私はこれまでに、『戦略の略は、略すという意味』と何度か書いてたんですが、実は、これは孫の二乗の兵法からの受け売りだったんです(笑)

孫さんは、『情報収集で得た材料から余分なものを徹底的に削ぎ落として、最終的に最も重要なものだけに絞る。これが戦略の本来あるべき姿だ』と仰ってるんですが、この削ぎ落とすという考え方は、FXにも凄く有効だと思うんですよね。

皆さんご存知のとおり、為替相場には無数の材料が存在するので、全てを考慮してたら、何がなんだか分からなくなりますから。

だから、優先順位の低い材料はどんどん切り捨てて、最も重要と思われる事だけに集中してシナリオや投資戦略を描くのが、FXに対するベストな取り組み方だと思います。


ただ、こんな事を書いてると、『そうかもしれないけど、そもそも何が重要なのかが分からないんだよ』と反論する人がいるかもしれません。

確かに市場が何を材料にして動くかなんて、あとになってみないと分からないですからね。

でも、毎日値動きを注意深く観察して、必死になって考え続けてれば、『今の為替相場が何をテーマに動いてるのか』なんとなく分かるようになるし、『略すこと』によって、長い目で見れば確実にパフォーマンスは向上するので、地道な努力を続けるべきだと思います。




この文字は、『七割の確率で勝利が見込める時に仕掛けること』を意味します。

孫さんだけではなくて羽生さんも、『七割の確率で仕掛けるべき』と仰ってるんですが、勝負の世界では、5割だとリスクが高過ぎてただのギャンブルになるし、その一方で逆に9割まで待ってると、手遅れになる事が多いですから。

おそらく皆さんも、『押し目や戻りが来るまで待ってたものの、有利な条件を求めすぎて、エントリーできた頃には既にトレンドが変わっててサクッとやられたこと』って何度も経験あるのではないでしょうか?

だから、FXにおいても七割がベストな場合が多いので、それなりにリスクがある時に勇気を出して仕掛けた方が、実は上手くいく事が多いんです。


ただ七割と聞くと、『なんか七割ぐらいイケそうな気がする』みたいな緩い感じをイメージするかもしれませんが、あくまでも、『徹底的に考えた上での七割』なので、そこは誤解しないで下さい。

私も一回のエントリーに対して、とてつもないほどのエネルギーを使ってフィルターをかけてるし、トレードの度に、『これでもか!』というぐらい考えまくってますから(笑)




この文字は、『時代の流れに逆らってはいけない』という意味です。

言うまでもない事ですが、川の流れに逆らって泳いでも全然前に進まないし、流れに乗った方が遥かに効率がいいですからね。

だからFXでも、トレンドに逆らったトレードほど無駄な事はないので、常に流れに乗る事を心がけるべきだし、エントリーするポイントは押し目や戻りでもいいけど、『シナリオと戦略』は絶対に順張りにしなければいけません。

『まだ上がると思ってるけど、200pipsも急騰したからちょっと売ってみようかな』みたいな適当なトレードをしてたら、例え短期的には上手くいったとしても、長期的には必ず痛い目に遭うでしょう。




これは読んで字の如くで、『守ること』です。

孫さんは、『ベンチャー経営者は大体攻めは強い。だから新規事業にも積極的に手を出すし、技術力や営業力で負ける事もまずない。でもその一方で、守りが弱い人が多い。ベンチャーが倒産する最大の要因は資金繰り』と仰ってたんですが、私は、このパターンは投資家にも当てはまると思うんですよね。

FXトレーダーにも、チャンスと感じたら積極的にトレードする攻めの強い人って多いけど、『守りも強い人』って少数ですから。

だから相場の世界で生き残るには、もっと守りに意識を割かないといけないし、目先の利益に捉われるのではなくて、金融資産全体を考えながら、ロットや投資資金の管理をするべきだと思います。




この文字は勇気を意味するんですが、勇気については以前、損切り出来ない人は、強欲で臆病者という記事で詳しく書いたので、良かったら読んでみて下さい。

勇気と聞くと、『戦うことや踏み込むこと』をほとんどの人はイメージすると思うんですが、でも孫さんは、『前進より退却の方が遥かに難しい。10倍勇気がいる』と仰ってるし、実は相場の世界では、『退くこと』の方が遥かに大事なんです。


風林火山

これは誰でも知ってるだろうし、あるいはもし知らなくても、調べればすぐに分かるからあえて説明しませんが、風林火山はFXトレーダーにとっても凄く有効な戦術なので、トレードに取り入れるべきだと思います。

ただ、『火』については、トレードの才能がない人にはあまりお勧めしないし、実は私も、この文字だけは今はトレードに取り入れてません。

酒匂さんやチャーリー中山さんみたいな天才ディーラーならいいんですが、私みたいな才能のないFXトレーダーが、『今は絶好のチャンスだ!ロットを倍にして一気にいくぜ!』みたいな閃きに頼ったトレードをすると、短期的には上手くいったとしても、長期的には必ず反動がきますからね。

