しがないFX専業トレーダーのブログ

《1月のトレード成績》
ユーロドル トレードなし
ドル円   3勝0敗 100.4pips

《長期投資》
ソフトバンクグループ 5060円   855株←NEW!
(1月末時点の含み益・335万)


FX

1月はドル安トレンドが出たお陰で、相場が動意付いた時限定のトレード手法を採用してる私にとっては、凄く相性の良い市場環境でした。

だから、去年は1度もなかった3桁pipsを年初からいきなり達成出来たので、こんな風に良い形で1年を始められると、やっぱり気分がいいですね。


ただ、獲得pipsに関してはそれなりに満足してるんですが、ドル円同様にトレンドが出たユーロドルで、チャンスを生かせなかった事が非常に心残りなんです。

私のピボット手法にとっての、『相場が動意付く』の定義はターニングポイントのブレイクなので、ブレイクした翌日以降、エントリーするかどうかを考えるんです。

だから、ユーロドルは強いトレンドが出たにも拘わらず、ターニングポイントのブレイクは1度もなかったから、考える事すらも出来なかったので、ずっと見てるだけだったんですよね。
(ちなみに、ターニングポイントの10pips以上の突破が、ブレイクの定義です)


そしてこういう目に遭うと、『もう少しエントリーの間口を広げようかな』とつい考えてしまうんですが、でも、私のような才能のない投資家がそれをやってしまうと、不調に陥った時に収拾が付かなくなるんですよね。

ルールはガチガチに固めるよりも、ある程度柔軟にしておくのがベストとはいえ、トレーディングというのは、感覚(裁量)の割合が大きければ大きいほど、好不調の波も激しくなりますから。


だから、利益の最大化よりも、最大損失を抑える事を私は優先してるし、好不調の波を出来るだけ小さくして、心を常に穏やかな状態に保つ事に努めています。

相場の世界は精神状態に大きく左右されるので、己の能力や性格をしっかり見極めて、自分にとって最適なトレード手法を構築しなければいけません。


それと、1月はドル円に関しても、何度か不運があったんですよね。

エントリーの指値に1.7pips足らなくて27pips取り損なったのと、リミットまであと0.6pipsの所で反転されて、利益が目減りした所で利確を強いられたトレードがありましたから。

特に後者の方は、もしリミットに達してたら2015年3月の80pipsに次ぐ、ピボット手法を始めてから歴代2位となる73pipsのスーパービッグトレードだったので、一際悔しいです。


ただ、この後者のトレードは、実は10月に実施した、指値の5pips手前への変更のお陰でエントリー出来たものだし、10月以降のトータルで見ると、明らかにパフォーマンスが向上してるんですよね。

だから、2年連続でFXの利益が生活費を下回ってるし、ここ数年はずっと苦戦してるんですが、『今年は結構いけるかも』と楽観的に考えてます。


為替相場

先月の記事で私は、『今年はトレンドが出そう』と書いたんですが、ただ、それにはもう少し時間を要すると考えてたんですよね。

だから、年初から早速トレンドが出るのは予想外だったけど、でもトレンドに上手く乗る事が出来たので、私にとっては良い相場環境でした。


ただ、米・欧・日のいずれも、金融政策の方向性や速度にドラスティックな変化があったわけではないので、このまま本格的なドル安トレンドに突入するとは私は思ってません。

市場はまだ、『3回前後と考えられてる米国の利上げ見通しが大幅に下方修正される』とは織り込み始めてないし、一方の日本やユーロ圏だって、黒田さんやドラギ総裁の発言を都合よく解釈してるだけなので、持続可能性に乏しいですから。


だから2月は、年初からのドル売りが巻き戻される展開になりそうな気がします。

ただ、未だ金融政策の転換が見通せない日本とは違って、ユーロ圏は現時点では正常化のペースが少し早まってるので、ドル円は全戻しが有るかもしれないけど、ユーロドルはせいぜい半値戻しでしょう。


それから、前回の記事で少し触れた仮想通貨についてですけど、私はその記事の中で、『仮想通貨に投資してみたい。でも、現在の取引の仕組みはリスクが高過ぎるので、レバレッジをかけたトレーディングはしない。するとしたら少額での現物長期投資』と書いたんですが、早速リスクが顕在化しましたね。

顧客資産が流出する事件があったし、それに、1日で20~30%もの破壊的な暴落をする局面もあったので、損切りがちゃんと執行されなくて、元本以上の損失を被った人が続出したらしいですから。


結局の所、相場の世界で一番怖いことって、元本を上回る損失を出す事なんですよね。

だからこの悲劇を回避するために、私は常に神経を尖らせてるし、そして危機察知能力に関しては、誰にも負けない自信があります。

今までに何度も書いてるけど、私はスイスフランショックを的確に言い当てた男ですから(笑)


