しがないFX専業トレーダーのブログ

《4月のトレード成績》
ユーロドル トレードなし
ドル円   トレードなし

《2018年の年間成績》
ユーロドル 1勝0敗 22.0pips
ドル円   3勝2敗 66.5pips

《長期投資》
ソフトバンクグループ 5060円   855株
(4月末時点の含み益・294万)


FX

いや~、先月は参りました。

ユーロドル、ドル円共に4月は値動きが穏やかだったから、私のトレード手法の必要条件であるターニングポイントのブレイクが起こりにくかったので、初めてブレイクしたのが、なんと23日でしたから。

だから、ターニングポイントをブレイクしてくれないと、エントリーするかどうかを考える事すら出来ないから、1ヶ月の2/3以上が過ぎてもなお、値動きを見てるだけという状況を強いられたので、激しい自己嫌悪に陥りましたよ。

専業トレーダーはずっと家に籠って相場を見てるので、ニュートラルな状態でも既にニートみたいなものなのに、その上トレード回数がゼロだったら、最早スーパーニートですからね(笑)


まあ、採用した時点で想定してたとはいえ、この相場が動意づいた時限定のトレード手法は、やっぱり余りにもエントリーの機会が少ないので、どうやらユーロドルとドル円の2通貨ペアだけだと厳しそうです。

去年はそこそこエントリー出来たけど、今年は4月が終わった時点で既に、『月間トレード回数ゼロ』が2度目ですから。

だから3月の収支の記事では、『ユーロ円も準備した方が良さそう』と書いたんですが、今月から、このトレード手法をユーロ円にそのまま当てはめて、どんな感じになるか検証してみます。


ポンドや豪ドルといった新たな通貨を扱うんだったら、フォローしなくなって久しい、英国や豪州のファンダメンタルズをまた勉強し直さないといけないから大変です。

でも私は、金融政策の方向性や、引き締めペースの速度を比較して、ドル>ユーロ>円や、ドル=ユーロ>円といった感じで、3通貨のパワーバランスを常に明確にしてるので、ユーロ圏と日本のファンダメンタルズ分析は日常的にやってるんですよね。

だからユーロ円だったら、ファンダメンタルズに費やす時間がこれまでと殆ど変わらないので、投資対象として凄く効率が良いんです。


ただ、FXで検証と言われると、殆どの人はテクニカルを用いた緻密な分析を思い浮かべるだろうけど、私にとっての検証の定義はもっとざっくりしています。

完璧なストップなんて存在しない。検証の時間の無駄という記事でも検証の無意味さについて書いたけど、『経済指標を跨ぐからスルーしたものの、もしエントリーしてたらビッグトレードだった』みたいなのが1回あるだけでも、トレード手法のパフォーマンスって異次元になるじゃないですか?

だから、検証なんてものは、トレード手法の雰囲気をなんとなく掴む程度で十分なんです。


ただ、このロジックでいくと、今のトレード手法はユーロドルとドル円で既に勝率667厘という実績を残してるので、『検証なんか全くしなくていい』という事になるんですよね。

でも、理論的にはそうだとしても、リアルでいきなりやるのは流石に一抹の不安を覚えるので(笑)、一応デモで数ヶ月試してから、実戦投入するかどうか判断します。


為替相場

4月のユーロドルとドル円は、私が先月の記事で書いた通りの展開になりました。

ドル円に関しては、今後反発に転じるのではないか、ユーロドルに関しては、このまま突き抜ける事はないと予想したんですが、実際にドル円は上昇、ユーロドルは反落しましたからね。


ただ、だからこそ、稼げなかった事が尚更悔やまれます。

両通貨ペア共、これ程までにシナリオ通りの動きをしてくれる事ってなかなかないので、トレード手法さえ機能してくれてたら、3桁pipsは余裕で獲れてたはずですから。

ただ、相場観は相変わらず悪くないし、ドル円は上方向、ユーロドルに関しては、ECB理事会がハト派だった影響でユーロはドルに対して劣勢になったので、やや売り目線で臨むつもりです。


それから、何かニュースが出る度に、為替相場をちょっとだけ動かしてた北朝鮮情勢についでですが、この数ヶ月で随分フェイバーに動きましたね。

ただ、2017年9月の記事でも書いたとおり、『戦争は絶対にない』と当初から言い切ってたので、私にとってこの展開は想定通りなんです。

でも、『米国と北朝鮮の軍事衝突は避けられない!』という論調を繰り広げる評論家が世の中には溢れ返ってたので、今回の件で改めて、『評論家やアナリストはやっぱり使い物にならないな』と実感しました。


