というわけで、第一印象は悪くなかったからFXにどんどんのめり込んでいったし、それに、相場の世界の怖さを知らないが故の積極性が功を奏して、ビギナーズラックが炸裂したので、口座残高は右肩上がりで増加していったんです。
(確か20万→25万ぐらい)

だから、『FXって結構簡単なんだな』という初心者の典型的な勘違いパターンに陥ったし(笑)、完全に調子に乗ってしまったので、『値動きが激しすぎる』という理由で当初は敬遠していた、ポンド円にも手を出すようになりました。
私はFXを始めて今年で9年目になるし、元外為ディーラーの方々には当然遠く及ばないものの、個人投資家としてはかなりキャリアの長い部類に入ると思います。

そして、これまでのFX歴で、『キャリートレードやリーマンショック、ドル円が最安値を更新した円全面高』といった為替相場に起こった数々の事件を経験してきたし、実はブログを立ち上げた当初から、『私のFX歴を振り返る記事をシリーズ形式で書いてみよう』とずっと考えてました。

PAGETOP