しがないFX専業トレーダーのブログ

《9月のトレード成績》
ユーロドル 1勝0敗 36.0pips
ドル円   トレードなし

《2018年の年間成績》
ユーロドル 3勝2敗 46.9pips
ドル円   6勝2敗 136.7pips

《長期投資》
ソフトバンクグループ 5109円   870株
(9月末時点の含み益・553万)


FX

私が現在採用してる、相場が動意付いた時限定のトレード手法は、損小利大でありながら27勝13敗という高勝率を記録してるし、かなり効率よく利益を積み上げる事が出来ています。

ただ、効率性に優れる一方で、エントリーを厳選するからトレード機会が極端に少ないので、今年はこの弱点にずっと悩まされてるんですよね。


そして、9月もなかなかエントリーの機会が巡ってこなかったので、『またノートレードになりそうだ。これで今年4度目の月間トレードゼロだよ。とほほ・・・』と半ば諦めかけてたんですが、ところが終盤の24日になって、ユーロドルで1勝する事が出来たんです。

しかもこのトレーディングは、利確までに10時間以上かかる事も多い私の手法にしては珍しく、2時間程度でサクッと勝てたので、精神的にも楽だったから助かりました。


とはいうものの、年間トータルで見ると、相変わらず焼け石に水状態です。

すでに1年の3/4が終わったというのに、年間240万という目標額の、3割程度しか稼げてませんから。


ただ、悪い事ばかりではなくて、9月はちょっと幸運に恵まれたんですよね。

私のピボット手法は外為どっとコムが配信してる数値を利用してるんですが、その数値をそのまま使うのではなくて、これまではエントリーとリミットの指値を5pips手前に置いてたんです。


でもエントリーに関しては、数値のちょっと手前で反転する事が多かったけど、一方利確に関しては、『リミット付近までいったにも拘わらず、結局反転して利確し損なう』というパターンはそんなに多くなかったんですよね。

だから今月から、リミットについては5pips手前にするのは止めたんですが、その変更が功を奏して5pips利益を上積み出来たので、変更して本当にラッキーでした。


というわけで、運に恵まれて上積みしたこの利益を利用して、『久しぶりにB級ランチでも食べに行こうかな』なんて考えてます。

午前中で勝利を収めると、1日がハッピーになるという記事でも書いた通り、質素な生活を送る私にとって平日のランチはちょっとしたエンターテインメントなんですが、ずっと満足のいく成績を残せてないので、今年はそういう事を全くしてなかったですから。

10月は散歩するのに適した季節だし、少しひんやりした秋の風を感じながら、オレンジに染まりつつある街をのんびり歩くのが楽しみです。


為替相場

先月の記事で、『ドル円はレンジか軟調気味だろう』と書いたし、ドルはしばらく円に対して分が悪いと私は考えてたんですが、でも結構強かったですね。

月初は軟調だったけど、終わってみれば年初来高値を更新しましたから。


そして、金融収縮によるポジションの巻き戻しでも起こらない限り、ドル円の堅調な展開は続きそうです。

徐々に広がってきた金利差が下支えする上に、FRBは現時点で、『2019年は3回、2020年は1回』という利上げ見通しを出してるので、緩和真っ只中の円が、利上げサイクルに抗うのは難しいですからね。


その一方でユーロドルは、まだレンジの範疇に留まると思います。

例え米国の利上げサイクルが2020年まで続いたとしても、ユーロ圏の金融政策もペースは緩やかとはいえ引き締めてるので、ユーロはドルに対してある程度の反発力を備えてますから。


それから、交渉が難航してるブレグジットについてですが、私は2年前に、英国はEUを離脱しない。ポンドは暴落だけではなくて暴騰もある危険な通貨という記事を書いてるし、国民投票で離脱が決まった当初から、『英国はEUを離脱しないだろう』と考えてたんです。

だから、こんな風に交渉が難航する事は想定してたし、まだ紆余曲折はあるにせよ、結局英国はEUに留まる事になるでしょう。

前回は離脱に投票した連中も、『今の自分の生活が、実はEUのお陰で成り立ってた』という事を理解しただろうし、この期に及んでもまだ離脱を望む筋金入りのバカは、流石に少数派になってるはずですから。


ただ、このブレグジット問題のお陰で、『世の中には想像以上にバカが多い』という事を学ばせてもらったので、私にとっては凄く勉強になりました。

EUを理解してない奴が半数を超えるなんて有り得ないと思ってたし、しかも、設計図をキッチリ作ってから実施した大阪都構想の住民投票とは違って、離脱後の事を何も決めてない案に投票するバカがこんなにいるなんて、これ以前は夢にも思わなかったですから。


まあとにかく、私はこのブログで政治的な事について色々コメントしてるんですが、ブレグジット以外にも、下記のような常識を覆す考えを披露してるし、しかも軒並み言った通りになってます。