結局の所、アナリストや評論家は、状況はどんどん変化していく事を理解してないので、いつも過去の事例に当てはめて考えるんですよね。

だから、『中国が今や、米国と同等のスーパーパワーになってること』を読み取れないので、『米国は本気だ!』みたいな的外れな事ばかり言うんです。

これは政治についてだけど、為替相場でも考え方は同じなので、『歴史の勉強は凄く有益な一方で、過去の事例をそのまま当てはめるだけではダメだ』という事を、我々FXトレーダーは心に留めておかなければいけません。


それと、北朝鮮よりも市場から懸念されてたトランプの保護主義に関してですが、『TPP復帰を検討する』なんて発言もしてるし、やはりトランプは、自由貿易のメリットを分かった上で戦略的にやってた事が明らかになってきましたね。

自分で事業をやった事がなければ、組織を動かした事もない、頭の中お花畑の学者や評論家とは違って、トランプは経営者だからTPPが分からないなんて考えにくいので、私は当初から、『保護主義に突き進んでるのは有利な条件を引き出すための交渉戦術ではないか』と疑ってたんですが、読みは正しかったようです。

まあとにかく、政治家というのは結果を出してナンボなので、綺麗事だけで北朝鮮問題に真剣に取り組まなかったオバマよりも、下品な言葉を使ったとしても結果を出し続けてるトランプの方が、リーダーとして遥かに優れてるのは間違いないでしょう。


長期投資

去年の10月に一旦は破談になったスプリントとTモバイルの合併交渉ですが、『破談から半年経たずして早くも交渉再開かよ!』と思ったのも束の間、電光石火でスプリントの売却が正式に発表されました。


私はこれまでずっと、孫さんには事業家として歴史に名を刻んで欲しいと考えてたので、『スプリントは絶対に売るべきではない』とこのブログで何度も書いてきました。

ただ、私がそんな風に考えてたのは、孫さんが最近夢中になってる投資業ではなくて、スプリントにエネルギーを注力すれば、経営を立て直せると思ってたからなんですよね。


でも、孫さんは都合が悪い事は誤魔化す傾向があるので、『ずっと強気の発言をしてたけど、もしかしたら孫さんが注力しても立て直すのが不可能なほど、スプリントは厳しいんじゃないか』と考えるようになったんです。

だとすれば、事業家がどうたらとか悠長な事を言ってる場合ではないので、スプリントは手放さざるを得ないんですよね。

損切り出来ない人は、強欲で臆病者という記事でも書いたけど、勝てる見込みがないのに意地になって突っ込むのは、リーダーとして失格ですから。


だから、撤退は仕方ないと今では考えてるんですが、ただ、アームと通信という2大事業を、投資した企業が周りを取り囲む生態系を、ソフトバンクグループの未来の姿と私は思い描いてたので、その一角の通信が崩れた事は凄く残念です。

アームはとてつもない将来性を秘めた企業だから、コア事業がアームだけでも十分凄いとはいえ、アームと通信で安定的に巨額のフリーキャッシュフローを生み出す企業生態系は、さらに強力ですから。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。

今のトレード手法はユーロドルとドル円で既に勝率667厘という実績を残してるので、『検証なんか全くしなくていい』という事になるんですよね。

でも、理論的にはそうだとしても、リアルでいきなりやるのは流石に一抹の不安を覚えるので(笑)、一応デモで数ヶ月試してから、実戦投入するかどうか判断します。

この慎重な性格がしがないさんの凄さであり負けない理由なんだなと思います。

これからもブログの更新楽しみにしています

No title

こんばんは

しがないさんは、ノートレだったんですね

僕は先月のエントリー回数は、いつもに比べてやや多目でした

しがないさんのトレードルールは高勝率ですね
僕の勝率は、せいぜい4割から5割
リスクリワード重視でトータルでプラスに持っていくって感じです

しかし、もう5月になったんですね…1年なんてあっという間ですね

年末年始に美味しいものが食べられるよう、お互い頑張りましょう!

