《12月のトレード成績》
ユーロドル 3勝2敗 73.2pips

《2015年の年間成績》
ユーロドル 34勝38敗 635.8pips

《長期投資》
ソフトバンクグループ 3045円   400株
ヤフー         414円  1400株
(12月末時点の含み益・135万)


FX

12月は3連勝のあと2連敗したので、前半の勢いを持続出来なくて少し残念だったんですが、でも、73pipsは私にしては悪くないし、まずまずといった感じでした。

ただ、機械的にエントリーしてたら、『3勝10敗、-42pips』だった所を、しがないフィルターでエントリーを選別した事によって(笑)、『負けを八つ減らす&115pipsの収支の改善』を達成したし、数字以上に満足しています。


私のピボット手法は、ファンダメンタルズで1日の戦略(売りかあるいは買いか)を決めるんですが、『もし売りだったらR1でショート、買いだったらS1でロング、そして利確はピボットポイント』という凄くシンプルなものなんです。

だからパフォーマンスを分ける要素は、『①トレード手法と相場の相性、②ファンダメンタルズ分析によって導かれる感覚』のふたつなんですが、運に左右されるトレード手法ではなくて、感覚で勝てたから完全に実力だし、仕事やった感がハンパないですから(笑)


もちろん、常に正しい判断をするなんて不可能だし、1ヶ月単位では、機械的にエントリーした方が成績が良い時も当然あるので、『フィルターのせいで逆に悪化したわ。とほほ』と落ち込むこともあります。

でも、永遠に勝てるトレード手法はこの世に存在しないし、テクニカルだけで機械的にトレードしてるといつか必ず痛い目に遭うので、好むと好まざるとに拘わらず、トレードには感覚を取り入れないといけないんです。


ただ、こんな事を書いてると、『感覚とかファンダメンタルズとか言ってるけど、1年間でたった630pipsしか獲れてないじゃないか。俺はそんなショボい利益には興味ない。もっとガッツリ稼ぎたいんだ!』と反論する人がいるだろうし、確かに決して誇れるトレード成績ではありません。

でも、今だけを見るのではなくて、『11年連続・年間成績プラス』という実績を考慮した上で、私のトレード理論を評価して頂きたいんですよね(笑)

この11年間で、『狂気だったキャリートレード相場とその後のリーマンショック、ドル円が最安値を更新した円全面高、アベノミクスに2度のスイスフランショック』といった数々の衝撃的な事件を私は全て乗り越えてきたし、目先の勝ち負けではなくて、常に10年、20年先を見据えてたお陰で、どんな環境でも勝ち続けられたんですから。


それから、2015年から採用したピボット手法についての感想ですが、長い目で見れば、安定感が高まったのは間違いないし、それに、ピボットは性格的に合うからトレード中のストレスが減ったので、この変革はいいとこ尽くめでした。

だから、11年かかってようやく、『私にとっての理想のトレードスタイル』に辿り着けたと考えてるんですが、ただ、トレードスタイルはほぼ完成したとはいっても、これからも努力を惜しむつもりは全くありません。

獲得pipsはボラティリティ次第だから、さらに増やせるかどうかは分からないけど、勝率の5割超えなら可能だと思うし、感覚に関してはまだ改善の余地がありますから。


為替相場

大方の予想通り、FRBは利上げに踏み切ったんですが、私はバリバリの利上げ反対派だからこの決定は間違いだと確信してるし、イエレンには本当にガッカリしました。

先月の記事でも書いたけど、現在は情報革命の初期段階だし、第二次産業革命以来のパラダイムシフトが起こってるから構造的にインフレになりにくくなってるので、まだ引き締めるべきではないですからね。


もちろん、トップは全ての責任を背負わされるし、もし判断を誤ったら、『あいつはバカだった』と後世まで語り継がれる事になるので、低金利の反動を警戒するイエレンの気持ちもよく分かります。

