このブログの読者の方はご存知のとおり、私はこれまでにファンダメンタルズの重要性を何度も熱く語ってるんですが、ただ残念ながら、『確かに勉強した方がいいとは思うけど、ファンダってそんなに大事かな?』といった感じで半信半疑の人が多かったと思います。

人間は保守的な生物だから、現状に対して強い絶望や危機を感じないと新しい領域に踏み込もうとはしないし、それに、ファンダメンタルズ分析は雲を掴むようなものなので、どれだけ必死になって勉強しても、実態や効果が見えにくいですから。

でも、その疑いの目は、今年の1月に起こったスイスフランショックをキッカケにして一変しただろうし、私の主張に耳を傾けてくれる人が増えたと思うんですよね。

Don't touch スイスフラン!という記事でも書いた通り、ファンダメンタルズで長期的なビジョンを磨いてたお陰で、私はこの大惨事を予測できたわけですから。


チャートを使ってもっともらしく解説する、商材&セミナーカリスマトレーダーがFX業界に溢れ返ってるせいで、『永遠に勝てるトレード手法が存在する』と信じ込んでる人が多いんですが、でも、投資家にとって一番大事なのは『感覚』だし、そして、その感覚を磨くのに最も有効なのは、やっぱりファンダメンタルズなんです。

もちろん、他の人には見えない何かをチャートだけで感じ取れる、天才的な感覚を持ったトレーダーもいるのかもしれません。

ただ為替相場では、スイスフランショックのような、『ブラックスワン』が起こる事があるので、トレードの才能だけでは勝ち続けられないんです。

テクニカル派は、『チャートには全て織り込まれる』と言うけど、こんな大惨事はチャートでは絶対に予測できないですから。

だから、ファンダメンタルズとテクニカルは並び立つものではなくて、そこには明確な上下関係が存在するし、10年、20年といった長い目で見ると、FXトレーダーにとってはファンダメンタルズの方が遥かに大事なんです。


ただ、私はファンダメンタルズを重視してるし、キャリアの長さと反比例して、トレードにおけるテクニカルの比率はどんどん小さくなってるんですが、かといってテクニカルに対して手を抜いてるわけではありません。

エントリーやストップの目安はテクニカルがないと難しいので、FXを全く分かってなかったキャリア初期の頃を除けば、テクニカルなしでトレードした事は一度もないし、常にその小さな比率の中で最大限を引き出そうとしてますから。

ファンダメンタルズは戦略やビジョンを描くのには適してるけど、ドラゴンボールで例えると(笑)、『気』みたいなものだから雰囲気しか分からないけど、それとは対照的にテクニカルは、『スカウター』だから数値としてハッキリ目に見えるので、実戦には役立つんです。


だから、ファンダメンタルズとテクニカルは弱点を補完し合ってくれるので、それぞれの長所を生かして、役割分担を明確にしてトレードに臨むべきだと思います。

為替相場には材料が無数に存在するから色んな事を考えすぎて、自分でも何をしてるのか分からなくなってる人って多いけど、役割分担をする事によって頭の中が整理されますから。

それに、私は今はピボットを使ってるので、『ファンダメンタルズでショートかロングかの戦略を決めて、サポート①かレジスタンス①でエントリー』という極めてシンプルなトレード手法を採用ししてるんですが、こんな風に役割分担がしっかりしてると、不調に陥った時に、『その原因が感覚なのかトレード手法なのか』をすぐに突き止められますからね。


ただ、一応断っておきますけど、役割分担した所で劇的にパフォーマンスが改善するわけではないし、それに、そもそもテクニカルやファンダメンタルズに完璧を求めてはいけません。

