《5月のトレード成績》
ユーロドル トレードなし
ドル円   2勝0敗 19.1pips

《2018年の年間成績》
ユーロドル 1勝0敗 22.0pips
ドル円   5勝2敗 85.6pips

《長期投資》
ソフトバンクグループ 5060円   855株
(5月末時点の含み益・231万)


FX

ご覧の通り5月は一応勝てたんですが、僅か19pipsに留まったので、またしてもホロ苦い結果となってしまいました。

そもそもエントリーすら出来なかった4月に比べれば遥かにマシだけど、でもこの程度の利益だど、年間の目標利益額である240万がますます遠ざかりますから。


まあ5月は、ギリギリでエントリーを逃したのは一度もなかったので、精神状態は比較的落ち着いてるんですが、ただ、ユーロドル・ドル円共に5月は結構動いたし、ターニングポイントのブレイクは何度もあったんですよね。

だから、戻りや押し目が小さいトレンドが多かったせいで、結局殆どエントリー出来なかったからウンザリしました。


ただ、、『ターニングポイントをブレイクして初めて、エントリーする権利を得る』というトレード手法のコンセプトは、やっぱり悪くないんですよね。

損小利大でありながら、通算成績は24勝11敗で、勝率は686厘にも上りますから。
(もちろん感覚でエントリーにフィルターをかけてる事も高勝率の要因なんですが)


だから、『エントリー機会の少なさ』が私のトレード手法の唯一の弱点なんですが、でもエントリー機会を増やすために、これ以上指値を手前にするわけにはいかないんです。

既に5pips手前にしたし、これ以上手前にしたら、『最大で17pips』という損切り幅も広げないといけなくなりますから。

だから5月から検証を始めたユーロ円が、ある程度の成績を残せそうだったら、3通貨ペア体制にしてエントリーの少なさを補うつもりです。


それにしても、もう相当長期に渡ってスランプが続いてるので、そろそろガツーン!と儲けたいものです。

1月は3桁pipsを達成したし、単月で見ればそこそこの数字を残せる事もあるけど、ただ、その勢いを継続出来ないので、ずっと精神的に追い詰められてますから。


まあこういう時は、お金のかからない1人居酒屋でもして、自分を慰める事にします。

以前にも書いた事があるんですが、村上春樹のエッセイで出てきた、『冷奴とトマトと、かつおのタタキ』という組み合わせは安上がりの割りになかなかの満足感を提供してくれるので、それに加えてジャズがあれば、私は十分ハッピーになれますから(笑)

ファミレスのランチも低コストでかなりの満足感を得られるけど、流石にこれだけ稼げてないと外食する気にならないので、家で出来るストレス発散を追及します(笑)


為替相場

米国の力強い金融政策に後押しされて一時は111円台まで上昇したし、5月のドル円は、前半は堅調に推移しました。

ただ、『今年はセルインメイはない』と言われ始めた隙を突く感じで、突然リスクオフの展開になったし、ドル円は一転して大きく下落しましたね。


でもその一方でユーロドルに関しては、月末にイタリアの政局が落ち着いて買い戻されるまではずっと下がり続けたので、やはりハト派だった4月のECB理事会がまだ尾を引いてるようです。

CPIが1.2%まで低下してるので、最早QE終了が正当化出来ないくらい、インフレが弱くなってますからね。


ただ、今は金融政策よりも、イタリアの政情不安をユーロの売り材料とする論調が、主流になってます。

でも、ギリシャ危機のお陰で、ユーロの重要性を理解する人は以前より確実に増えたし、崩壊ネタにはもう新鮮味がないので、大した影響はないでしょう。

だから、やっぱり米欧の金融政策を比較することの方が遥かに重要なので、今はユーロ圏のインフレ関連の指標を注視するべきだと思います。


それから、最近の外為市場でよく話題になるトルコリラに関してですが、新興国ではよくある、政治絡みの経済・金融の混乱によって、トルコリラ円は1ヶ月で18%も下がりましたね。

