容易に想像がつく事だとは思いますが、FX専業トレーダーという仕事は、かなり孤独です。

誰かと一緒に住んでる人はもちろん例外ですが、私のように1人暮らしをしてると、『丸1日誰とも会話をせずに、ずっとチャートを眺めてトレードしてるだけで1日が終わる』なんてのは日常茶飯事だし、酷い時は、1週間ぐらい全く会話しない事だってありますから(笑)

私はあまり社交的な方ではないから元々友達が少ないし、しかも、その数少ない友達との連絡手段が今はほとんどメールだから、電話が鳴る事も滅多にないので、家に篭ってると人と話す機会は皆無なんですよね。

それに、今はネットスーパーという大変便利なものがあるので、ネットスーパーを利用するようになってからは買い物に行く回数も一気に減ってしまったし、社会との接点はますます減少する一方ですから。

ヤフーや楽天といったネット通販だと、生物などの食料品はあまり買う気にならないけど、ネットスーパーは色んな食品や日用品をまとめて注文できるし、実際にスーパーに買いに行くのと同じ感覚で気楽に買えますからね。


ただ、一応健康のために、土日はランニングや水泳をして体を動かしてるし、それに、たまに飲みに行ったりはするので、『ずっと家に篭りっきり』というわけではありません。

でもそれを除くと、会話どころか外出さえもままならないし、FX専業トレーダーという仕事は本当に孤独だと思います。


だから、私は1人で過ごすのが好きだし、孤独をあまり苦にしないから大丈夫なんですが、社交的な性格の人はこういった社会から断絶された生活は相当苦痛に感じるだろうし、FX専業トレーダーはやめた方がいいかもしれませんね。

もし社交的な人が、私みたいな家に篭りっきりの日常を送ってたら、その内のび太くんのお母さんみたいに、『キー!』ってなるだろうし、人とコミュニケーションをとれないストレスで体を壊してしまうのではないでしょうか(笑)

ただ、社交的な人で専業トレーダーを目指す人はそもそもそう多くないだろうし、『孤独だから止めた方がいいよ』みたいなアドバイスをする事自体、あまり意味がないかもしれませんが。


でも、専業は孤独と常に向き合わなければならない一方で、最近はFXトレーダーを取り巻く環境も大きく変わってきてるし、孤独が苦手な人でも仕事がしやすい環境になってきたような気がします。

以前は他のFXトレーダーと気軽にコミュニケーションが取れる場所って、ブログのコメント欄ぐらいだったんですが、私が専業トレーダーになった頃に比べて、今はツイッターやフェイスブックといったソーシャルメディアが大きく発達したし、こういったソーシャルメディアのお陰で簡単に誰かと繋がれるようになったので、孤独を和らげる事が出来ますから。

それに、私はこれらのツールを利用してないから詳しい事は分からないんですが、トレーダー同士でオフ会みたいな事も頻繁に行われてるみたいだし、専業トレーダーのイメージも少し明るくなりましたからね。


だから生活費さえ稼げれば、専業トレーダーは魅力的な仕事になるんだろうけど、でも、相場の世界で勝ち続けるのは容易ではないので、『専業になろうかと思ってる』と知り合いにもし相談されたら、私は迷うことなく、『やめた方がいいよ』と即答すると思います(笑)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP