《6月のトレード成績》
ユーロドル トレードなし
ドル円   トレードなし

《2018年の年間成績》
ユーロドル 1勝0敗 22.0pips
ドル円   5勝2敗 85.6pips

《長期投資》
ソフトバンクグループ 5109円   870株←NEW!
(6月末時点の含み益・249万)


FX

タイトルの通り、残念ながら6月は、今年3度目となる月間ノートレードとなってしまいました。

相変わらず、私のピボット手法の基本条件である、ターニングポイントのブレイクがなかなか起こらないし、それにせっかくブレイクしても、指値まで達する戻りや押し目がなかったので、エントリーのチャンスが巡って来なかったんです。

だから、トレードしたくてウズウズしてたので、トレード中はいつもジェントルマンの私にしては珍しく、ターニングポイント付近まで行く度に、『いけ!そのまま突き抜けろコノヤロー!』と思わず下品な言葉を連呼してしまいましたよ(笑)


ただ、こんな感じで軽いボケを交えてるけど(笑)、先月のノートレードはかなりショックだったから、ブログを書くのが凄くしんどかったので、6月の収支の記事は休もうかなと思いました。

でも私はこれまで、どれだけ負けようが、あるいは愛猫が急死しようが、5年以上に渡って月間収支の記事だけはずっと更新し続けてきたんですよね。

だから、一度でも休んでしまったら、絶対にあとで後悔するから頑張って筆を執ったんですが、なんとかいつもと同レベルのクオリティの記事を書き上げる事が出来たので、挫けなくて良かったです。
(エネルギーを注ぐ所を間違ってるような気もしますが(笑))


ただ、現状は凄く厳しいけど、年間収支で見れば一応プラスだし、損失がどんどん膨らんでるわけではないんですよね。

だから過度に悲観的になる必要はないし、辛抱してれば必ず良い流れが訪れるので、自暴自棄にならないように気を付けます。

ここで気持ちを切らしてルールを無視したトレードをしてしまったら、短期的には上手くいく事はあっても、長い目で見れば必ずその反動が来ますから。


まあ、こんな風に稼げてない時は、とにかく守りを固めるしかないので、生活費のさらなる節約に努めます。

というわけで早速手始めに、私はこれまでサッポロ一番の5食パック(安い時で321円)を買ってたんですが、それを止めてイオンのトップバリューの袋麺(213円)に代えました(笑)


そして、こんな風に風林火山の『山』の如くじっと辛抱しておいて、良い流れが来た時に大反転攻勢をかけてやりますよ。

2018年はこれまでの所、2月と4月と6月がノートレードだから、『偶数月はエントリー出来ない』というアノマリーが発動してるけど、7月は奇数なので、少なくともトレードは出来るはずですから(笑)


為替相場

米国は、これまで3回か4回かで揺れていた年内の利上げ回数が、先月のFOMCで4回が明確になったんですが、それに対してユーロ圏の方は、一気に終了もあると考えられていたQEが150億ドルへの減額に留まった上に、利上げ時期は2019年夏以降と示されました。

だから、米国の金融政策はタカ派に振れて、一方のユーロ圏はややハト派に振れたので、この対照的だった金融政策が、ユーロドルに大きなインパクトをもたらしましたね。

今は1.17くらいまで戻してきたけど、ECB理事会直後は1.15まで急落しましたから。


ただ、先月の記事で、『QE終了が正当化できないくらいインフレが弱まってる』と書いたし、私はQEの年内終了は無理だと思ってたので、この決定は予想外でした。

まあ、4月のCPIは1.2%まで低下したけど、5月は1.9%で、6月の速報は2.0%だったので、『今後は2%付近で推移する』とドラギは考えてるという事なんでしょう。

でも、ECB理事会直後は急落したものの、引き締めのペースは遅いとは言っても、『ユーロ圏がQE終了→利上げ』という金融正常化の道筋を順調に進んでるのも事実なので、ユーロドルは6月の安値を割り込んで、ガンガン下がる事はないと思います。


それからドル円に関してですが、金融政策の方向性に素直に反応したユーロドルとは対照的に、金融政策を殆ど材料視しなかったですね。

先月行われた日銀の政策決定会合で、緩和継続が改めて示されたので、日米の金融政策は完全に真逆を向いてるにも拘わらず、ドル円は未だに111円台に乗せられないですから。