例えば、『金融政策の方向性』は間違いなく為替相場を動かす大きな要因だけど、だからといって毎日その方向どおりに動くわけではないですから。

だから、テクニカルもファンダメンタルズも、パフォーマンスや勝率を数%引き上げるぐらいのイメージで接するべきだと思います。

こんな事を書くと、『たった数%!そんなの大して変わらないよ!』と思われるかもしれませんが、長い目で見れば、この数%が大きな違いを生みますからね。


FXに限らずどんな世界でも言える事なんですが、簡単に結果が出る方法なんてないし、最短距離を求め過ぎるといつか必ず痛い目に遭うので、成功を収めるには地道な努力を積み重ねるしかないんです。

だから、勝ち続けるFXトレーダーになるには、相場観だけではなくて、『自分の投資人生』に関しても長期的なビジョンを持たなければいけません。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しがないさん今晩は。
残念ながらスイングポジションは失敗に終わりました。
とは言っても40pip程のプラスではあったんですが
全然1.2何て夢の又夢って感じでした(笑)
木曜の時点で5月の高値を越えずに4時間足の反転してきたので、あれ?おかしいなって思って利食いしたのでギリギリプラスです、
ただ高値を越えないこの形は私的には再下落って形なのですが、
私の表示してるテクニカルは日足と週足は上昇継続の形何ですよね、
正直こりゃ分からんって感じです、
でも個人的には上げの可能性の方が高いと考えているので、FOMCでハッキリ方向が出るのかな???とも思っているので
FOMCまではデイトレも深追いしないようにしようと考えています。
FOMCで方向が上げの方向でしたら再度スイング持つと思います。
逆に下げたら、まだ自分の売りスイング持つ場所では全然無いので、しばらくスイングはしないと思います。

今回も良い記事ですね。
私はテクニカル派ですがファンダを怖いと思うからこそ重要指標を避けると言うのがあります。
なので重要指標は発表後に方向確認してからで十分と考えています。

最短距離を求め過ぎるといつか必ず痛い目に遭うので、成功を収めるには地道な努力を積み重ねるしかないんです。

これはその通りですね、
急がば回れと同じでコツコツ積み重ねが大事だと思います。
ファンダでもテクニカルでも自分のエントリーポイントまでしっかり待つ事が結局自分の利を重ねる
最短距離かと思います。

今しがないさんにファンダの事で教えて頂きたい事があるので、質問の考えを
まとめています。
近々再度コメントしますので回答頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

Re: No title

お父さん、こんにちは。

スイングは失敗だったとの事ですが、40pipsの利益を出すなんて見事です。
それに、またすぐにエントリーするのではなくて、自分の考えてる展開や方向性になるまで、じっくり待つところも流石ですね。

記事を評価して下さってありがとうございます。
実は、この記事は一ヶ月くらい前から少しずつ書いてたんですが、『ファンダメンタルズはテクニカルより上だ』と主張してますし、お父さんの前回のコメントに対する反論のように受け取られるかもしれないと思って、少し不安に感じてたんです。

なので、こんな風に有難い言葉をかけてもらえてホッとしました。

ごめんなさい

こんばんは。
先日、メールのやりとりをしたいとほざいたものです。そうですよね、見ず知らずの人とやりとりする道理などありませんね。失礼しました。
ただ、『誰かに教えてもらって手っ取り早く稼ごう』というつもりなどなく(コメントにも書いていたつもりでしたが・・・)、専業になった後の苦労とか困難を話したかっただけなのです。トレードの利益で言えば現在の会社の年収と同じかちょっと低いくらいは稼げています。しかしそれも会社という別収入があるからこそ心にゆとりがあって稼げてるだけなのかも?っと何度も脳裏に浮かんでなかなか踏み切れない状況だったものであのような投稿をしてしまいました。
やりとりはもちろんあきらめますが、今後もブログは参考にさせていただきます。コメント投稿への返信くらいはしていただけるとうれしいです。
お騒がせしました。

