《6月のトレード成績》
ユーロドル 1勝0敗 24.7pips
ドル円   0勝1敗 -0.4pips

《2017年の年間成績》
ユーロドル 10勝6敗 136.8pips
ドル円   7勝7敗 66.1pips   

《長期投資》
ソフトバンクグループ 4598円   770株
ヤフー         415円  1500株
(6月末時点の含み益・357万)


FX

『相場が動意付いた時だけエントリーする』というトレードスタイルに変えて以降、9戦全勝という破竹の勢いで勝ちまくってたんですが、ご覧のとおり、ついに連勝がストップしてしまいました。

ただ、連勝が止まった事はもちろん残念だけど、その負けトレードは0.4pipsやられただけだったので、悔しさよりも、なんだか違和感の方が強かったです。

決して調子に乗ったわけではないんですが、トレード回数は少ないとはいえ3ヶ月もの間無敗だったので、『FXってどうやったら負けれるの?』的な感覚が多少あったし(笑)、負けるイメージが沸かなくなってましたからね。


だから連勝が止まった事に関しては、すぐに気持ちの整理がついたんですが、でも、28日にユーロドルで大きく勝てるチャンスを逃した事については、未だに凄く悔しいんです。

ユーロをフォローしてる人ならご存知だと思うんですが、その日は、『ドラギ発言の真意が誤解されてる』という報道によって、ユーロが急落する局面があったんですよね。


だから、『やっときた!久しぶりにエントリー出来るぞ!』と思ったんですが、ところが、指値まであと3.5pips足らなくてエントリ-出来なかったんです。

そして、指値目前で反転した後どんどん上昇したから、もしエントリー出来てたら70pips以上獲れてたので、部屋の中をのたうち回るくらい悔しかったんですよね(笑)

私にとって、70pips以上のビッグトレードは年に1回あるかないかなので、それを逃すという事は、年間成績をも左右しかねない大事件ですから。


でも、こんな不運があったにも拘わらず、最終日の30日に、ユーロドルのロングで黒字に転換出来たので、1ヶ月トータルで見ればまずまずだったと言えるのかもしれません。

70pips以上のビッグトレードを逃してもなお、しっかり利益を出せてるんですから。


それに、新トレードスタイルを採用して以降、6月は初めて苦戦を強いられたんですが、でも苦戦を経験した事によってむしろ、相場が動意付いた時だけエントリーするトレーディングの素晴らしさを実感出来たんですよね。

6月は1回目のトレードと2回目のトレードの間が20日以上も空いたので、『いつになったらエントリー出来るんだ』と何度も思ったけど、辛抱強く待ってたお陰で、最終日に見事に逆転しましたから。

だから、トレードスタイルに関しては間違いなく理想の形に達したので、私はこの先のFX人生を、ずっとこのトレードスタイルと共に歩み続けます。


為替相場

先月のユーロドルは、なかなか力強かったですね。

予想外に強気だったFOMCによって、上昇が一服する局面もあったんですが、都合良くタカ派的と解釈されたドラギ発言で再び勢いを取り戻して、1.14を突破しましたから。


そして今後に関しても、『これ以上の利上げは難しいのではないか』と思われてる米国と、『緩和から引き締めに転換するかもしれない』と思われてるユーロ圏とでは、明らかに後者に分があるので、この傾向が続くのであれば、ユーロドルは堅調に推移すると思います。

最近の米国の経済指標はイマイチなものが多いので、FRBの強気見通しを、市場は懐疑的に見てますからね。

ただその一方で、『ユーロ圏はこのまますんなり引き締めには転換しない』と私は考えてるので、米国の金融政策の方向性が緩和にならない限り、ユーロドルが本格的な上昇トレンドに突入する事はないでしょう。


それと、これは為替相場というよりは市場全体についてなんですが、英国とカナダに加えてユーロ圏まで引き締めに舵を切りつつある事が、私はちょっと心配ですね。

情報革命によって今はインフレになりにくくなってるので、そんな環境で、主要先進国が一斉に引き締めに向かうのは非常に危険ですから。

だから、もしECBが近い内に引き締めへの転換を示唆するのであれば、暴落へのカウントダウンが始まるかもしれません。


そして最後に、政治で色々あった英国について書きます。

解散発表直後の世論調査では、『保守党が圧勝する』と報道されてたんですが、でも私は当初から、『第1党は維持するけど、過半数は無理だろう』と考えてたので、予想通りの結果になりました。

英国はEUを離脱しないという記事で、『EU離脱に投票した人は、社会の仕組みを分かってないバカだ』と書いたけど、メイはそのバカの総大将みたいなものだから勝てるわけがないし、かといって労働党も全く期待できないので、『勝者なき選挙になる』と思ってましたからね。


でも、英国に限らず、共有する事の意義を理解してない人が相変わらず世界にはたくさんいるので、その事が私は非常に残念です。

メイがいい例だけど、自分さえ良ければいいって考えてる奴は必ず痛い目に遭うので、目先の損得ではなくて、『地球にとって、人類の未来にとって正しい事ってなんだろう』という視点で、物事を考えられる人がもっと増えて欲しいですね。


まあとにかく、英国は政治の混乱が収束する見通しが全く立ってないし、しかも政治に加えて、金融政策も難しい局面になりつつあるので、ポンドはトレードしない方がいいでしょう。