でも上述したとおり、今は金融政策を緩和にせざるを得ないんだし、低金利を続けたせいで大暴落が起こって、結果的に経済が大きく冷え込んだとしても、それは中央銀行の責任ではないから開き直ればいいんです。

リーマンショック以降7年も続いた、『超緩和的な金融政策』という構造改革の絶好の機会に、しっかり改革に取り組まなかった政治家が悪いんだし、それに、例え一時的に批判されても、時の洗礼を受ければ正当な評価が下されるんですから。

まあ橋下さんみたいな、自分が死んだ後の数百年先まで考えられる人ってそうはいないし、イエレンには無理でしょうね。


それとユーロドルに関しては、ここ数ヶ月言い続けてるとおり、基本的には軟調だと思うんですが、ただ、米国経済は今年確実に減速するので、0.9とか0.8まで下がる事はまずないだろうし、せいぜいパリティかなと考えてます。


長期投資

去年は久しぶりにソフトバンクを買い増したんですが(7170円で100株)、残念ながら私が買った後もずっと軟調に推移してるし、買うタイミングを完全に間違えてしまいました。

もちろん、常に底値を拾うなんて不可能だから仕方ないんですが、でも、私にとって72万は決して小さな金額ではないし、上手くやれば10万以上安く買えてたので、やっぱり悔しいですね。


ただ、『最終的にはソフトバンクに500万ぐらいつぎ込む』という投資戦略を立ててるし、今はまだ将来の果実のために種を仕込んでる段階に過ぎないので、これからも積極的に買い増していくつもりです。

そして、売却は25年後ぐらいを予定してるんですが、NISAの扱いとか、その時の税率によって利益は大きく変動するだろうけど、税引き後で最低1億は稼ぎたいと考えてます。


純利益で1億という事は株価が25倍以上にならないといけないので、『しがないさん、1億はさすがに無茶だよ』と思われるかもしれませんが、私は先見性と人を見る目には絶対的な自信があるし、まあ大丈夫でしょう(笑)

だから、このソフトバンクの売却益を、専業を引退する時の退職金代わりにするつもりだし、そして実際に1億稼げたら、その内の1%を寄付したいですね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しがないさん、明けましておめでとうございます。

良い年末年始が過ごせたようですね。
私は今年は旅行等は行かずに近場で家族サービスをしてまったり過ごしました。

そういえば、、ピボットみたいな面白味のないテクニカルと言いますが。
私CCIのテクニカルが好きなんですがMT4に標準装備の
CCIは使用価格がピボット使われているんですよ。
CCIのラインって1SMAを使用価格ピボットにすると同じになるので。
fastピボットの位置確認の分析用に使っていたんです
日足なんかは必ずチェックするのですが日足のCCIの始位置は日足のfastピボットになるので、オープンの位置とfastピボットの位置から分析始めるんです。
週初めや月始めは月や週の位置も確認して置くと長い目で週や月のfastピボットの位置確認して置くと早めに
大きな転換に気が付きやすいので必ず分析しています
。ただピボットのインジケーターで直接見ていなかったので、しがないさんの記事読んでピボットのインジで見たら・・・あらまぁ・・・まったく同じじゃないか・・・・となっただけで(笑)
ピボットレートは気にしていたけどピボットと言うインジで見ていなかったし、そこに気が付いていなかっただけなんですね。
まぁ私、始位置だけ、見て上か下かでその中のトレンド出てる時しかトレードしないんですが。
そこにR1やS1等の位置がどう関係してくるかって感じです
その中で大きな指標は避けたり、値が加速しそうな時間や位置を探ったりと色々分析する感じです。

面白みが無いと言う事は無いですよ。
方向決めるのには変にテクニカル組み合わせるより分かりやすいですし。
価格の位置関係を分析するのは面白みがあると考えています。

本年も頑張りましょう。
宜しくお願いします。

No title

あけましておめでとうございます。
しばらくコメントできていませんでしたが、記事は欠かさずチェックしていました。
今年もためになる記事をよろしくお願いしますm(_ _)m

たしか前回コメントした時は「5月の成績がよかったので6月からロットを大きくする」っていう事を書いたと思いますが、その後見事に調子を崩してしまって(笑)、5月の勝ち分を全て吐き出した上に年間の収支もマイナスになるところまで落ち込んでしまいました。その後徐々に取り返して、最後の最後でなんとか5月末くらいのところまで戻せたので良かったんですが、去年は相場の世界でコンスタントに利益をあげる事の難しさを実感した1年でした。11年連続プラスというのは気の遠くなる話ですね。

それでは、今年も1年よろしくお願いします。

あけましておめでとうございます

去年も終わってみれば、綺麗に締め括って安定した成績ですね。
こんなに長期間、一定のペースで取引しながらプラスを続けてるトレーダーのブログって見たことないです。

私はやっと、例年より大きめの利益で1年を追われました。
勝負の年のつもりだったので、もっと達成感があるかな、と思ってたんですが、今後ロットを増やしても同じような成績を維持しないと意味がないので、あんまり喜びがなかったです( ;´Д`)

引き続き、やり方をチューニングしつつ、レベルと器を引き上げてきたいと思います。

では、今年もよろしくです!!

コメント欄の方々も、良い1年を!

Re: No title

明けましておめでとうございます。

12月も一応勝てたので、なんとか年を越す事ができました(笑)
お父さんは、今年はマッタリ過ごされたんですね。
家族サービスお疲れさまです。

なるほど。
私のピボットに対する印象は、『シンプル』ですし、そのシンプルさこそが、採用した理由だったんです。
ファンダメンタルズで戦略を描く私にとっては、エントリーと利確のポイントは分かりやすい方がいいですから。

なので、面白みに欠けるのかと思ってたんですが、そんな事はないんですね。

それにしても、そういった一歩踏み込んだ使い方をするなんて、さすがお父さんです。
やっぱり普通の人とは目の付け所が違いますね。

こちらこそ宜しくお願いします。
お互い頑張りましょう。

Re: No title

あけましておめでとうございます。

ZSBさん、お久しぶりです。
記事はずっとチェックしてくれてたんですね。
ありがとうございます。

ロットを大きくした直後に調子を崩してしまったんですね。
私もそれで何度も痛い目に遭ってますし、この現象はもはや、FXあるあると言えるかもしれません(笑)

11年連続と言っても、初めの3年間はマイナスにならなかった程度なんです。
1年目は確か+600円ぐらいですし(笑)、2年目はキャリートレードの最中で含み益で年越し、そして3年目も、+2万程度ですから。
ただ、それでも負けなかったことは大きかったと思いますし、そしてこんな事が出来たのは、どれだけ苦しい状況に追い込まれても損切りだけはキッチリやってたからなんです。

なので、ZSBさんは熱くなるタイプではないから大丈夫だと思うんですが、損切りにだけは気を付けて下さい。

こちらこそ宜しくお願いします。

Re: あけましておめでとうございます

モル作さん、あけましておめでとうございます。

10月に完敗を喫した時はどうなるかと思ったんですが、最後の2ヶ月はまずまずでしたし、なんとか挽回できたのでホッとしています。

確かに、これだけ粘り強いトレーダーは珍しいかもしれません(笑)
上記のコメントでも書いたとおり、初めの3年間は勝ったとは言えないぐらいのショボい成績だったんですが、11年って結構長いですからね。
義務教育でも9年ですし(笑)、我ながらよくやったと思います。

モル作さんにとって、2015年はいい感じだったんですね。
ただ仰るとおり、ロットを大きくしながら勝ち続けるのが難しいんですよね。
ロットが大きくなると、どうしても金銭面を意識してしまいますから。

モル作さんの計画どおりにレベルアップ出来るといいですね。
こちらこそ宜しくお願いします。

No title

はじめまして。いきなり失礼します。
昨年専業トレーダーとなり、個人事業主として登録をしました。
11年専業トレーダーをされているとの事で、よろしければ、確定申告の質問をさせて頂けないでしょうか。
いろいろ調べていますが、途方に暮れています。。
確定申告は、個人でされていますでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

