては、酒匂さんと私は全く同じです。
私も、『感覚』によって、エントリーにフィルターをかけてますから。

ピボットはトレードの機会がそう多くないので、専業に向いてる手法とは言えないですけど、でも、ファンダメンタルズをしっかり勉強すれば、利益を出し易いテクニカルだと思います。
上手くいくといいですね。

PAGETOP