《12月のトレード成績》
ユーロドル 2勝2敗 27.8pips
ドル円   4勝1敗 72.3pips

《2016年の年間成績》
ユーロドル 28勝38敗  302.1pips
ドル円   13勝8敗   236.9pips   

《長期投資》
ソフトバンクグループ 3796円   620株
ヤフー         415円  1500株
(12月末時点の含み益・251万)


FX

11月に引き続いて、12月も100pips以上勝てたし、私にしてはまずまずの結果を残せたので、1年の締め括りとしては決して悪くありません。

ただ、ドル円でビッグトレード(55.5pips)が炸裂したお陰で、終わってみればまずまずだったけど、紙一重で40~50pipsの利益を逃したポイントが5度もあったんですよね。


だから、2ヶ月連続で3桁を達成した嬉しさなんて微塵もないし、結局2016年は、最後の最後までピボット手法と相場が噛み合ってくれなかったので、凄く悔しい1年になってしまいました。

『方向感が全く分からない』と感じた時期はなかったし、相場観はずっと冴えてたにも拘わらず、ピボット手法のせいでことごとくチャンスを逃しましたからね。

最終的には、9月から始めたドル円で大きく稼げたからそれなりの数字にはなったけど、7月が終わった時点でたった88pipsしか獲れてなかったので、一時はどうなる事かと思いましたから。


でも、ファンダメンタルズ分析でフィルターをかけて、負けトレードをいくつも回避してたお陰で、悪いなりにも利益を出せてたので、その粘りが後半の追い上げに繋がったんですよね。

もしフィルターなしだったら、初めの7ヶ月で200pipsくらい負けてただろうし、立ち直れないダメージを負ってましたから。

だから私は、『永遠に勝てるトレード手法は存在しない』と何度も書いてるし、テクニカルだけでは勝ち続けるFXトレーダーに絶対になれないので、ファンダメンタルズをしっかり勉強して、相場観を研ぎ澄ませないといけないんです。


ただ、相変わらず偉そうな事を書いてるけど(笑)、2016年は専業に転職以降で初となる、『FXの利益で生活費を賄えなかった1年』になってしまったんですよね。

だから、数年間は生活出来るだけの貯金があるとはいえ、2年連続は絶対に避けないといけないので、今年はなんとしても生活費を稼ぎたいですね。


この1年は私自身が生きた教材となって、『FX歴12年の専業トレーダーでもこんなに追い詰められる』という相場の世界のシビアな現実をお見せ出来たので、読者の方の気を引き締めるのに、役立ったかもしれません。

FXは運だけで大きく勝てる事があるので、才能があると勘違いする人が凄く多いですから。

でもその一方で、『反しがない』の人にとってはメシウマだったと思うので、2017年は結果を出して見返すつもりです(笑)


為替相場

先月の記事で、『ユーロドルのレンジは続く』と書いたんですが、意外にあっさり2015年の安値、1.046を割ってしまったし、全然続かなかったですね(笑)

ただ、予想は完全に外れたけど、『トランプノミクスへの期待が続けば流石に持ち堪えられないだろう』とも書いてたし、これだけ安値に接近すると、『とにかく割ってやろう』と市場が考えるのは当然なので、想定外という事はなかったんです。

ユーロドルは売りしかしてないし、軟調な地合いを前提にして臨んでましたから。


ただ、安値を割ったんだし、もっと勢いが出てもいいはずなのに大して下がらないので、期待感や思惑でのドル買いは、一旦収束したと思います。

だからユーロドルの行方は、『トランプが大統領に就任したあと実際に何をするか』次第だろうし、もし期待感をキープ出来れば、もう一段のドル高があるかもしれません。


でも、一時的に盛り上がったとしても、トランプはどうせ構造改革に取り組まないので、米国経済が持続的な成長を遂げる事はないでしょう。

20年以上経済が停滞してる日本ですら、未だに構造改革が全く進んでないのに、日本より遥かに余裕のある米国が、改革に必死になるはずがないですから。

未来を基準に物事を考えられる人って少ないので、結局の所、サッチャー登場前夜の英国並みの悲惨な状況にならないと、国民は危機感を持たないんですよね。


最後に、今回は年初の記事なので、為替相場というよりはマーケット全体について書きます。

私は2012年にブログを始めてから、Don't touch スイスフラン!のような記事で、個別の通貨について警鐘を鳴らした事は何度もあるんです。

でも、市場全体の暴落を予想した事はこれまでに一度もなくて、どれだけ世の中が、『大暴落が来る!リーマン級だ!』と騒いでても、私は一貫して、『大暴落なんて絶対ない』と言い続けきたし、実際に大暴落は起こりませんでした。