No title

はじめまして。私は全然違うタイプのトレーダーです。
11年連続プラス。おみそれしました。すごいことです。
勝つことは簡単です。勝ち続けることは本当に難しい。
私は去年から専業としての道を歩んでいます。

私も精進してしがないさんのようなトレーダーになりたいものです。
と書いてるそばから本日は損で終わってるんですけどね(笑)
またお寄りさせてもらいます。

Re: No title

申し訳ないんですが、私は個人事業主としてFXをやってないので、相談には乗れません。

ただ、逆上がりが、本やネットでどれだけやり易い方法を調べても、実際にやってみないと出来ないのと一緒で、確定申告も実際にやってみないと雰囲気は掴めないんです。
なので、ネットで調べながら、自分で一度やってみて下さい。
おそらく何とかなるはずですから。

役に立つお答えが出来なくて申し訳ありません。

Re: No title

はじめまして。
やまぐちんさんも、専業でFXをしておられるんですね。

『11年連続・年間成績プラス』という実績を称えて下さってありがとうございます(笑)
勝ち続けることの難しさに共感してもらえると嬉しいです。

書いてるそばから負けたとの事ですが、私は一日単位では負けまくってますし(笑)、やまぐちんさんなら、精進を積み重ねれば私なんか簡単に超えれるのではないでしょうか。

こちらこそ宜しくお願いします。

No title

しがないさん
あけましておめでとうございます。
素人の私には、年明けから凄い動きで理解出来ません。
こんな気持ちになると、「しがないさんはどんなこと考えてるかな~」と、このサイトを覗きに来たくなります(笑)
今年もよろしくお願いします!

No title

はじめまして
ピボットを表示させるインジケーターを最初からずっと使っていたのですが、使い方がわからずまったく見てないので今年にはいって消したところでした。でもしがないさんが頼りにしてるというのを読んで心が揺れてます。普通にチャートを見てラインでエントリーするなら水平線を目安にしそうだし、ピボットは過去の値から算出されたものだから関係ないのでは?と思ったり、でも世界中で見てる人が多いとよく書かれてるので、見てる人が多いから効くのかなと思ったり…。裁量トレードなので、しがないさんのフィルタというのが一番大事なんでしょうね。

Re: No title

自称紳士さん、あけましておめでとうございます。

仰るとおり、年初からなかなかアグレッシブですよね。
週前半は、円相場とは違って金融政策に沿う動きをしてたユーロドルも、後半になって上がってきましたし、だんだんリスクオフの様相を呈し始めてますから。

ただ、『これがリーマンショックのような大暴落に繋がる事はない』と私は確信してますし、結構楽観的なんですが、たとえ一時的だとしても、リスクオフになるとファンダメンタルズが機能しにくくなるので、荒れるのは勘弁して欲しいです(笑)

でもこの先どうなるにしろ、荒れてる時や自信がない時は無理をしないのがベストだと思います。
私が今まで生き残れたのは、無理をしなかったお陰ですから。

このブログを心のより所にして下さってありがとうございます(笑)
こちらこそ宜しくお願いします。

Re: No title

ななさん、はじめまして。

このブログの影響を受けて、ピボットとの決別に二の足を踏んでおられるんですね。
迷わせてしまってすいません(笑)

ただ、『優れたテクニカル』なんてこの世の中にひとつも存在しないですし、テクニカルは所詮、トレードの補助的なものに過ぎないので、『自分と性格的に合うかどうか』というシンプルな観点から判断してみてはどうでしょうか。

ななさんも仰っておられる通り、一番大事なのはフィルター、すなわち、『売りか、あるいは買いか』の戦略の部分ですし、そしてその戦略を立てるのに有効なのは、ファンダメンタルズなんです。
なので、例えばサイコロでトレードしても、十分勝ち続けられると思います。

テクニカルだけでは絶対に勝ち続けられません。
詐欺師に騙されないようにお気を付け下さい。

PAGETOP