Re: No title

永井さん、お久しぶりです。

ありがとうございます。
他の通貨ペアでどれだけ機能しても、ユーロ円でも実際に試してみないと、どうしても弱気になってしまうんですよね。

そしてそのちょっと弱気になった事が原因で、踏み込みに躊躇してしまい、結果的に大きな利益を逃す事に繋がってしまうので、準備をしっかりしておく事にしました。

ただ、どれだけ理論が優れてても、専業トレーダーは結果を出してナンボなんですよね(笑)
なので、今月は稼げるように頑張ります。

楽しみにして下さってありがとうございます。

Re: No title

直人さん、こんばんは。

そうなんですよ。
残念ながら、またしてもノートレードでした。

エントリーを厳選してるお陰で、勝率だけは高いんですよね。
損小利大でこの高勝率はなかなか難しいと思います。

でも、直人さんの4~5割の勝率が、理想的だと言えるのではないでしょうか。

相場の世界で勝ち続けるには損小利大が必須ですけど、かといって3割まで下がると一発逆転的な感じになってしまうので、5割を少し下回るくらいがちょうどいいですから。

仰るとおり、1年ってあっという間ですよね。
直人さんは、先月は結構良かったみたいですし、取り残されないように頑張ります(笑)

このままだと年を越せないですから(笑)

はじめまして

しがないさん、はじめまして。

僕はFXを始めてから8ヵ月ほど低空飛行だったのですが、しがないさんのブログ記事を読んでから成績が向上しました。
どの記事もすごく為になったのですが中でも、「損小利大は難しい。でもやるしかない」「完璧なストップなんて存在しない。検証は時間の無駄」はパフォーマンス改善にすごく役立ったと思います。

今まで利益を伸ばす苦痛から逃れるために勝率を上げようとしていたことに気付きました。
そこでトレード中は血圧の上昇を感じながらも利益の伸ばし、リスクリワード1:2のポイントでしかエントリーしないことを徹底するようにしたところ、まるで詐欺ブログのビフォーアフター成績のように変貌をとげてきました。
(血圧を下げるには最大握力の30%の力でタオルを握ると良いらしいので、握りながらチャートを見つめています。)
手法は自分で引いた水平線だけです。

多分しがないさんのブログ記事がなければ、永遠に手法を探す旅に出たまま帰ってこれなかったと思うので本当にありがとうございます。
今まで色々と相場関連の本を買ったりもしましたが、このブログ記事のほうが何百倍も役立っています。

今日チャートを眺めているときにふと「そういえば、しがないさんは何分足を見ているのだろうか?」と疑問に思いました。
ピボットを使いだしてからは、チャートに張り付いていないとのことでしたので、「1時間足くらいかな?いや、ストイックなしがないさんだから、まさか1分足で細かい値動きまでチェックしているのでは?!」なんて色々思っていました。
ちなみにどうでもいい情報ですが、僕は5分、1時間、日足を見ていることが多いです。

それにしても損小利大で高勝率のトレード手法はすごいですね!
1カ月ノートレードでも踏ん張れる精神力のあるしがないさんだからこそ使いこなせる手法なのでしょうね。
僕にはとても真似できそうにないです、耐えきれずポジポジ病になって自爆する姿が目に浮かびます。

それと…実は先日こちらのブログ記事をそのままパクって?掲載しているブログを見つけてしまいました。
いかにもFX詐欺ブログのようなところに使われていたので、自分のことのように憤りを感じてしまいましたが、どうするべきなのでしょうか?
もしかするともうすでに、しがないさんはご存知かもしれないですが。。

今までコメントしてみたいなと思いつつも、なんだか緊張してしまってできなかったのですが、記事の件もあったので思い切ってコメントしてみました。
なんだかまとまりのない文章になってしまいましたが、これからも更新楽しみにしています!

Re: はじめまして

うさ太郎さん、はじめまして。

FXブロガー冥利に尽きる数々の有難いお言葉をかけて下さって、ありがとうございます。

「損小利大は難しい。でもやるしかない」や「完璧なストップなんて存在しない。検証は時間の無駄」といった記事が参考になったとの事ですが、その上、『永遠に勝てるトレード手法はこの世に存在しない』という、このブログのメインテーマとしている考え方にも共感して頂いてるようなので、凄く嬉しいです。

頑張って記事を書いた甲斐がありました。

それにしても、『血圧を下げるには最大握力の30%の力でタオルを握る』なんて、感情的にならないための、とても素晴らしい対応策ですね。
相場の世界を知らない人は、『そんな事しても変わらないだろ』と思うだろうけど、でもこういうのって意外に効果があるんですよね。