既に最安値だった所から、これだけ下がるのはなかなか強烈なので、スワップ目当てで安易な気持ちで買ってしまって、含み損で苦しんでる個人投資家は多いかもしれません。


でも私は以前、安全な通貨ランキングという記事で新興国通貨について警鐘を鳴らした事があるし、それにそもそも、このブログの読者さんは経験豊富な人が多いので、トルコリラなんかに手を出してないはずだから大丈夫でしょう。

よく知らない国の通貨をトレードする時点で既に間違ってるのに、その上、民主主義・資本主義が未成熟で、共産主義に近いトルコみたいな国の通貨を扱うなんて言語道断ですから。


ただ、誤解する人がいるかもしれないから一応断っておきますけど、『ドルやユーロといった主要通貨であればキャリートレードをしてもいい』と私は言ってるわけではないんです。

200万の含み益を失った日や、キャリートレードはやめた方がいいといった記事で書いたとおり、キャリートレードはいずれ必ず破滅する手法ですから。


もちろん、出口戦略もキッチリ描いた上で臨むのであれば、キャリートレードは全然オッケーです。

上昇トレンドに上手く乗れたら、キャピタルゲインに加えてスワップまで貰えるので、ダブルで美味しいですからね。


でも、人間というのは強欲な生き物なので、少しでも上手くいくと味を占めてしまって、当初のプランを忠実に実行するのは至難の業なんです。

だから、金利の上昇によってドルはスワップをそこそこ貰えるようになったから、ドル円の長期保有を考えてる人がいるかもしれませんが、でも最後の最後に必ず痛い目に遭うので、キャリートレードは絶対にやめるべきです。


長期投資

11月の決算説明会でスプリントの経営実態を誤魔化したせいで、孫さんは市場からの信用をすっかり失ってしまったので、それ以降ソフトバンクの株価は低迷しています。

だから今回の決算では、『スプリントを立て直せなかった』という事実に正面から向き合う真摯な説明を期待してたんですが、でも残念ながら、孫さんはまたしても、群戦略という言葉で煙に巻いてスプリントの失敗を誤魔化したので、状況は変わりませんでした。

まあ孫さんは、昔から失敗には触れない人だからこの対応は予想通りだったけど、でも単なる投資の失敗とは違ってスプリントは買収案件なんだし、『私の誇りにかけて、私のプライドにかけて必ず改善してみせる』とまで言い切ったんだから、失敗した理由や売却の経緯をもっと丁寧に説明して欲しかったですね。


それにしても、買収したスプリントの経営権を手放した上に、投資にばかり夢中になってるこんな男を、歴史は事業家として評価してくれるんでしょうか?

『投資はあくまでも、№1だけが集まる企業生態系を作るための作業に過ぎない。全く新しいビジネスモデルを作ったんだから私は事業家だ』と孫さんは考えてるんでしょう。


でもグループには、ソフトバンクモバイルやヤフーショッピングといった、№1じゃない企業がたくさん存在あるので、『№1だけ』というロジックは既に破綻してるんです。

だから、ソフトバンクのビジネスモデルは日本に以前から存在する、『総合商社』と酷似してるので、決して孫さんが発明したわけではないんですよね。


ただその一方で、総合商社のビジネスモデルとの酷似性が、孫さんの群戦略を正当化してるとも言えます。

総合商社は何度も危機を経験して、生き残るために変化しながら現在のビジネスモデルに辿り着いたんですが、でも今の日本で、業界全体が最も伸びてる業種って、実は総合商社ですから。

三菱商事は、解体された旧財閥の各社が、緩い連合体を形成する事によって強さを見せてるし、あるいは非財閥系の伊藤忠も、この20年くらいで作り上げた生態系が非常に上手く機能してますからね。


だから群戦略には、生き残る事に関しては明らかに優位性があるので、企業形態のトランスフォーメーション中で、分かり難くて市場からの評価が低い今が、ソフトバンクを買うチャンスと言えるでしょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

