外為というのは24時間動いてる市場なので、FX専業トレーダーは、相場から目を離す事が出来ません。

言うまでもない事ですが、FX専業トレーダーはFXの利益で生計を立ててるので、稼げるチャンスを棒に振ってしまう、 『機会損失』だけは絶対に避けなければいけないですからね。

だから、1日中相場に張り付く事を強いられるFXトレーダーとは違って、拘束時間が短い株の専業トレーダーの事を、以前はよく羨ましく思ってました。

株式市場は15時で終わるので、それ以降は自由に過ごせるし、しかも、ご丁寧にお昼休みまであるので(笑)、オンとオフを切り替えやすいですから。


そして、この相場への拘束時間の違いは、『食事』にも多大な影響をもたらします。

2014年以前に使ってた平均足とボリンジャーバンド・フィボナッチのトレード手法は、エントリーが近づいてきたらチャートから目を離せなかったので、料理を作りながらトレードをするのは不可能でしたからね。

だから、専業トレーダーになって生活のリズムをある程度掴んでからは、市場が落ち着く時間帯に食べる事を心がけてたし、それに食事の回数を1日2食に減らして、エントリー準備態勢と、料理や食事の時間がバッティングしないようにしてたんです。


ただ残念ながら、為替相場には急変が付きものなので、どれだけタイミングを見計らっても、料理中に突然エントリー準備態勢を強いられて、『焼き上がる一歩手前の、Smells Goodなベーコンエッグをフライパンに置きざりにさせられる』という悲劇がたまに起こるんですよね(笑)

だからこういった悲劇を経験する度に、『自炊は止めようかな』と思ったんですが、でもかといって、スーパーに弁当や惣菜を買いに行くという選択肢も、私にとっては難易度が高かったんです。

私の家からよく利用する激安スーパーまでは少し距離があるので、2012年に車を売却してしまって以降は、短時間で買い物を済ませられなくなりましたから。

だから、イースターのような全く動かない日や、荒すぎて手を出せない日を除けば殆ど自炊してたんですが、『相場が動く前に、料理を作って食べ終えないといけない』という緊張感が常にあったからリラックスして食べれなかったので、為替と株の取引時間の違いについて、不満を感じる事が多かったんです。


ところが、2015年からピボットを使うようになってからは、この問題は完全に解決したんですよね。

私のピボット手法は、余程の事が起こらない限り、指値さえ入れておけばほったらかしに出来るので、手間の掛かるものも作れるようになりましたから。


というわけで、夕食については、FX専業トレーダーの1日のスケジュールという記事で書いた頃のものとは、随分様変わりしました。

私は元々料理が嫌いじゃないので、『ご飯、味噌汁、おろしハンバーグ、オクラの鰹節和え』といったバランスの取れた和定食や、あるいは、『たらこパスタ&鮭とあさりのアクアパッツア』のようなお洒落なイタリアンを作る事だってありますから。

だからピボットを採用して以降は、以前はせわしなかった食事の時間が優雅なひとときに変わったので、『思い切ってトレード手法を変更して良かったな』と心の底から実感してたんです。


でも、人生というのはやっぱりそう甘くはなくて、せっかく食事を楽しめるようになったのに、ピボット生活2年目となる2016年は凄まじいスランプに陥ってしまったので、食費を大幅に削らざるを得なくなったんですよね。

数年間生活出来るだけの蓄えはあるので、今すぐどうにかなるわけではないとはいえ、『利益<生活費』という状況で、上述したような豪華な食事を取るわけにはいかないですから。

だから結局、『麺類、ご飯、ウインナー』という以前と同じような夕食になってしまったし、しかもブランチに関しても、『トースト、 ベーコンエッグ、サラダ、クラムチャウダー、ヨーグルト』みたいな感じだった定番メニューから、クラムチャウダーとヨーグルトを外す羽目になりました(笑)


というわけで、専業トレーダーの生活水準はやっぱり利益に左右されるので、あまり稼げてない2016年以降は、かなり質素な食生活を強いられてます。

でも質素だけど、平日はずっと家に篭ってる私にとっては、食事はちょっとしたエンターテインメントなので(笑)、『土日にスーパーに行った時に、セール品の肉や魚をまとめて買って冷凍しておく』といった地道な努力をして、出来るだけ食事を充実させる事に努めてます。