① 『ギリシャは離脱してユーロは崩壊する!』と世界中が大騒ぎだった時に、『ギリシャは絶対に離脱しないし、ユーロも絶対に崩壊しない』と断言する。

➁ アナリストや評論家が誰一人として触れてなかったスイスフランショックを、的確に予測する。

➂ 小池旋風が吹き荒れてる最中に、『小池はクズ。必ず化けの皮が剥がれる』と言い切る。

④ 『米国と北朝鮮の軍事衝突は避けられない』と専門家が言いまくってたにも拘らず、戦争は絶対にないと断言する。


そして、私がこんな風に常識に捉われない考え方が出来る理由なんですが、『比較する・反対側から見る・全体を見る・長期的に考える・人間心理を考慮する』という5つの要素を重視して、常に物事を考えてるからなんです。

だから、皆さんにもこの5つの要素をお勧めしますけど、ただ、長期投資には威力を発揮する一方で、FXのパフォーマンスが直ちに改善するわけではないので、そこはご了承下さい(笑)


長期投資

ソフトバンクの株価は、9月も力強く上昇しました。

やはり先月の記事で書いた通り、『1株当たり株主価値を掲載した事によって、戦略的持株会社という企業形態への理解が進んだこと』と、『国内通信事業の価値をあえてゼロとして、年内に予定されてる上場への期待感を高めたこと』が追い風になってるようです。


しかも、ソフトバンク個別のファンダメンタルズ要因に加えて、現在の堅調な地合いも上昇を後押ししてくれました。

マーケットにとって関税合戦は本来最悪の材料だけど、『米中共に、経済が減速しても金融政策や財政政策で下支え出来る』と考えられてる事が、おそらく堅調な地合に繋がってるんでしょう。

どうやらパウエルは、事前に決め付けるのでなくて、柔軟に金融政策を調節するタイプみたいだし、さらに中国に関しては、大胆な金融緩和や積極的な財政政策への期待感が高まってますから。


だから、この底堅さはまだ続くと思うんですが、ただ、こんな風にマーケット環境が良い時にこそ、孫さんにはソフトバンクが抱える課題に向き合ってもらいたいですね。

ソフトバンクには、『借金の多さと、キャッシュフローの弱さ』という二つの弱点がありますから。


ただ、孫さんはよく危なっかしいと言われるけど、凄くリスキーな経営をしてるように見えて、実はちゃんとバランスを取ってるんです。

でも私のように、この孫さん特有のバランス感覚を理解出来る人なんて、世の中には殆どいないので、金融危機が起こると必要以上に売り込まれてしまうんですよね。

健全だった銀行が、『あそこヤバいらしい』というデマによって、一斉に預金を下ろされて破綻した例が示す通り、金融の世界はイメージって大事ですから。


だからバランスシートにもっと配慮して欲しいし、それと、出来ればキャッシュフローを重視した経営方針も、打ち出してもらいたいですね。

ソフトバンクとビジネスモデルが酷似してる総合商社も、決算説明会ではキャッシュフローについて丁寧に説明して、『色々出資してるけど、ちゃんとキャッシュを稼げてるのか?』という投資家の不安を軽減する事に努めてますから。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

株の含み益があるからFXが目標に届いてなくとも心の余裕はありそうな雰囲気が伝わってきます。
FXのビックトレード決まるといいですね、応援してます!

Re: タイトルなし

そうなんですよ。

たまさんの仰るとおり、この一ヶ月で株の含み益が100万くらい増加したので、FXの苦戦によるダメージを随分軽減してくれてるんです。

心の中を完全に読まれてますね間(笑)

ただ、株は所詮含み益ですし、ずっと右肩上がりで増加する事はないので、本業のFXでもしっかりと結果を出さないといけません。

応援ありがとうございます。
来月はビッグトレードのご報告を出来るように頑張ります!

はじめまして

しがないさん、初めまして。
私はなんと5年前からこちらのブログの読者です(笑)
その間、一度もコメントしたことがなかったのですが、
スイスフランショックの時は本当にしがないさんの先見の明に感服しましたよ。
今はユーロドルのみの取引をしていますので長期見通しを参考にさせて頂いてます。良いブログをありがとうございます。また、遊びに来ますね。

Re: はじめまして

りおんさん、はじめまして。

ただ、初めましてですけど、5年前からこっそり応援して頂いてたんですね(笑)

スイスフランショックの件を褒めて下さってありがとうございます(笑)

あの記事を読んで、スイスフランをトレードするのを止めた人は少数だったと思いますけど、でもあれをキッカケに、たくさんの人にファンダメンタルズの重要性を分かってもらえたので、先出しで書いておいて良かったです。

後出しで、『実はこうなると思ってました』なんて言っても、説得力がないですから(笑)

りおんさんはユーロドルをトレードされてるんですね。

参考にして頂けて光栄ですけど、ただ、今月はリスクオフになってますし、月初に書いた見通しが外れ気味なので、ちょっと情けないです(笑)

はい。遠慮なく遊びにいらして下さい。
これからも宜しくお願いします。

PAGETOP