しがないさん、こんにちは。
お言葉に甘え本当にまた来てしまいました。

5月はエントリーチャンス到来だったのですね。
驚愕の勝率686厘。次がもし2連勝だとすると、まさかの勝率70%超えですね。
極限までエントリーを絞っていると知らなければ怪しさ満点の勝率です。笑
(もちろん疑っているわけではありません)

僕は週3~5回エントリーしていたのですが終わってみれば結局+9pipsくらいでした。。
ちょっと反省点がいくつかあるので、来月に生かしていきたいです。

そういえば(また共通点かい!と思われそうですが)、僕も村上春樹のエッセイや小説が結構本棚にあるのです。
しがないさんは何が一番お好きですか??
と質問しておきながらも、自分が何が一番好きか考えるとかなり困ってしまうのですが、読み返した回数が一番多いのは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」だと思います。
主人公が骸骨から夢読みをする街の異様な完結性と、自分の生活の完結性がどうにもかぶって感じられて色々と考えさせられるんですよね。笑

記事の件、Googleが削除してくれたとのことで良かったです!
意外とすんなり対応してくれるものなのですね。

また更新楽しみにしています。

はじめまして

待つガマンができてる点は素晴らしいですよー
だいたい年利何パーセントを目指されているんですか?

ボクは3パーセントでひぃーひぃー言ってます涙

お久しぶりです

何ヵ月ぶりかかなり久々に来たので、前にどんな名前でコメントしたかも忘れてしまいましたすみません。
久々に開こうとしたブログがまた1つ消えていましたがしがないさんは健在でいらっしゃってほっとしています。
前にお邪魔した時はまだ悩める子羊だったんですけど最近かなりチャートが読めるようになったのでご挨拶に来ました(●'◡'●)
またこそっとお邪魔してブログ読ませていただきますね♪

Re: こんにちは

うさ太郎さん、こんばんは。
いえいえ、お言葉に甘えてなんて仰らずに、遠慮なくコメントして下さい(笑)

そうなんですよ。
5月はよく動いたので、チャンスをものに出来なかった事が残念です。

仰るとおり、勝率は怪しさ満点のレベルで上がってきたんですが(笑)、ただ、この所はショボい勝ちばっかりなので、なかなか利益が積みあがらないんですよね。
久しぶりに50pips以上のビッグトレードを炸裂させてスカッと勝ちたいものです。

うさ太郎さんも5月は苦戦されたんですね。
でも、反省点も把握されてるようですし、上手く盛り返せるといいですね。

まさか、村上春樹まで共通してたとは!(笑)

村上春樹作品で1番好きなのを選ぶのは、確かに難しいですよね。

でも、うさ太郎さんは、世界の終わりとハードボイルドワンダーランドとの事ですし、それを聞いて流石だなと思いました。
この作品を選ぶという事は、村上春樹の世界観を深く理解してるという事ですから。

私が読んだのはアフターダークまでなので、全ては読んでないんですが、ひとつ選ぶとすれば、羊をめぐる冒険でしょうか。

世界の終わりとハードボイルドワンダーランドや、ねじまき鳥クロニクルのような深さはないんですが、初めて読んだ村上春樹作品なので、印象が凄く強いんです。

なんだかこんな話をしてると、久しぶりに村上春樹の小説を読みたくなってきますね(笑)
新しいのは読んでないですし、ちょっと読んでみようかな。

はい。
グーグルがすぐに対応してくれました。
教えて下さって本当にありがとうございます。

これからも楽しんでもらえる記事を書けるように頑張ります。

Re: はじめまして

生駒あっきーさん、はじめまして。

ありがとうございます。
チャンスが来るまで待つのは、昔から割りと得意なんです。

私は、年利はあまり意識してないんです。
なので、とにかく20万×12ヶ月の240万を、一応の目標としています。

FXは殆どの人が負ける世界ですし、プラスにするだけでも凄く大変ですよね。

お互い頑張りましょうね。

Re: お久しぶりです

猫蜜蜂さん、お久しぶりです。

『久しぶり過ぎて前はどんな名前でコメントしたか忘れてしまった』との事ですが、でもご安心下さい。
前回も猫蜜蜂という名前でコメントされてるようです(笑)