まあ、稼げてないせいで色々窮屈だけど、世の中には仕事が忙しくてご飯をまともに食べられない人もたくさんいるので、毎日温かいものを食べられるだけでも、幸せだと思わなければいけません。

自分の能力のなさがこの事態を招いてるんだし、それに、そもそも専業トレーダーは、サラリーマンの人達に比べると遥かに楽をしてますからね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

しがないさんこんにちは(´・ω・`)
FXはやめたけどしがないさんのブログは見に来てますよ!
今のところFXをやる予定はありませんのでチャートを見ることもなくなりましたが、ニュースで為替のことやるとつい、今そんなに下がってるんだぁと反応しています(´・ω・`)www
北朝鮮は大丈夫ですかね?(´-`)
この土日、怖くて怯えてました(´-`)

Re: タイトルなし

あゆさん、こんにちは!

以前宣言しておられたとおり、FXをやめたあとも、私のブログは見に来てくれてるんですね。
ありがとうございます。

FXトレーダーにとっては、経済や政治関連のニュースをチェックするのって大事ですし、一度身に付いた習慣ってなかなか抜けないですよね。
別れた人がつい気になってしまうのと近い感覚なのかもしれませんね(笑)

北朝鮮に関しては、私は結構楽観的なんです。

米国が地球で唯一のスーパーパワーだった時代は既に終わってるので、もうひとつのスーパーパワーである中国の許可を得ずに、北朝鮮に攻撃する事はまず有り得ないですから。

なので、中国はまだ本気になってないようですし、軍事衝突が起こる確率は非常に低いと思います。

サラリーマンより楽なのなは、疑問でしたね。たしかに嫌な人間関係などはありませんよね。
安定収支が無いと不安になりような気もします。
それでも生き残ってご飯を食べれてるのが素晴らしい。

Re: タイトルなし

そうですね。
人間関係に煩わされずに済むところは、専業トレーダーの大きなメリットです。
全部自分で決める事が出来ますからね。

ただ、通りすがりさんの仰るとおり、不安には常に付きまとわれます。
『突然とてつもなく怖くなって、寝れなくなる』みたいな事がたまにありますから。

なので、やっぱり専業トレーダーという仕事は、『稼げるかどうか次第』だと思います。

No title

しがないさん、こんにちは
以前、書き込みをさせていただいた直人です

僕も、おかずにウィンナーの出現率が高いです(笑)
あとは、釜飯の素を入れて炊いたご飯に、お味噌汁とか

専業トレーダーとしては、最低限、ファミレスのメニューを値段を見ないで注文できるレベルになりたいと思っています

Re: No title

直人さん、こんにちは。

おぉ!
直人さんの食卓にも、ウインナーがよく出現されるんですね(笑)
焼くだけで済むから調理が簡単ですし、それに、ご飯とも相性がいいですからね。

私も、釜飯の素は割りと使います。
決して高くはないんですが、あれってどういうわけか、ちょっとリッチな気分になるんですよね(笑)

『ファミレスのメニューを値段を見ないで注文できるレベル』ですか。
確かになりたいです(笑)

食費をそんなに切り詰めなくても済むように、お互い頑張りましょうね。

No title

しがないさんお久しぶりです。
ブログは変わらず毎回見させて貰っています。
しがないさんのブログを読んでいると専業に憧れる私としては本当に戒めになってありがたいです。
FXで利益は出せていますが、しがないさんの過去ブログに反することばかりしているので、努力が足りないな~と思い出したように反省しています(汗)
そろそろまた最初からブログを読み直した方がいい時期かも・・・。

Re: No title

自称紳士さん、お久しぶりです。

愛読して下さってありがとうございます。
このブログが、自称紳士さんのトレーディングのお役に立ててるなんて光栄です。

相場の世界は凄く気まぐれなので、ついひと時の感情に流されてしまいますよね。

私も、3月から採用した新ストラテジーが割りといい感じなんですが、だからといって調子に乗ると、FXの神様は確実に手の平返しをお見舞いしてきますからね(笑)

でも、努力が足りないと仰っておられますが、トータルでは利益を出せてるとの事ですし、まずまずと言えるのではないでしょうか。

お互い頑張りましょうね。

PAGETOP