Re: ごめんなさい

嫌な気分にしてしまって申し訳ありません。

実は書いたあとに、『これだと分かりにくいかもしれないな』とちょっと後悔してたんですが、『誰かに教えてもらって手っ取り早く稼ごう』という表現は、私は例えとして使いました。
やり取りする話題が、トレード手法とか専業生活だとかという事はあまり重要ではなくて、『過程を全部省いて、自分が必要なものだけを手に入れようとする考え方』に対する警鐘みたいな感じだったんです。

なので、長い目で見れば、りんさんが相場の世界で生き残るのに役立つと思って、あえて厳しいお返事を書かせて頂きました。
今は結果が出てるとの事ですが、こういった考え方をしてると、上手くいかなくなった時に詐欺師に騙されるかもしれないですから。

もうコメントする気にはなれないかもしれませんが、コメントを下されば今まで通りお返事させて頂きます。
宜しくお願いします。

No title

しがないさん こんにちは
ブログ記事も勿論ですが、しがないさんとお父さんのやりとりも毎回興味を持って拝見させていただいています。
入り込む余地がないくらい私はレベルが低いので本当に勉強になります。
しがないさんと繋がりたくなる気持ちはよく分かります。それくらい、しがないさんのブログは考えさせられますからね~。
最近は本当に自分のレベルが低くて反省しきりです。
専業ってホント凄いことですね・・・。

Re: No title

自称紳士さん、こんにちは。
褒めて下さってありがとうございます。
何事にも手を抜けないタイプなので、つい熱く語ってしまうんです(笑)

ただ、『正論は最後には必ず認められる』と私は信じてるんですが、例えそれが本当に正しくても、正論は短期的には傷つける事が多いので、主張する時は慎重にしないといけませんね。

いえいえ、専業は社会からのドロップアウトみたいなものですし、人としてのレベルは私の方が遥かに低いですから(笑)

No title

しがないさんこんにちは。
ここ数日、しがないさんにコメントしようと思っていたんですが、子供の遠足やら運動会の準備で、なんとも忙しくてなかなか、コメントできませんでした(-_-;)。

40pipと言っても5000通貨の40pipなので普段の10万通貨の利益から見ると2~3pipの利益と同じなんですよ。
スイングは凄く良い形の時は最大で5万通貨
他は1万や5000通貨です、場合によっては1000通貨の時もあります、
ただ大きな値幅狙うので通年で考えるとデイトレの損失補てんや小ボーナスっぽくなるので、精神的にも
良い効果を発揮してくれています(笑)
私はスイングでもトレンド発生から狙うので、一度は狙い通りの方向に大きく動くのでスイングでは、あまり負けません、
結局値幅の問題で長い足で失敗して値が逆行しても大きな値幅が動いてるので、しっかり逆行してから決済しても建値かギリギリプラスが多いんですね、
これで大きなLOTで取引出来れば最高なんですが、
精神的にそれが出来ない自分がもどかしいですね(笑)
FOMC後はしっかり、予定通り上昇したので買いポジション保有しました。
上昇確認して寝て、朝8時に1,134で買いポジとってストップ50でしたが同日の15時過ぎに1.1338まで下げたので2番底と判断してストップを切り上げたんですが、結果良かったんですが金曜にストップにかかってマイナス2pipでした(笑)
又上昇の形出来たら狙おうと思います(笑)

以前にもコメントしたかと思いますが、
私はテクニカルが上とかファンダが上とかの考えが
ありません、
ただ個人が合うもので勝てているものを信じる事は普通の事なので、しがないさんがファンダが上、大事と
主張する事は普通の事と思います。
私は色々な面で色々な実戦検証を数年重ねましたが、
テクニカルでもファンダでもスキャルでもデイトレでもスイングでも順張りでも逆張りでもルールを守れて資金管理が出来ていれば問題無いと考えています。
その中で私は順張りのデイトレが自分が稼ぎやすいと
言うだけの話です。
私は順張りを上昇中にさらに上昇するのを順張り。
相場が反転するだろうと分析できる場所からエントリーする事を逆張りと考えているので。
唯一やってはいけないと考える事はナンピンです。