だから、本来はチャンスと感じたら激しく攻めるべきだし、火を除外したら最大利益は減少する事になるけど、でも、自分には才能がないと自覚してる人は、攻める時もいつも通りの方がいいと思います。

ナンピンとピラミッティングはやめた方がいいでも書いたんですが、こういったアグレッシブなトレード手法は、天才だけに許された超上級テクニックですから。


前後半に渡って、FXトレーダーに役立つと思うものを合計12文字ご紹介したんですが、孫の二乗の兵法は、FXだけではなくて人生の様々な局面に応用できるし、それに、考えれば考えるほど深みが出てくるので、是非参考にしてみて下さい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

過去ブログよりずっと読んでいます。

私は兼業ですが、相場と共に変化・研究していかなければならないこの世界、大変な場所だと常々思います。

大変な時期もありますが、お互い頑張りましょう。

Re: No title

ずっと読んで下さってありがとうございます。

仰るとおり、永遠に勝てるトレード手法はこの世に存在しないので、相場の世界で生き残るには変化し続けなければいけません。
はい。大変ですけど、お互い頑張りましょう。

No title

しがないさん、ご無沙汰しています。
今回の記事凄く良いですね、
まさに、その通りと思って感心してしまいました。
トレードに必要な事を凝縮したような記事です、


そういえば、この1ヶ月くらい私も、しがないさんと同じユーロドルでトレードしています。
トータルでトレード歴はユーロドルが一番長いのですがボラが常に高くてスプレットが狭いので、最近はユーロドルのみです、
非常に稼ぎやすい(笑)
今朝は運よく朝チャートを開いてすぐ大きく動いて大きく取れたので朝から気持ちが楽になりました(笑)

又、参考になる記事を書いて頂けると嬉しいです。
お互い頑張りましょう

No title

いつもためになる記事をありがとうございますm(_ _)m

この中で僕が一番気になったのは『七』ですね。
去年の日銀追加緩和後の相場とかだと、九割方方向性が見えてからエントリーしても十分間に合ったんですが、最近になって「九割じゃ遅いんじゃないか」というのをちょうど考えていたところだったので、この記事を読んでその考え方が間違ってない事を確認できました。

しかし、勝てる見込みが九割から七割に減るって言うとそれほど大きな差はなさそうに見えますが、負ける見込みが一割から三割に増えるって考えるとリスクが3倍になるって事なので、これは相当大変な事ですね。
それだけリスクを増やすという事は、今まで以上にちゃんと考えないとだめですし、負けがこむ事も増えそうなので、精神的にも大変そうな気がしてます。
逆に、これを乗り越えればトレーダーとして1歩成長できそうな気がしているので、当面は『七』というのを強く意識していきたいと思ってます。

No title

相変わらずの記事のボリュームですね。
内容が濃すぎて、ストレスで続けてくれなくなるんじゃないかと思うほどです(笑)
ホント凄く勉強になるブログです。
コメントなど残すことをしてきたことがなかったのですが、応援の意味を込めて書き込みさせて貰ってます。
しがないさんの日常が知れる内容も、勝ちトレーダーのことを知ることのできる貴重な機会になっています。

Re: No title

お父さん、お久しぶりです。

記事を褒めて下さってありがとうございます。
お父さんのような凄腕トレーダーの方にそう言って頂けると最高に嬉しいですし、『頑張って書いた甲斐があったなあ』としみじみ感じます。
参考になる記事を書けるようにこれからも頑張ります!

仰るとおり、最近のユーロドルはかなりボラがあるので、トレード手法や感覚が上手く噛み合えばガッツリ稼げますよね。
それに、なくとなくですけど、最近のユーロドルの値動きはお父さんと相性が良さそうですし、稼ぎ時かもしれませんね。

はい。お互い頑張りましょう。
お父さんとは対照的に、残念ながら私は今月はかなり苦戦してるので、後半戦でなんとか盛り返したいです。

Re: No title

そんな風に言って頂けるなんて光栄です。
こちらこそありがとうございます。

『9割では遅いのではないか』とちょうど考えてらっしゃったとは、さすがはZSBさんです。
『完璧な条件を求めすぎると、逆にパフォーマンスが低下する事になる』という勝負の世界の本質に気付ける人って、そう多くないですから。

ただ、仰るとおり、7割だとリスクが増す可能性もあるので、目先の勝ち負けではなくて、トレード成績を長期的に捉えなければいけません。
自分では、『7割いける!』と思ってても、感覚やトレード手法が噛み合わない周期って必ずやってくるので、そういう時に悪あがきをすると、ますます深みにハマってしまいますから。