もちろん、新たな材料が出なかったから当然とも言えるんですが、でも金利差が結構広がってきたから、もっと買われても良さそうなので、私にとっては意外な展開でした。


まあ、今年はリスクオフに見舞われる局面があったし、それに、ここに来てまた保護主義がテーマになりつつあるので、、市場はまだリスクを取る事に及び腰になってるんでしょう。

でも、トランプは自由貿易のメリットをちゃんと理解してるし、出来るだけ有利な条件を引き出すための交渉戦術として、保護主義を利用してるだけなので、過度に懸念する必要はないと思います。

だから、不安心理が払拭されていくに従って、必ず金融政策の違いが材料視されるようになるので、ドル円はやっぱり上を目指すと私は考えてます。


長期投資

先月の記事で、『ソフトバンクは企業形態のトランスフォーメーション中で、市場からの評価が低い今がチャンス』と書いたんですが、人に勧めておいて、自分は見てるだけというのは少し気が引けるので(笑)、15株ほど追加しました。

FXのレバレッジ引き下げが見送られたから、証拠金のために確保しておかなければいけないキャッシュが減少したので、買い増す余裕が出来ましたからね。


ただ、一時はレバレッジの引き下げは決まりかのような報道をされてたので、私は年初にソフトバンクを買い増した時は、貯金を切り崩すのではなくて、ヤフー(1500株)を売ってその資金を捻出したんです。

私はかなり大きなロットでトレードしてるので、2通貨ペア同時にポジションを持つ事になれば、相当な額の証拠金が必要になりますから。

だから、見送られる事が分かってたらヤフーを売らずに済んだので、『見送るんかい!』と思わず突っ込んでしまいましたよ。


ただ、10年以上保有してて愛着のあるヤフーの売却は本意ではなかったけど、でも結果的には、良いタイミングで売り抜ける事になりました。

年初に530円前後で売ったんですが、私が売って以降かなり下がったので、もし今でも持ってたら含み損になってましたからね。

ヤフーの6月末時点の株価は368円だけど、私の平均買い付け価格は、415円でしたから。


それに、『ヤフーはいずれNTTを超える国内最大の企業になる』と書くくらい、以前はヤフーに期待してたけど、でも実は去年くらいから、『この会社もうダメかもな』と考えるようになってきてたので、どっちみちヤフーとの決別は時間の問題だったんですよね。

ヤフーは未だに孫さんが取締役を努めてるし、しかも、『ソフトバンクユーザーは、ヤフーショッピングで買うとポイント10倍』みたいなソフトバンクの通信事業との連携は相当強力なので、伸びる余地はそれなりにはあるんです。


でも、孫さんの目は今は完全に世界を向いてるから、もうヤフーなんかにエネルギーをつぎ込む気はないし、それにそもそも企業というのは、結局トップの能力に大きく左右されるんですよね。

武田薬品工業のクリストフ・ウェバーみたいに、創業者ではない社長でも一目見た瞬間に、『こいつハンパねえ』と思わせる人ってたまにいるけど、でもヤフーの新社長には、そういう雰囲気を微塵も感じませんから。


まあとにかく、本業のFXでかなり苦戦してるから、長期に渡って貯金を切り崩し続けてるので、今の所は15株追加するだけで精一杯だけど、もしFXの調子が上向いてキャッシュに余裕が出てきたら、さらにソフトバンクを買い増すつもりです。

まだ2018年のNISA枠は残ってますからね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

規律がとても保たれいますね。
勝つ姿勢が素晴らしいですね。

ボクは年利3パーセントほどですがどのくらいなんですか?10以上でしょうか?