テクニカルが主でも指標を気にするのは、やはり指標は相場を動かすきっかけになる事が多いからです。
重要指標は発表時には値が上下に大きくぶれる事多いですし、今後の方向性を作る場面が多いと思います。
なので重要指標時は手を出さないし、その後分かりやすい形が出来てくるまで待ちます、
稼ぎ続けるには自分の分かりやすくて優位性が多く確認出来る場面でトレードを繰り返す事が必須と考えています。
テクニカルで簡単に表現すると綺麗なチャートの時にトレードするべきと思います。
私は自分の形が揃うまで100pip動いてもトレードしません。100pip動いても、同じ方向にさらに100pip動くような場面で数回に分けて攻めるようにしています。

ところで、前コメントで書いたようにしがないさんに
教えて頂きたい質問があります。
もし差支えなければ回答頂けると幸いです。

毎日色々な経済指標が発表されます。
この中で私が避けるのは重要指標だけです。
私の言う重要指標とはFX会社の指標スケジュールに重要と書かれているものです。
重要と書かれているものの中でも、例えば雇用統計や政策金利等です。
ここら辺はその月の方向性を決める可能性が高いと考えています。
なので発表前には手を出しませんし発表後も早くて数時間後に形が揃った時しか手を出しません。

逆に重要と書かれていない指標は方向にあった値動きをさらに加速する可能性が高いと考えています。
なので重要じゃない指標時は発表前には手を出しませんが発表直後に綺麗な形をチャートが描いていて方向があって居れば手を出します。

テクニカルが主だと言っても経済指標や各国が懸念されるような問題のニュースは必ずチェックします。
方向を作り出すファンダ、その方向をチャートに表現するテクニカルといった感じなので、
細かい足だけ見てると大きな流れが見えなくなります。
指標発表前等良く値動きが激しく上下に動くのは市場参加者の思惑が割れているせいだと考えているし、

指標前に一方的に動く場面は市場参加者の期待感から
だと考えています。

各国の思惑や市場参加者の思惑など色々あると思います、各国自国通貨の価値を上げたい下げたい維持したい等、色々思惑があると思いますし、どちらかの方向に強制的に持っていきたい時に各国大胆な金融政策を取る事が多いとも思います、そして、それを上手くやる政権は市場参加者に期待感や失望感を持たせることも上手いと考えています。

そこで質問です。
しがないさんが毎月特に重要視している経済指標は何でしょうか?
又、今後気にしている問題などあれば教えて頂けると幸いです。
単純に雇用統計とギリシャ問題とかでも構いません。
差支えなければ解答頂けると幸いです。
長文失礼しました。
宜しくお願い致します。

Re: No title

いえいえ、お気になさらずに。
トレードだけではなくて、私生活も充実しておられるようで何よりです。

5000通貨とはいえ、シナリオ通りの展開にならなかったにも拘わらず、勝ち逃げするのは流石ですよ。
スイングは意地になる人が多いですから。

頂いたご質問に関しては、申し訳ないんですが、重要視してる経済指標はちょっとお答え出来ません。
為替相場ではテーマが常に変化するので、私はその時の状況によって優先順位を変えますから。

例えばECB理事会は、QE導入を決定するまでは一番重要だったけど、これからは当分現状維持だから今は為替相場への影響は小さくなってますし、あるいは、これはまだFXが始まる大昔の事なんですが、貿易収支で最も動いた時代だってありますから。
なので、『全ての指標、全ての材料を必ず一度は分析して、そして優先順位が低いと感じたものは切り捨てる』という考え方で私は臨んでます。
孫の二乗の兵法の、『略』ですね。

ただ、参考までに私が現在重視してる指標を幾つか挙げると、賃金上昇率・CPI(総合)・PCEデフレーターです。
米国が利上げ出来るかどうかはインフレ指標次第なので、長めの方向性やシナリオを描きながらトレードしてる私にとっては、これらの指標は重要なんです。