ただ、今回初めて、『黄色信号が点灯した』と書かせて頂くし、そしてそう考える根拠は、ECBが先月発表した、『QEの減額』です。

原油の底打ちやトランプノミクスによってインフレの声が高まってるけど、でも、世界恐慌時に現役だった世代は一生消費が弱かったと言われてるし、リーマンショックで崩壊した消費マインドが回復するのは容易ではないんです。

だから、結局大してインフレにならないので、そんな状況で米国に続いてユーロ圏まで引き締めになるのは、実は凄く危険ですからね。


ただ、減額と同時に緩和策も発表してるので、ECBは引き締めに転換したわけではないし、まだ焦る必要はありません。

でも、『転換しそうだ』という思惑だけでも暴落は起こり得るので、2017年は、主要国の金融政策の方向性に注意を払うべきでしょうね。


長期投資

スプリントは、一時は完全に再起不能と思われてたんですが、でも2015年8月に、『必ず改善してみせる』と孫さんが言い切って以降は、その言葉通りに業績も財務も明らかな改善を遂げました。

だから、スプリントの株価はその改善が素直に反映されて、2016年1月に付けた安値から、250%以上も上昇したんです。

ところが、ずっと足を引っ張ってたスプリントが改善したにも拘わらず、親会社のソフトバンクの株価は、イマイチ伸び悩んでたんですよね。


だから、『このズレはいずれ修正される。何かのキッカケで火が点くだろう』と考えてたんですが、12月は、久しぶりに力強い上昇を見せてくれました。

ただ、トランプとの電撃会談がそのキッカケになるとは全く思ってなかったので、合衆国次期大統領とも会える孫さんの人脈も含めて、この一連の展開には流石に驚きましたね。


でも、ソフトバンクはいずれ間違いなく時価総額世界№1を達成する企業なので、まだまだ割安です。

元々盤石だった国内通信事業、ヤフージャパン、アリババに加えて、唯一の不安要素だったスプリントが、むしろこれからは稼ぎ頭になるんだし、ARMをゼロと見積もっても、今の3倍くらいの価値はありますから。


だから、ソフトバンクにはすでに240万近く投資してるんですが、今年のNISA枠の120万も、全部つぎ込むつもりです。

私はトレーダーとしての才能が決定的に欠如してるので、FXで老後に必要な蓄えを稼ぐのは不可能だし、ソフトバンクに未来を託すしかないですからね。


ただ、こんな事を書いてると、『一点集中ってマジか。いくらなんでも危険過ぎるぞ』と感じる人が多いかもしれません。

確かにランチェスターの法則では、リソースを一点に集中する戦い方って、あくまでも弱者が採るべき戦略とされてるし、ちょっとギャンブル的です。

でもバフェットだって、『分散投資は無知を保護する手段だ。投資を理解している人にとって、分散投資は理に適っていない』と言ってるし、実は一点集中こそが、最強の投資法なんです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくです。

めっちゃ追い上げて、終わってみれば月平均で数十pipsの安定した結果ですね。
驚異的な粘り勝ちですな( ;´Д`)

私は低利益に終始しましたが、安定性はキープできたので、自信になりました。
今年も、副業の気楽さを活かして引き続きのんびり行くつもりですが、ビビり過ぎずに行こうと思います。

Re: タイトルなし

明けましておめでとうございます。
こちらこそ宜しくお願いします。

ありがとうございます。
年前半はホントに苦しかったので、これだけ挽回出来た事に心からホッとしています。
相場観はずっと悪くなかったので、ピボット手法がある程度噛み合ってくれれば挽回できるとは信じてたんですが、そうは言っても7ヶ月で88pipsは、あまりにも悪すぎましたから。

なので、去年は生活費をさらに切り詰めるために、ご飯のおかずは、梅干しや生卵、鮭フレークといったものばかりでした(笑)

モル作さんは、まずまずといった感じだったんですね。
チャンスが来るまでのんびり待つのが、やっぱりベストのトレードスタイルですよね。

ただ分かってても、なかなか出来るものではないですし、それを実践されてる所が相変わらず流石です。
今年もお互い頑張りましょう!

No title

あけましておめでとうございます。
今年もブログの更新を楽しみにさせていただきます!

手法が噛み合わない中も、最終的に生活費でマイナスとは言え、FXだけでは年間トータルプラスですから、やはり凄いです。
でも、気軽に専業なるぞーとか思うことを戒めて貰えてありがたいです(笑)

今年もどうぞよろしくお願いします。

Re: No title

あけましておめでとうございます。

ありがとうございます。
いつも偉そうな記事ばかり書いてますし、『この体たらくじゃ説得力がないな』と年前半はずっと思ってたので(笑)、最終的にそれなりの数字になって良かったです。

でも、ご謙遜されて、戒めて貰えてありがたいと仰っておられますが、自称紳士さんは調子に乗るような方ではないですし、こんな戒めなんて必要ないじゃないですか。

自称紳士と名乗っておられる事が、冷静さを表してます。
バランス感覚や、自分を客観的に見る能力、相手を思いやる気持ちといったものを兼ね備えてないと、こういうユニークなハンドルネームは思いつかないですから(笑)

楽しみにして下さってありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いします!