うさ太郎さんもご存知のとおり、私をピボットを使うようになってからは、チャートを見るのは、寝てる間の値動きの確認に利用する程度なんです。

なので、見ると表現する程のものではないないんですが、一応、1時間足と日足を見ています。
あと、年初来高値とか、数年前の天底を調べるために、月足をたまに見る程度でしょうか。

損小利大でこれだけの高勝率は相当難しいので、この事には満足しています。

ただ、うさ太郎さんの仰るとおり、我慢するのが得意な私とは相性の良い手法とはいえ、エントリー機会の少なさが辛い所です。
専業で1ヶ月ノートレードなんて悲惨ですから(笑)

えっ?私の記事をパクってる奴がいるんですか?
全然知りませんでした。
教えて頂いた上に、自分の事のように怒って下さって感謝です。
そのブログの名前、是非教えて下さい。

うさ太郎さんを緊張させてしまったのは、おそらく私の毒舌キャラが原因だと思います(笑)
どうもすいません。

楽しみにして下さってありがとうございます!
これからも宜しくお願いします。

ありがとうございます

しがないさん、お返事いただきありがとうございます。

『永遠に勝てるトレード手法はこの世に存在しない』は真理だと思いますし、この言葉で全て上手くいきはじめたので、もはや座右の銘になっています。
ただFXを始めた頃にいきなりそんなことを言われても、華麗にスルーしていたはずなので、数か月経過してからこのブログに出会って良かったと思います。

しがないさんは1時間足、日足が基本で月足をたまに見られているのですね。
寝ている間の値動きを確認する程度とのことで、思っていた以上にチャートを見られている時間が少ないようで羨ましいです。

僕はちょっと性格&メンタル的に外で働くことが難しくて、なんとか家で1人でできる仕事で細々と生活しながらのトレードなので、もう少し工夫して生活スタイルに合わせていきたいですね。

稼ぎを増やして、一緒に暮らしている2匹の猫たち(しがないさんと同じく猫好きなのです)に美味しいものを食べさせてあげる機会を多くしたいところです。
ピーター君のこと本当に何と書けばいいのかわからないほど残念に思っています。
外で同じ柄の猫を見ただけで心臓がドクンとなって涙が出てきてしまいますよね。
でもピーター君は必ず天国でしがないさんのことを見守ってくれているはずですし、幸せな人生(猫生?)を全うできたにに決まっていますよ。


今月はノートレードでも、手法とマッチする時期が来れば一気に巻き返しができそうなので楽しみですね。
僕なんかは1~2日ノートレードなだけで、「もう永遠にエントリータイミングが来ないのでは・・」なんてことを本気で考えだしてブルーになってしまうので、その辺りをもうちょっと鍛えていきたいです。

パクりサイトは「生涯使えるCherryCokeの資産運用術」という名前のブログです。
損小利大について調べているときに偶然たどり着き「あれ?この人もしがないさんと同じことを言っているなあ」
なんて呑気に思いながら読んでいたら、文章も9割方同じで、同じこと言っているのではなくパクりだと気付いた流れです。

該当記事はこちらです。
http://investor-cc.com/post-1955/

Re: ありがとうございます

いえいえ、こちらこそ嬉しいコメントありがとうございます。

そうですよね。
FX業界は、とにかくテクニカルが全てみたいな風潮があるので、『永遠に勝てるトレード手法はこの世に存在しない』なんて言葉をいきなり目にしたら、拒絶してしまいますよね。

良いタイミングで、うさ太郎さんにお目にかかれて良かったです。
『お目にかかる』の使い方がちょっとおかしいですけど(笑)

私は極端にチャートを見る時間が少ないんですが、でも、私みたいなのは例外ですし、見なかったら不安を感じるのであれば見た方がいいと思います。
相場の世界って、自信が大事ですから。

うさ太郎さんも外で働くのが厳しいんですね。
それに、猫も飼っておられるなんて、私と境遇が凄く似てますね。

投資って、うさ太郎さんや私にとっては、生きる希望を与えてくれる数少ない手段ですし、ずっと勝ち続けられるように、お互い頑張りましょうね。

ピーターの事を気遣って下さってありがとうございます。
流石に今では随分和らいだんですが、亡くなってから1年くらいはホント辛かったです。

同じ柄の猫を見ただけでも涙が出てきてしまうと仰っておられますし、うさ太郎さんもおそらく、愛猫の死を経験した事がおありなんだと思います。
なので、ご存じだとは思うんですが、猫は突然死が割りと多いみたいなので、万が一の事があっても後悔しないように、毎日全力で可愛がってあげて下さい。