それと気にしてる問題は、『米国経済の減速、および金融政策の方向性の変化を、市場がどの時点で認識するか』ですね。
今はこの一点のみに、私は全精力を注いでます(笑)

ギリシャについては、私は全く気にしてません。
もちろん、速報によって多少は乱高下するとは思うんですが、ユーロドルのトレンドには大して影響を与えないと考えてるので。

No title

しがないさんこんにちは、
解答ありがとうございます。

シナリオ通りの展開にならなかったにも拘わらず、勝ち逃げするのは流石ですよ。
これは私単純に含み損状態が凄く嫌いなので(笑)
精神的に宜しくないです。
さっさと損切りして仕切り直した方が安全とも考えています。

優先順位を変えるというのは納得感が強いです。
当然と言えば当然の事かもしれませんが。
どれが優先順位の上位に来るか判断するのは中々難しいと思います、その中で優先順位の低い物を、あっさり切り捨てられる所はさすがです。
今後の参考にさせていただきます。

米国が利上げ出来るかどうかはインフレ指標次第、
、賃金上昇率・CPI(総合)・PCEデフレーター、
ここら辺の米指標時の場合は私完全にトレードしてない時間帯のなので、いつも結果確認してテクカルと方向の
確認してるので、今後より注目して見ようと思います

ギリシャは、やはり気にしてないんですね(笑)
私もスイングでは上昇しか狙ってません。
もし売りスイング持つとしたら私の場合1.08以下にならないとポジション持つ形が揃わない筈なので今は買いのみ検討しています。
色々と非常に参考になりました、ありがとうございます。

Re: No title

お父さん、こんにちは。

含み損状態が嫌いという事は、お父さんは性格的にトレーダーに向いてるんですね。
相場の世界で勝ち続けてる人には、やはりしっかりした根拠があるんだなと実感しました。

仰るとおり、優先順位をつけるという作業は、『言うは易く行うは難し』です。
自分の中では、『これが一番に違いない!』と思ってても、市場が全く違う判断をする事はよくありますから(笑)

でも、『テクニカルもファンダメンタルズも、利益や勝率を数パーセント上げるぐらいのイメージで接するべき』と記事でも書いたんですが、外れた時は割り切ればいいかなと考えてます。
ずっと考え続けてれば、『相場と感覚が噛み合う時』がいずれ訪れますし、実は、今の私はその状態なんです。

ただ残念ながら、感覚が冴えてる割りには、結果は大した事ないんですが(笑)

こちらこそありがとうございます。
参考になれば幸いです。

No title

しがないさん はじめましてタラランと申します
たいへんぶしつけで全然記事に関係ない質問でもうしわけないんですが、
しがないさんは年収だと1000万前後であろうというようなことがブログからは読めるのですが自分の手法に
確固たる自信があるばあい、徐々に運用の基本ロット数を利益を投入し増やしていけばもっと上の年収(3千や5千や1億)をめざすことが
長期間では可能だと思われるのですがそのようにしないのはなぜなのでしょうか?
しがないさんに限らず安定して長期に相場で勝てる人で年収がそこまで突き抜けていない人に対して私が思っている疑問なのですが。

ご回答もらえると幸いです。

Re: No title

タラランさん、はじめまして。

いえいえ、私は1000万も稼いでないですよ。
その半分以下です。

ロットはどんどん大きくなってますし、始めた頃とは比べものにならないくらいのロットで今はトレードしてるんですが、でも相場の世界は、ロットと比例して利益も右肩上がりで増えるほど甘くはないんです。

出来れば、まず過去記事を読んで頂きたいです。
読んで頂ければ、私の考え方が分かるはずですから。
私はとにかく、勝ち続けることに拘ってますし、『例えその歩みはカメのように遅くても、最終的にウサギに勝てばいい』と考えてるんです。

PAGETOP