相場の世界は、勝ち続けるどころか、生き残るだけでも大変だけなので、どんどん去っていきますよね。

私は、かなりひっそりとではありますが、一応健在です(笑)

最近は結構良い感じなんですね。
その調子を維持できるといいですね。

ありがとうございます。
またこそっとお邪魔して頂ける日を楽しみにしております(笑)

こんばんは

しがないさん、お返事ありがとうございます。

羊をめぐる冒険いいですよね、僕も大好きです。
ハードボイルドやねじまき鳥が黒エビスビールだとすると、羊をめぐる冒険はベルギービールのような感覚があります。
羊をめぐる冒険を読んでから、やたらと人の耳の形が気になるようになった思い出もありますね。笑

しがないさんは、最近のものは読まれていないのですね。

1Q84はオウム真理教やヤマギシ会を連想させる(自分勝手に思っているだけですが)内容で興味深かったです。
僕が小学生の頃に仲良かった子が、ある日突然家族全員でヤマギシ会に入り、会えなくなってしまった思い出があるので興味があったんです。
(ヤマギシ会は資産を全てヤマギシ会に寄付し、皆で共同生活を送るので逃げ出したくても特に子供は難しいのです。)

騎士団長殺しは今ちょうど2回目を読んでいるところなのですが、オペラがやたらと聴きたくなってくる不思議な本です。
なんだか全然FXと関係のない、ただの読書感想文になってしまいました。笑

それと最初、間違えて6月1日の記事にコメントをつけてしまいまして。。
削除しようとしたところ、どうやら承認待ちの間は編集削除ができないようで、放置になってしまい申し訳ありません。

6月は50pips超えのビッグトレードチャンスが来るといいですね!
僕もなんとか食らいついて頑張ります!

Re: こんばんは

こんばんは。

うさ太郎さんも、羊をめぐる冒険お好きなんですね。

それにしても、ビールに例えるなんて、流石はうさ太郎さんですね。
オシャレです(笑)

1Q84は、宗教的な要素が含まれてるんですね。
自分の人生に接点や関わりがあった事がテーマだと、強い興味を持ってしまいますよね。

騎士団長殺しは、オペラを聴きたくなるんですか(笑)
でも村上春樹の作品って、食事のシーンなんかやたらと美味そうに表現するので、つい影響を受けてしまいますよね。

4月の収支の方にもコメントして下ってましたね。
そのままでも全然構いませんでしたのに、わざわざ5月の収支の記事にコメントし直して下さってありがとうございます。
こちらで削除しておきました。

はい。
6月はなんとしてもガッツリ稼ぎたいです。
お互い頑張りましょうね。

No title

損切りについて質問させてください。

しがない様は損切りMAX17P設定にしているそうですが
17Pの間で1分間や5分足のラス押しラス戻り抜けで
躊躇なく損切りしていくというやり方をしているのでしょうか?

自分は1回の損切りの金額を決めピプスに関係なく
5分足の2個目の高値安値の先に損切りを設定し
損切りにかかるまでポジションを持つようにしています。

今回からトレンドフォロー手法に変更するにあたり
トレード回数が激減する分、将来的にロットをかなり上げて
いかなければなりません。
短期ダウの判断で損切りすると結局戻ってくるということも多く
損切り貧乏になるから損切りにかかるまで辛抱強く待つべき
という考え方もありますが、ロットが大きくなった場合
同じ精神状態でトレードができるのか?とふと思いました。

しがない様の損切りに対する考え方を是非お聞かせください。
よろしくお願いいたします。

Re: No title

具体的な事例を挙げておられますが、TEDさんがお聞きしたいのは、『損切りに関して、トレール注文のようなものを採用するかどうか?』という事ですよね?