BOEは総裁と委員の権限が同等なので、政治リスクで流動性が低下してる現在の環境下では、ただの委員の発言でも大きく動く可能性がありますから。

もちろん、委員の発言ごときで、去年のフラッシュ・クラッシュ級の急変が起こる事はないけど、イチイチ振り回されるのはバカらしいですからね。


長期投資

2013年12月に9320円という高値を付けて以降、ソフトバンクの株価は3年以上に渡って伸び悩んでたんですが、先月ついに、この節目を突破しました。

というわけで、含み益が順調に増加してるから気分が良いんですが、ただ、ソフトバンクへの投資はまだ完了ではなくて、来年のNISA枠も全てつぎ込むつもりなんです。


だから、含み益が減少するとちょっとブルーになるので(笑)、ガンガン下がってくれとは思わないけど、出来れば来年買い増すまでは、そんなに上がらないで欲しいですね。

でも、スプリントにアーム、ビジョン・ファンドと、ソフトバンクの経営環境はどんどん良くなってるから、今年は1万3000円くらいまでは上がりそうな気がするので、来年追加する時には結構コストがかかるかもしれません。


それと、もうひとつの投資先であるヤフージャパンについてですが、先月の記事でも書いたとおり、私はヤフーの事がもうどうでもよくなりました。

アームの買収でソフトバンクは新たなステージに入ったので、ヤフージャパンは最早、ソフトバンクグループにとって戦略的コアカンパニーではなくなりましたからね。


ただ、ヤフーへの関心はすっかりなくなったけど、今年のNISA枠は既に使い切ってるから、今ヤフーを売却しても、その資金をソフトバンクに振り向けられないので、来年までは保有しておくつもりです。

2018年までには、ヤフーの株価は間違いなく今の水準より上がるので、まだ持っておく方が賢明ですから。


それにしても、私がヤフーへの関心を失ったのと同時に、宮坂さんがソフトバンクグループの取締役から外されたので、この人事によって改めて、『やっぱり孫さんと私は同じ方向を見てるな』と実感しました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

エンジュク株式会社 柳橋ともうします

しがないトレーダー様

突然のコメント、誠に恐れ入ります。
エンジュク株式会社の柳橋と申します。

弊社は投資教育事業を主な事業としておりまして
これまで株式投資やFXなどの講座を開催しております。

この度、ブログを拝見し、お話を伺えればと思い
ご連絡致しました。

どうぞご検討のほど、宜しくお願い致します。

エンジュク株式会社 柳橋

Re: エンジュク株式会社 柳橋ともうします

柳橋様、大変有難いお話ありがとうございます。

ただ、申し訳ないんですが、私はこのブログの執筆だけで精一杯なので、この話はお受けできません。

何卒ご了承ください。

連勝が止まったとは言え、損切り0.4pipsだけって驚異的ですよ。笑

見事にハマってますね。
もちろん相場の変化や成績に応じてマイナーチューニングは必要なんでしょうが、単なる計算だけで作られた手法と違って、長い経験を経た上で得た嗅覚や考え方が反映された物なので、今後もかなり安定するだろな、と思います。
叩き上げトレーダーですね。

Re: タイトルなし

そうなんですよ(笑)
連勝は止まってしまったんですが、0.4pipsで済んだので、そんなにダメージはなかったです。

ただ、プラスとマイナスを行ったり来たりしてたので、決済のタイミング次第では勝ててたから、ちょっと残念でした。

ありがとうございます。
仰るとおり、相場というのは環境がどんどん変化していくので、マイナーチューニングは必要になりますけど、トレードスタイルは理想の形に達したと考えてます。

ただ、モル作さんならご存知だと思いますけど、私はこれまでに何度か、『理想の形に達した』と言ってるんですよね(笑)

でも今回のは、これまでとは違って土台の部分を作り変えた感じなので、トレードスタイルに関しては、ゴールに辿り着いたと確信しています。

No title

しがないさん
こんばんは~

いや~
コメント欄が珍しい感じなので、おかしくて思わず書き込んでしまいましたよ(笑)
私自身は、全てのブログに目を通してここに書き込みをしていますが(年齢的な衰えで大分忘れてしまっています・・・)、読んでいるはずなのに、しがないさんとは大分違ったトレードスタイルを進んでしまっています^^;
でも、しがないさんのブログは相変わらず戒めになります。
そろそろ専業になろうかな~と思っても、ここに来るとやっぱりな~って思わせて貰えます(笑)
今後共よろしくおねがいしますね!

Re: No title

自称紳士さん、こんばんは。

全ての記事を読んでもらってるなんて凄く嬉しいですし、それに、コメント欄まで楽しんで下さってありがとうございます(笑)

ただ、私とは随分違った道に進んでるんですね(笑)

でも、こんなのは釈迦に説法ですけど、トレードスタイルは人それぞれ相性があるので、自分に合うものが一番だと思います。

一時的にではなくて持続的に勝ててるのだと思いますし、自称紳士さんにとっては、それがベストのトレードスタイルのはずですから。

ただ、結果が出てるからこそ、専業への転職をつい考えてしまいますよね。

でも私とは違って、自称紳士さんは社会人としても優れた方ですし、どうしようもないくらい追い詰められる事がない限り、兼業として取り組むのがベストではないでしょうか。

勝手な事を言ってすいません(笑)

こちらこそ宜しくお願いします!

PAGETOP