最近は活動が随分と下火になってるみたいだし、まだFXのキャリアの浅い方はご存知ないかもしれませんが、この為替鬼という人は、数年前まではFX業界を席巻してたので、『FXをしてて知らない者はいない』ぐらいの有名なカリスマトレーダーだったんです。

ただ、私は昔から投資雑誌は全く読まないので、この人が有名な事は知らなかったし、確か3、4年ぐらい前にネットでスキャルピングのトレード手法を調べてる時に、為替鬼さんのブログをたまたま発見したんですよね。

だから、それまでに数え切れないくらい、『○億まで増やしました』みたいなFXブログは見てきたし、『またこの類のブログか』といった感じで、初めは半信半疑でした。

でも、記事をいくつか読んでみたら、『この人は他の人とは違う!本物のFXトレーダーだ!』と当時は心の底から思ったし、その内容があまりにも衝撃的だったので、私はあっという間に引き込まれてしまったんです。


その当時の為替鬼さんのブログの内容は、わずか7万円の資金から始めて、それを数千万まで増やしていく過程や、独自のトレード手法である、『鬼スキャ』のトレード結果に加え、動画を使ったトレード手法の細部に至る解説、更には読者の方の質問にも丁寧に答えてましたから。

だから、FXに対するその真摯な姿勢に心を打たれたし、出会ったその日から、為替鬼さんのブログを貪るように読み漁りました(笑)


ただ、為替鬼さんはブログの中で、アフィリエイトをしてるFXブロガーを徹底的に批判してたんですよね。

為替鬼さんの主張を簡単にまとめると、『何千万とか何億稼いでるくせに、なんでアフィリエイトなんかブログに貼るんだ?私は本当にトレードで稼いでるからアフィリエイトなんて一切しない。そして、私はこのアフィリエイトブロガーをなんとしても倒したい。ランキングでこういう連中に勝ちたいので、応援クリックお願いします』といった感じだったんです。

コメント欄や掲示板などでは、詐欺師呼ばわりされてたみたいだし、ついエキサイトしてしまう気持ちはよく分かるんですが、正直言ってちょっと引くぐらいの勢いだったので、私は当時、『確かに、億単位で稼いでると言いながらアフィリエイトを貼るのは不自然だけど、そこまで言う必要あるかな?』と思ってました。


でも、為替鬼さんの考え方には納得させられる所もあったとはいえ、トレード手法には人それぞれ相性があるし、そっくりそのまま真似をするわけにもいかないので、私は、次第に為替鬼さんのブログから遠ざかっていったんです。

為替鬼さんが使ってた、『鬼スキャ』というトレード手法は、エントリーからエグジットまでが数秒だから、ほとんど職人芸みたいな感じだったし、慎重な性格をしてる私にとっては殆ど狂気の世界でしたからね(笑)

だからその後、為替鬼さんが外資系ファンドのディーラーになった事はどこかで目にしたんですが、私も毎日のトレードで必死だったし、それに、自分のトレード理論を確立していくに連れて、他人のFXブログに対する興味もどんどん薄れていったので、為替鬼さんの事はすっかり忘れてたんです。


というわけで、為替鬼さんのブログはずっと見てなかったけど、でも最近になって、『そういえば為替鬼さんどうしてるかな?』ってふと頭に思い浮かんだから検索してみたんですが、現在のブログを目にした瞬間、私は本当に驚いたし、ひっくり返りそうになりました。

なんと!アフィリエイトを貼りまくってるんです!

『アフィリエイトをしてるFXブロガーにランキングで絶対負けたくない。何としても勝ちたいから、応援クリックお願いします!』とまで言ってた人が、今ではアフィリエイトの権化みたいになってるなんて、こんなに華麗な手の平返しは初めて見ました(笑)

昔とは違って、どうやら今のブログはただの商材販売の場と化してるみたいで、『自分で作った商材の好成績をアップして買い手を煽る』という、よくある手口で必死になって宣伝してるようです。


この人の商材がどれほどの代物なのか、私は買った事がないから勿論知りません。

『永遠に勝てるトレード手法はこの世に存在しない』というのが私の持論だし、勝てる商材なんてひとつもないと確信してるけど、もしかしたら本当に凄いのかもしれない。

でも、あれだけアフィリエイトをしてるFXブロガーを徹底的に批判しておいて、今では自分が先頭切って走ってるんですから、トレーダーとしてどうこう以前に、私は、為替鬼さんを人として全く信用出来ないですね。


ただ、この為替鬼さんの驚異的な手の平返しによって、『投資の世界って、やっぱり信じられるのは自分だけだな』と改めて実感したし、投資の世界は詐欺と紙一重みたいな所があるので、皆さんも変なのに引っかからないようにお気をつけ下さい。

私も今はFXで満足のいく利益を出せてないし、アクセスが増えてきたら突然商材を販売し始めるかもしれないので、このブログも過度に信用しない方がいいですよ(笑)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP