このブログをずっと読んで下さってる方はご存知のとおり、私にはトレードの才能は全くありません。

ただ、私の能力を野球に例えると、『決してチームのエースではないものの、序盤にKOされる事はまずなくて、悪いなりにもゲームを作る安定感のある投手』といった感じなので、大きく勝つ事もないけど、その一方で大きくやられる事もないんです。

だから、コツコツドカンとは無縁のFX人生を送ってきたので、年間成績がマイナスになった事は一度もないし、それどころか、強制ロスカットを喫したことや、ギリギリまで追い詰められたことすら、ただの一度もないんですよね。

唯一危なかったのが、キャリートレードに夢中になってた2007年に、サブプライムショックで200万の含み益を失った時なんですが、でも、この時は1年かけて積み上げた含み益こそ失ったものの、含み損になる前に自分で手で切ったので、強制ロスカットを巡る攻防にはならなかったんです。


それで、今になって振り返ると、あの時ポジションを切れたことは、私のFXトレーダーとしての成功を暗示してたような気がするんですよね。
(自分で言うのもなんですが(笑))

だって私と同じ状況に陥ったら、『1年も保有してた愛着のあるポジションを全部切る』という判断を出来る人は少数だろうし、おそらくほぼ全ての投資家が、強制ロスカットされるまで見てるだけか、あるいは資金を追加して凌ごうとするはずですから。


もちろん、含み益がどんどん減少する様を目の当たりにしてる時は、私も完全に冷静さを失ってたし、恐怖を感じて計画してた事を全然実行できなかったので、ほとんど神頼みのような感じになってました(笑)

でも、極限状態まで追い詰められながらも、『思考停止状態』になる事は決してなかったので、自分の金融資産や収入の事もしっかり考えてたし、含み損になる前に一応自分で切れたんです。

だから、私が相場の世界で勝ち続けられてる理由は、この時の立ち振る舞いに凝縮されてるような気がするんですよね。


ただ、私の場合は幸運なことに、キャリートレードを始めてから経験した初の暴落がサブプライムショックだったから、考える余裕があったけど、もし初めての相手がリーマンショックだったら(笑)、下落のスピードが早過ぎて、対応策を講じる前に強制で切られてたかもしれません。

当時はまだ兼業だったし、まともに相場を見れない仕事中に大きな下落が来てたら、間違いなくサクッと切られてますからね(笑)

だから、強制ロスカットは1回までなら仕方ないけど、強制ロスカットを2回された人は、残念ながら、『FXトレーダーとしての資質が決定的に欠けてる』と言わざるを得ないと思います。


強制ロスカットを2回喫するという事は、経験から何も学ばない人か、あるいは、感情的になりやすい人なわけだし、それにトレードの才能だけではなくて、資産を適切に管理する能力も欠如してるので、いずれ確実に3回目、4回目が訪れますから。

だから、『2回目の強制ロスカット』は勝ち続けるFXトレーダーになれるかどうかの分水嶺なので、2回以上強制ロスカットを経験してる人は、運命を変えるには死ぬほど努力しないといけないし、もしその努力を厭うなら、今すぐFXをやめるべきです。

意識をガラッと変えて死ぬ気でFXに取り組まないと、どうせこの先も負け続けるんだし、貴重な時間とお金を無駄にするだけですから。


今回はかなり厳しい事を書いたので、多くの人を不愉快な気分にしてしまったかもしれません。

でも、『ずっと勝てない』という事はどこかがおかしいわけだし、負のサイクルから抜け出すには、今までやってきた事を全部ひっくり返すぐらいのドラスティックな改革が必要なので、あえて厳しい事を書かせて頂きました。

相場の世界で勝ち続けるのは物凄く大変だし、考え方が間違ってる人に、『努力は必ず報われます』みたいな気休めを言っても、全く役に立たないですから。


ただ、私はこう見えて結構気を遣う方なので、『ここまで行ったら攻撃的過ぎて反発されるだけかな』とか、『こんなに緩かったら、そもそも心に響かないかも』といった感じで、実は、いつもギリギリのラインの見極めに神経をすり減らしてます(笑)

だから、これからもアグレッシブな表現を目にする事になると思うんですが、厳しい言葉は愛情の裏返しなので、どうかご理解下さい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しがないさんこんにちは。
本当にしがないさんと私の長所を足せればいいのですが(笑)そういう訳には出来ないのが残念です(笑)
私もまだまだ精進しないといけません。
今回の記事もガツンと来ましたね(笑)
確かに負け続けて意識を変えれない人は一生勝てないと思います。
個人的に負けづらくする事は簡単だと私は思っているんです。
勝てない多くのトレーダーは順張りのつもりで逆張りの人が多いと私は思っています。
私は基本1時間足に対し順張りですが、これは4時間に対しても順張りの時もあれば4時間足に対して逆張りの時もあります、
1時間に対して順張りでも4時間に対して順張りか逆張りかでエントリーは変わりませんが利食いを変えていたりします。1時間と4時間が揃ったら値が伸びやすいので引っ張る、4時間が逆では値が跳ね返りやすいので早めに利食いする感じです。
こんなことをトータルで見て月・週・日・4・1時間の平均足が揃った場所なんかは強気でエントリーとスイングポジションも検討したりしますが。
流れを読む足に対して順張りでもその他の足に対して
どの位置になっているのか?こういう事が分かって居なくて短期のみの順張りで50pip以上狙って結局
損切りなんて人は結構います。