どちらにせよ、規律が保たれているのでガンガン勝たれると思いますよ

因みにアナタが負けているとボクが勝ち、
アナタが勝っているとボクが負けてる傾向がありますね(笑)

期待しています。頑張ってください

Re: No title

ありがとうございます。

規律を保つのは結構得意なんですが、ただ、長期に渡ってずっと苦戦してるので、早くホッと出来る結果を出したいですね。

私は、年利というものは全く意識してないので、よく分かりません。
とにかく年間240万を目標に頑張ってます。

去年に続いて、今年も目標達成は絶望的になりつつありますけど(笑)

生駒さんと私のトレード成績は、シーソーのような感じになってるんですね(笑)

応援ありがとうございます。
頑張ります。

はじめまして。

こんばんは。
私も長い間超節約生活が続いています。
自分は西友の5パック198円のと
ざるそばが5本で198円のでしのいでいます。

自分のルールをしっかり守られていますね。
なかなか出来ることではないです。
私はわかっていてもやっちまうことがちょくちょく
あります。情けないです。

ただあと少しのところまできていると実感しいます
のでがんばります。

7月にはトレードチャンスが来ますように!

それではまた。

Re: はじめまして。

はじめまして。

mitさんも、節約生活で凌いでおられるんですね。

西友の198円の袋麺やそばとの事ですが、もしそれが税前だったら、私が買ってるのと同じ価格ですけど、もし税込みだったら、さらにお得ですね(笑)

ルールを守る事だけは得意なので、なんとか辛抱出来てます。

mitさんはたまにやらかしてしまうんですね。

感情的になって飛び込むのは絶対にダメですけど、でも、千載一遇のチャンス!と感じたら、時にはルールを破ってでも飛び込むのがトレードの理想の形なので、精度を高める事が出来れば良いですね。

私の場合は、それをやって勝ち続ける才能がないので、ルールを順守するスタイルを選ばざるを得ないんです(笑)

ありがとうございます。
お互い頑張りましょうね。

No title

長年のFX引き籠り生活がたたって完全に体がおかしくなり
とうとう病院通いになりました(笑)
体重もいつの間にか激減。
FX漬けの生活の根本的見直しです。
しがない様は10年以上同じような生活してるのに精神力が違いますね
勝っていればまた全然状況が違うのだろう・・・
まだまだ諦めない

Re: No title

TEDさん、こんにちは。

えっ?
病院に通うほど具合を悪くされたんですか。

体重も激減との事ですが、これからはしっかり食べて、そして適度な運動もして、ちゃんと体調に気を配って下さいね。

ただ確かに、FXの出来は専業生活に大きく影響しますね。。。

でも、コストパフォーマンスの良い食材ってありますし、それに、散歩やランニングといった手軽に出来る運動でも、体に十分な負荷をかける事が出来るので、お金をかけなくても健康な体をキープ出来ると思います。

私はトレード成績はずっと冴えないんですが、バランスの取れた食事とランニングのお陰で、体年齢はどんどん若返ってますから(笑)

生活費を稼ぎ続けるのは凄く大変ですけど、お互い頑張りましょう。
でも、絶対に無理はしないで下さいね。

No title

数カ月くらい前から胃腸の調子が悪るかったのですが
最近特にひどくなりこれはまずいと病院に行ったら
機能性ディスペプシアということでした。
健康には昔から気を使っており
3日に1度のランニング、そして軽い筋トレ、
バランスの取れた食事はとっており
誰がどう見てもものすごく健康的に見えるのですが
やはり長い(なかなかFX勝てない)引きこもり生活が
精神面に強く影響しているようです。
内臓をやられるなんて過去に経験した事がなかったのでかなりショックです。
これからは何か気分転換になる趣味でも始めてストレス分散させながら
FXに取り組んでいこうと思っています。

Re: No title

そうだったんですか。
TEDさんは、ランニングに筋トレ、さらにバランスの取れた食事も心がけておられたんですね。

具合を悪くしたとお聞きして、FXの事で頭がいっぱいになって、健康への意識が希薄になってしまったのではないかと、先入観で思ってしまいました。

事情を知らずに適当な事を言ってすいません。

内臓を悪くしたとの事ですし、TEDさんの仰るとおり、FXのストレスが原因なんでしょうね。

私も身に染みて実感してますけど、勝てない時のストレスって凄まじいですから。。。

そうですね。
何かストレス発散できるものを見つけられるといいですね。

ただ、思うように稼げてない状況では、ストレスを発散するのも容易ではないですし、FX以外の収入源について、考えてみるのもひとつの手ではないでしょうか。

多少なりとも収入が増加すれば、精神的に楽になるはずですから。

PAGETOP