ただ、ちょっと冗談めかして書いたんですが、為替相場におけるブラックスワンって、実は予測が可能なんです。

『比較する・反対側から見る・全体を見る・長期的に考える・人間心理を考慮する』といった視点を持って、ファンダメンタルズ分析をキッチリやってれば、通貨間の理不尽なパワーバランスや歪みが見えてきますから。


そして、主要通貨で現在歪みを抱えてるのはポンドなので、ポンドにはいずれ、2016年のフラッシュ・クラッシュを上回るブラックスワンが起こると断言しておきます。

英国はEUを離脱しないという記事で書いたけど、EU離脱撤回に伴い、ポンドは大暴騰するでしょう。


長期投資

先月は、私の長期投資人生にとって激動の1ヶ月になりました。

2006年に初めて購入して以降、少しずつ買い増して1500株保有してたヤフーの全株式を売却し、そしてその売却で得た資金で(約80万)、ソフトバンクを追加しましたからね。

だから、ヤフーで多少のリスクヘッジをしていた状況は終わりを告げて、ソフトバンクに一点集中する事になったので、私の今後の人生は、ソフトバンク株のパフォーマンスに左右される事が明確になりました。


ただ、ヤフーはまだまだ伸びると考えてるし、それに、私は実はヤフーを、ソフトバンクよりも長く保有してたから凄く愛着があったので、売却は本望ではなかったんです。

でも、私はFXではかなり大きなロットでトレードしてるので、もし噂されてるレバレッジ10倍への引き下げが実施されたら、ユーロドルとドル円の2通貨ペア同時にポジションを持つには、相当な額の証拠金が必要になるんですよね。


だから、『FX用の証拠金を確保しておく必要がある一方で、ソフトバンクにはもっと投資したい』という両方を満たすには、ヤフーを売却して投資資金を捻出せざるを得なかったんです。

私のトレード手法はエントリー回数が少ないので、同時にポジションを持つ事は滅多にないとはいえ、でも万が一証拠金不足のせいでエントリーを見送って、尚且つその見逃したのがビッグトレードだったら、当分立ち直れないダメージを負いますから(笑)


もちろん、もしエントリーのタイミングが被ったら、ロットを下げて対応する方法もあります。

でも、ロットを変えないのは、私のFXトレーダーとしての信念であり、土台になってる部分なので、それは絶対にしたくないんですよね。


『証拠金が足りない時は仕方ない』みたいな例外を作ってしまったら、いずれ例外時だけではなくて自信の大小によってもロットを変えるようになるし、そしてそのルールの緩みは、長い目で見れば必ず反動をもたらしますから。

しがないトレーダー流、ロット管理テクニックという記事でも書いたんですが、『ロットいじりは超上級テクニック』と私は考えてますからね。


まあ、まだ20年以上持つ予定のソフトバンクとは違って、ヤフーはそう遠くない内に売るつもりだったから時期が多少早まっただけなので、ソフトバンクにガンガン上昇してもらって、ヤフー株との別れの寂しさを吹き飛ばしてもらいます(笑)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

めっちゃ幸先良いですねー。
きつい時期でもタガを外さずに方針をキープし続けたからこその結果ですね。

今年は、しがないトレンドが来ますねきっと。笑

Re: タイトルなし

ありがとうございます。

感情的にならずに、ルールをちゃんと守る事だけは得意なので、この一貫性が威力を発揮しました。

もちろん、その一方で柔軟性に欠ける所が私の弱点なんですが。

しがないトレンド・・・
良い響きですね(笑)

是非とも実現したいものです(笑)

専業トレーダーって稼げれば最高の職業ですね。憧れます。
会社員だと理不尽な評価や事が多くきついです。

Re: タイトルなし

あるさんのご意見に、100%同意致します。

専業トレーダーは全て自分で決めれる自由な職業なので、トレードの調子の良い時は、『専業になって良かった!』と心の底から感じますから。

もちろんその代わり、稼げない時は地獄ですが(笑)

No title

しがないさんは損切りはどれ位でやってるんでしょうか?

ネット上で大儲けしたとか書いてる人に聞いてもはぐらかされるし検索してもあいまいな事しか書いてないしどれ位か判断しにくいです。

ちなみに大儲けしたと言う人のアドバイスで豪ドル上がっていくと言ってたが思いっきり下がりましたし(泣)。

Re: No title

損切りの考え方に関しては、『完璧なストップなんて存在しない。検証は時間の無駄』という記事で書いてます。

ただ、私の損切り幅を知った所で、そんなのは全く役に立ちませんよ。

おそらくTakaさんはまだFX歴の浅い方だと思うんですが、そういった、『手っ取り早く稼げる情報を手に入れたい』という考え方を改めない限り、これからもずっと負け続けますよ。

簡単に稼げる方法なんて、相場の世界には存在しないんですから。

PAGETOP