短期で逆張りって言っていて長期に対して順張りの人も居たりします。
ある程度位置関係を把握分析が出来ないと難しいのかもしれないですね。
そもそもテクニカルもファンダメタルも分析ですから分析しないといけないものだと思います

ルール決めしてメモ取って全エントリーに対してルールを守ったか守って無いかを記録するだけでも、相当変わると思います、
頭で、あ~又ルール破ったって思うより紙に書いて後で見れるのでは相当な違いが生まれます。
これだけでも相当改善するので負けづらくなると思うのですが、
これをブログで勝てないと言う人に教えた事がありますが、実践した人はいないですね(笑)

どの業種でもメモ魔の人は仕事が出来る人が多いものなんですけどね。(笑)

今日はユーロドル朝から月・週・日・4・1時間の平均足が陰線で揃っています。
日足週足が陰線でも形が悪いのでスイングはしませんが
日中は短期で売りトレードが連発出来そうです。

いつも役に立つ記事や面白い記事ありがとうございます。

Re: No title

お父さん、こんにちは。
またしても調子に乗った記事を書いてしまいました(笑)

仰るとおり、ずっと勝ててない人は、目先の事に捉われる傾向がありますよね。
お父さんが例で挙げて下さった、『月・週・日・4・1時間の平均足が揃った場所』のような大きな視点で考えてないし、それに、テクニカルやファンダメンタルズでしっかり準備をせずにトレードしてますから。

だから、順張りでトレードしてるのか逆張りでトレードでしてるのかを、本人ですら分かってないので、大きく動いたらすぐに飛びついて、同じ失敗を繰り返すんですよね。

確かに紙に書くのは有効な改善策ですよね。
頭の中では理解してるつもりでも、つい忘れてしまいますし、しかもアウトプットする事によって、理解が一層深まりますから。
おそらく手っ取り早く勝つ方法を求めてるから、実践しないんでしょうね(笑)

ありがとうございます。
そう言って頂けると凄く嬉しいですし、更新の励みになります。

No title

しがないさんこんにちは。
私は結局順張りとか逆張りと言う言葉は殆ど意味が無いと言うか所詮、トレードの解説の為に産まれた言葉と思います。
1時間に対して順張りの場合、4時間に対して順張り
と同じように5分で順張りしても15分に対して逆張りもの場合もあり、
5分でトレードしてる人から見たら順張りと思っても
15分で見てる人からしたら、逆張りに見えたり。
結局見てる時間足での位置関係で判断基準は変わります。
私も1時間に対して順張りですが、私は必ず1時間に
(対して)って言葉を必ず入れるようにしています。
これは見てる人によって基準が違うだろうなって思うからです。
結局各時間足での位置関係を分析出来れば順張り逆張りなんて言葉は意味がありません。
私は平均足やCCIを良く使いますが私のチャートは月足まで表示出来るのでとことん強気で攻めるのは月足~5分まで全部同じ方向向いた時だけです。
月に少なくとも5日程度は同じ方向が揃う日がありますし多ければ10~15日程揃う月もあります。
それ以外は1時間と4時間が揃って順張りしていても引っ張りますが欲張りすぎないように気を付けていたりします。
全体像を把握して全時間足が揃った場面は数分で50pip程度動く場面も多々あります。
ただこういう事は全体を把握してなければ狙う事は
出来ません、
でも全体把握が難しいかと言うとそんなに難しくないですし最低限毎月毎週毎日、月。週。日足の平均足等
見ていれば良い程度の事ですし、
作業的には数分の事です。
結局価格の位置関係が把握できていれば問題なく分析が出来れば把握自体は単純作業だと思います。

全体把握と各時間足の位置関係の分析が大事と思っていますが。
これって、しがないさんの、孫の二乗の兵法の各言葉から他につながって行って全ての言葉につながるように、最終的に全体を見渡す事になるとなると思います
、これは、しがないさんが普段から言っている経営者の資質が必要と言う事と同じと思います。
優れた経営者は会社の全体を把握してるべきですから。
本当にしがないさんのブログは共感できる部分が多いと思います。

Re: No title

お父さん、こんにちは。

私も、順張りとか逆張りは、テクニカルやトレード手法どうこうではなくて、『意識の問題』だと考えてるので、『上がると思ってるから→買う』を順張り、『上がると思ってるのに→売る』を逆張りという風に定義してます。
ただ、『戦略』は絶対に順張りにしないといけないんですよね。

なので、ずっと勝ててない人はしっかり準備をしてないから、そもそも戦略がないので、そういった人達に、『順張りが大事』なんて言葉は無意味かもしれませんね。

ありがとうございます。
お父さんに共感してもらえると凄く嬉しいです。
会社経営も、実は相場と同様に勝負の世界に属してるので、成功する経営者と投資家って共通点が多いんですよね。

No title

こんにちは。
お父さんは、ただ者じゃありませんね。
しがないさんと、お父さんの話を見ているだけで非常に勉強になります。
それなりに考えて売り買いしているつもりですが、全然考えが足りないんだなと痛感しました。
本当に為になるブログです。

Re: No title

自称紳士さん、こんにちは。

そうなんですよ!
仰るとおり、お父さんは只者ではないですし、それに私とは違って、トレーダーという言葉が似合う方ですよね。
私はトレードの才能が全くないので、『人を見る目と先見性を、相場の世界に応用してなんとかやってる』といった感じですから。
なので、お父さんの才能が羨ましいです。

為になると言って下さってありがとうございます。
お役に立てれば幸いです。

PAGETOP