ピーターが幸せだったと思ってくれてたら嬉しいですね。
でも、しっかりしてないと、天国で見守ってくれてるピーターに愛想を尽かされるので(笑)、頑張らないといけません。

トレードって、ちょっとでも上手くいかなくなると、ついネガティブな事ばかり考えてしまいますよね。
私もよく、『永遠にダメかも・・・』と思ってしまいます(笑)

うさ太郎さんに教えてもらって早速見てきたんですが、確かに完全にパクってますね(笑)
タイトルに、?を付けてちょっと変えたりしてるし、かなり汚い奴です。

教えて下さってありがとうございます。
なんらかの対処をします。

こんばんは

しがないさん、こんばんは。

そうなのです、どうやらしがないさんと似たような生活を送っているような気がします。
僕は週2回のスーパーへの買い出し、朝のゴミ捨て、数十分の散歩以外は家の中で生活が完結しています。
たまに足をのばしてプールやB級ランチに行くところまで似ているのですが、ランニングはしていなくて懸垂器をやっています。
そして作り話のようなのですが僕も(何年も前から)8:30に起きているんです。笑

お察しのとおりですが、僕も愛猫を突然死(心臓発作?原因はよくわかりません)で亡くした経験があります。
たしか1週間は固形物が食べられずウイダーインゼリーだけで過ごし、野良猫を見るのも辛くて大変でした。
数年間は新しく猫が飼えなかったのですが、一昨年から保護猫を2匹引き取って1人&2匹での暮らしになりました。
1日1日後悔の残らないように可愛がってあげないといけないですね!

しがないさんのように14年以上勝ち続けていても、『永遠にダメかも・・・』と思われるとは意外です。
でも、調子にのらない一般的にはネガティブだといわれる思考のほうが安定して勝てる秘訣なのかもしれませんね。
FXや株は本当にこの先の希望なので数十年スパンで勝ち続けられるようにしたいところです。

やはり完全にパクっていますよね!!
本当に腹立たしいですが、実際に記事をパクられたしがないさんのほうが当たり前ですがショックは大きいですよね。
年収6800万円もあるのに人様の記事をパクるなんて不思議な話です。
ヒートアップしてきそうなので、この辺りにしておきます。笑

しがないさん、いきなりのコメントに温かいお返事ありがとうございました。
また調子にのってコメントしに来てしまうかもしれません。笑

今月はエントリータイミングがたくさん来る相場になるといいですね!
それでは失礼します。

Re: こんばんは

うさ太郎さん、こんばんは。

生活パターンが、お、おもいっきり似てるじゃないですか(笑)
スーパーやプール、B級ランチ、起床時間、懸垂はしないですけど私も筋トレはしてますから。

それに、私は最近、外に出る用事があるとあえて遠回りして散歩するのが、ちょっとした楽しみになってるので、ますます生活が似てきてると思います(笑)

違うのは、ランニングの有無くらいですね(笑)

やはり、愛猫を亡くした経験がおありなんですね。
しかも突然死だったんですか・・・

突然死はホント衝撃ですよね。
弱っていく姿を見るのも辛いとは思いますけど、心の準備がないまま愛猫をいきなり失ってしまうのは、あまりにも過酷ですから。
ご飯がのどを通らなかったのもよく分かりますし、私も本気で死のうかなか思いました。

数年間経ったあと、保護猫を引き取られたんですね。
その子達は、うさ太郎さんに引き取ってもらえて幸運ですね。
これでもかってくらい、可愛がってあげて下さい。

恥ずかしながら(笑)、今でもすぐ恐怖が芽生えてくるんですよね。
もちろん、うさ太郎さんの仰るとおり、このネガティブ思考が大きく負けない要因なので、勝ち続ける事に繋がってるとは思うんですが、ただ、もう少しどっしり構えられるようになりたいものです(笑)

はい。完全にパクってました(笑)
教えて下さって本当にありがとうございます。

あいつは確実に詐欺師ですね。
でも、グーグルに削除依頼を出したらすぐに削除してくれたので、今は割りとスッキリしています(笑)

いえいえ、私の方こそ、有難いコメントを頂いたので嬉しかったです。
調子に乗るなんてとんでもありません(笑)
これからも気軽にコメントして下さい。

ありがとうございます。
来月は良いご報告を出来るように頑張ります。

PAGETOP