そうであれば、私の答えは、『今はしてません』です。

以前は40pipsでトレールしてたんですが、今は、ストップかリミットかのどちらかに達するまで放置してます。

途中でエグジットするのは、重要な指標を跨がなければいかなくなった時の直前と、ストップにもリミットにも達さなくて、1時で強制決済する場合のみです。

ただ、このやり方は、精神的に相当タフです。
『一時は50pips以上の含み益になりながら、結局損切りで終わる』なんて事も有りますから。
なので、トレールの方が、精神的に楽だとは思います。

でも、こういった小手先のテクニックは、問題の根本的な解決にはならないですよ。
損切り戦略の変更でたまたま上手くいく事はあっても、幸運はいつまでも続かないですから。

相場の世界で勝ち続けるには、ファンダメンタルズ分析に基づく相場観によって、エントリーにフィルターをかける事が一番大事です。

機械的にエントリーするだけでは、生き残る事は出来ても、勝ち続けるのは不可能だという事を、どうか心に留めておいて下さい。

No title

損切りルールは自分で納得して作るしかなさそうですね。
しがない様は年240万円を目標ということですが
仮に月20万を稼ぐ目標でRR1:1、勝ち越し1だったとしたら
毎トレードで20万のリスクを負った結果ということだから
よく考えたらFXはとんでもないハイリスクな商品かもしれませんね。
一般的に広まっている「ひょとしたら大金をゲットできるかも?」
のイメージと現実はかけ離れすぎている事にやっと気づきました・・・

Re: No title

そうですね。
絶対的に有効な損切りのルールは、存在しないと思います。

『トレールのお陰で、利益は減ったけど20pipsは確保できた』という事もあれば、『トレールしてなかったら途中で切られる事なんてなかったし、60pips獲れてたのに』みたいな事もありますから。

FXは経験を積めば積むほど、『怖さや失敗体験』も蓄積されるので、そういったものが蓄積されてくると、だんだんアグレッシブなトレーディングが出来なくなってくるんですよね。

なので、獲得pipsが減少してくるので、その不足分を補うには、ロットを上げなければいけません。

ただその一方で、ロットを上げると、精神的な重圧が増しますし、その上リスクも増加します。

なので、TEDさんの仰るとおり、FXはハイリスクな金融商品だと言えますし、勝ち続けるのは凄く大変です。
私にとっても、年間240万という目標金額は、達成するのが年々困難になってきてますから。

『簡単に稼げる』みたいな世間のイメージとはかけ離れてますよね。

お久しぶりです。

ご無沙汰しています。

しがないさんも厳しい戦い中なんですね。

私の方は3月中旬からガクっと成績を落とし、ギリギリを維持しながら現在に至ります。

周りのプロも好調な人が全然いないので、仕方ない相場なのかなと思いつつも、スキャルには厳しい情勢になってきたと感じています。

最近は仮想通貨のトレードもしています。
それなりに稼げますが税金を考えると色々不透明すぎて本腰が入れられないでいます。

それにしても、しがないさんのブログを読むとソフトバンクを毎回買いたくなります(笑)

Re: お久しぶりです。

自称紳士さん、お久しぶりです。

そうなんですよ。
エントリーすれば勝てる事が多いんですが、ただ、リミットまで達してくれるスッキリした勝利がなかなかないですし、それにそもそも、エントリー機会が少な過ぎるので、かなり苦戦しております。

自称紳士さんも、今は苦戦しておられるんですね。

今は相場と合ってないとの事ですが、お互い、ここから巻き返していきたい所ですね。

ただ、仮想通貨の方はまずまずだなんて流石です。
仮想通貨は相変わらずボラが激しいみたいですけど、こんなに激しい相場環境でしっかり結果を出すなんて、やはり自称紳士さんは、トレーダーとして相当なセンスをお持ちですね。

とはいうものの、仰るとおり仮想通貨は税金がネックですよね。

ソフトバンクを買いたくさせてしまってすいません(笑)

ただ、単元未満株であれば少額から投資出来ますし、長期の資産運用としては、期待出来るリターンは悪くないと思います。

なので、自称紳士さんにもお勧めします。
もちろん、自己責任という前提ですけど(笑)

PAGETOP