というか、実は私は今月絶不調なので、むしろ自分への戒めの言葉なんですが(笑)
FXを11年してる私でも、こんな風にスランプに陥ることがあるので、『前のめりになるのではなく、リラックスして臨むこと』を是非心がけて下さい。
お互い頑張りましょうね。

Re: No title

ありがとうございます。
そう言って頂けると凄く嬉しいです。

仰るとおり、記事をひとつ書き上げるのはなかなか大変ですけど、ストレスになるほどではないので、どうかご安心下さい(笑)

残念ながら私にはトレードの才能がないので、キャリアの割りには大して稼げてないんですが、でも才能の無さを補うために、トレード理論を磨くことに心血を注いできましたし、このブログが何かのキッカケになれば幸いです。

No title

しがないさんこんにちは。
凄腕なんてとんでもない、私なんてまだまだです(笑)
たしかにユーロドルのボラのおかげでpipは稼いでいますが、私、まだ取引LOT10万の壁を越えていません。
いつまで取引単価を上げれないのか(-_-;)
自分でも嫌になるのですが、
少しずつLOTを上げて挑戦してもいつものようになれてこなくて安定しません、
10万に戻すと全然問題ないのですが、個人的に10万は相当厚い壁の様です(笑)
そんな状態で凄腕なんてとてもとても・・・まだまだです(笑)

今回の記事の流の部分
これは流れに逆らわないと言うのは当たり前の事です
流れに逆らわない方が勝ちやすいのは当然ですし

流れに乗ると言う事は七の部分の七割の勝率が見込めると言う事につながると思います

流れに乗り勝率の高い部分で勝負すると言う事は、
逆に言えば、それ以外は手を出さないので待つと言う事です。
これは守の部分にも通じてきます。
守と言うのは資金管理や不透明な部分で手を出さないと言う事に通じると私は考えました。
これは勇の部分
流れを間違ッた時は不透明な相場になっているので潔く撤退する勇気は、守にも通じると思います。

本当にトレードに必要な事が深く意味する言葉と思います

Re: No title

お父さん、こんにちは。

いやいや、お父さんは間違いなく凄腕トレーダーですよ。
でも、お父さんほどの実力があって、しかも、チャンスと感じたら積極的に仕掛けられるにも拘わらず、ロットに関しては弱気になってしまうのは意外な弱点ですよね。

私も勿論、ロットを大きくするのは得意ではないですし、出来れば避けたいんですが、それほど大きなプレッシャーは感じないですから。
でもその代わり、どれだけ努力しても、『積極的に仕掛けること』が私にはどうしても出来ないので、常に守りに入る傾向があるんです。

なので、お父さんのお話を聞いて、やっぱり人によって得手不得手ってあるんだなあと感じましたし、以前にも書いたと思うんですが、お父さんと私の長所を足せば最強のトレーダーになれそうですよね(笑)

確かに仰るとおり、孫の二乗の兵法のそれぞれの文字を独立して考えるのではなくて、関連付けるとさらに有効ですね。
お父さんのお陰で、新たな視点を手に入れる事が出来ました。
ありがとうございます。

始めまして

始めまして。『専業に憧れて5年』と申します。
大分前からこちらのブログを知ってはおりましたが、最初から順に読ませていただいたのは昨日からです。(まだ2013年5月までですが・・・)
私は兼業で始めて、早10年位(定かではないですが、リーマンは経験しております)でコツコツと、ここ2年はようやくなんとかかんとかサラリーマンの方の月収同等程度は毎月稼ぐ事が出来るようになってきました。
娘2人(中学3年と2年)がおり、現時点では専業は現実的ではありませんが、その娘達が社会人になる頃には投資・投機で食っていけたらなぁ~なんて淡い夢を見ている今日この頃です。
専業になった場合のリスク面でいくつか知っておきたい事があるので、ここで質問させて頂きたいところなんですが、もしかしたら過去にその内容が書いてあるかもしれないので、まずは全て読ませて頂きます。

今回は取急ぎご挨拶と足跡程度でコメントさせて頂きました。
失礼致します。

Re: 始めまして

ご丁寧にありがとうございます。
FX歴が約10年という事は、専業に憧れて5年さんと私は、大体同じぐらいのキャリアになりますね。

仰るとおり、お子さんが社会人になるまでは、専業は我慢した方がいいかもしれません。
私は独り身ですし、それにもし稼げなくても、数年間は生活できるだけの蓄えがあったから決断できたんですが、家庭があると、『貯金あるから無理して稼がなくてもいい』というわけにはいかないですから。

『まず記事を読んでから質問させて頂く』なんて、凄く律儀な方ですね。
ただ、記事数が300以上あるから全部読むのは大変なので、あまり無理しないで下さいね(笑)
これからも宜しくお願いします。

PAGETOP