しがないさんあけましておめでとうございます!!
しがないさんのブログの読者になって1年が経ちます(´・ω・`)
このブログは経済や金融を勉強するきっかけになったので非常に感謝してます。
トレーダーさんのブログでテクニカルの話がぜんぜんといっていいほどでてこないのが最初はとても衝撃でしたw
ストーカーばりにここへきては何度も何度も読み直して分からない単語があれば調べてを繰り返していました(笑)
ふわっと飛び出す名言も大好きでいろいろメモしております。
「永遠に勝てるトレード手法はこの世に存在しない」がいちばん大好きです。
そしてトレードをしていてきずいたんですが私は結構ムキになっちゃうみたいで(汗)損切りをためらうときはしがないさんを思い出して感情のコントロールをできるようにがんばってますw
しがないさんは感情のコントロールに長けてるので見習っておりますほんと自分てきには感情がいちばんむずかしいですから(´・ω・`)
今年もブログを楽しみにしております!!

No title

2016年はほとんどトレードせずに、別のことを
していましたが、今年再開したところ
超短期トレードですが、収益が上がっています。
数ヶ月ロットは変更せず、取引条件固定でデータを取りたいと思います。
難しい年は1年南の島に行ってトレードしない
という手法もあるかもしれません。
会社員なので、1年FXストップには支障ありません。

Re: タイトルなし

あゆさん、あけましておめでとうございます!

しがない歴が1年になられたんですね(笑)
このブログが経済や金融を勉強するキッカケになって光栄ですし、それに、私が次々に繰り出す、妙な言葉まで気に入って下さってるなんて凄く嬉しいです(笑)

あゆさんは、ちょっと熱くなってしまう所があるんですね。
でも、私は今では感情のコントロールが出来てますけど、FXを始めて間もない頃は、熱くなって無茶なトレードをする事がよくあったんです。

なので、あゆさんも改善できるのではないでしょうか。
ヤバい時は、また私のブログを思い出してブレーキをかけて下さいね(笑)

それにしても、ブログを通してなんだか熱い視線を感じるなと思ってたんですが、あゆさんに、ストーカーばりにチェックされてたからだったんですね(笑)

楽しみにして下さってありがとうございます。
今年も遠慮なくストーカーしちゃって下さい(笑)

Re: No title

南の島に1年ですか。
そういう優雅な暮らしをアピールしてる詐欺師は、FX業界にたくさんいますね。

でも、兼業の方はそれくらいリラックスした姿勢でいいと思いますよ。
今の調子が続くといいですね。

Re 南の島

しがない、さん。こんばんは。
専業トレーダーの厳しさを知る上で
たまに拝見させて頂きます。

実は1年間FXを休んだのは、東南アジアの
某国に米ドルを預金すると、月間目標金額が
達成できるので、資金を持ち出しました。

ノウハウは伏せますが、トレードの曜日を決めて
(2日ほど)証拠金をノンバンクから借りて
短期トレード、すぐに返済を繰り返した所
かならず決済をすることになり、損切り撤退も
微益、トレードを減らして、週間利益が
取れるようになりました。
キャッシングで証拠金は怪しいですが、
必ず手仕舞うという習慣が確定したので
今のところ良い方向です。
まとまった資金は、配当株だとかに
回すのは正解と思います。
やたらとFX証拠金があるのは
トラブルの元のように思い、出金していました。

毎年微益(週末の外食費やガソリン代程度)で
ノウハウを蓄積していきたいと考えています。
月、数万円でも有難いという日が来るかも
しれませんので。

給与収支も黒字なので、米ドルを海外に積んでいくと
思います。
米ドル現受は必ずするので、米ドル円のチャートを
欠かさず見ていたのも良かったかもしれません。

Re: Re 南の島

NKさん、こんばんは。

ブログを読んで下さってありがとうございます。

ノンバンクから借りてFXをするなんてどう考えても危険ですし、確実にいずれ破滅するトレードスタイルなので、今すぐ止めるべきだと私は思います。

それと、配当狙いはハッキリ言って最悪の投資法なので、それもやめた方がいいでしょう。
東電みたいな事例がありますから。

気分を悪くするお返事になって申し訳ないんですが、本音で話した方がNKさんのためになると思ったので、あえて書かせて頂きました。

こういった返信を受ける事によって、自らの考え方を見直すキッカケになるかもしれないですから。
どうかご理解下さい。

PAGETOP