《2月のトレード成績》
ユーロドル トレードなし
ドル円   トレードなし

《2020年の年間成績》
ユーロドル 0勝0敗 0pips
ドル円   1勝1敗 -3.9pips

《長期投資》
ソフトバンクグループ 2555円   1740株
武田薬品工業     3992円     60株 ←NEW!
(2月末時点の含み益・426万)


FX

タイトルにも書いた通り、残念ながら2月は、ユーロドル・ドル円共にノートレードになってしまいました。

先月は両通貨ペア共そこそこ動いたんですが、でも、私のピボット手法とは噛み合ってくれなかったので、エントリーするチャンスが皆無だったんですよね。


というわけで今年はこれまでの所、未だにマイナス収支という厳しい状況だけど、ただ、このブログの読者の方はご存知の通り、5月に実家へ帰る事が既に決まってるので、精神的にはリラックスしています(笑)

実家へ帰れば、家賃やその他のコストを払う必要がなくなるので、生活費を大きく削減出来ますからね。


ただ、だからといって手を抜くわけでは決してないし、これまでと同様に全力でFXに臨みます。

長期的には、ソフトバンクグループ株の利益で確実に財産を築けるけど、でも目先の生活費は、FXで確保しないといけないですから。

だから、2020年は最悪なスタートになってしまったんですが、ここからなんとか巻き返して、最低でも去年並み(223pips)の利益は確保したいですね。


それから、英国がEUを離脱した事に関して、少し触れておきます。

私は過去に、英国はEUを離脱しない。ポンドは暴落だけではなくて、暴騰もある危険な通貨という記事や、Don't touch スターリング・ポンド!といった記事を書いた事があるし、『英国はEUを離脱しない』と一貫して主張してきました。

『本当に離脱するかもしれない』という状況に直面すれば、英国民も流石にEUの恩恵に気付いて、離脱反対に動くと考えてましたからね。

ところが、英国民のバカさ加減は、どうやら私の想像を遥かに超えていたらしく、マジで離脱してしまったので、この結果には非常に驚きました。


ただ、『これで離脱を巡るゴタゴタは終わったからポンドは安心してトレード出来る』なんて、絶対に考えてはいけません。

今後間違いなくFTA交渉で行き詰まるし、そしてさらに、スコットランド独立問題も確実に再燃するので、英国の混乱はまだ終わってないですから。
(しかも今回は、経済的に豊かなスコットランドだけではなくて、貧しい北アイルランドとウェールズにも飛び火しそう)

だから私はここで改めて、Don't touch スターリング・ポンド!と確信を持って宣言しておきます(笑)


長期投資

私は先月の記事で、『新型コロナウイルスは騒ぎ過ぎ。市場全体に大した影響はないだろう』と書いたんですが、ところが未だに新たな感染者が出る度にニュースになるし、そして先週は、市場もリスクオフに見舞われました。

ただ、それでも私は相変わらず、コロナショックに対して楽観的です。

まだ感染者が増加中で全体像が見通せないから騒いでるけど、そもそもの殺傷能力は高くないので、増加ペースさえ鈍化すれば落ち着くはずですから。


でもこんな事を書いてると、『しがないさん、そりゃあんたは家に引き籠ってるから、殺傷能力は高くないなんて呑気な事が言えるんだよ。満員電車で通勤してて、仕事中にたくさんの人と接さないといけない俺らはすげえ不安になるんだよ』とお怒りになられる人がいるでしょう。

それで自分をサラリーマンに置き換えて考えてみたんですが、もし私もそういう日常生活を送る立場だったら、結構不安になるかもしれません。

だから、感染者数が明確にピークアウトするまではどうしようもないし、それに、すでに実体経済にも多大な影響を及ぼしてるので、今後各国で実施されるであろう財政・金融の支援策に注目です。


ただ、新型コロナウイルスの影響でリスクオフにはなったものの、ソフトバンクグループは1月末より上昇しました。

長年の懸念だったスプリントの合併がようやく正式に決定したし、それに加えて、物言う株主の出現なんかもあったりして、ポジティブ材料が次々出ましたからね。


でも、ソフトバンクグループの株価がどれだけ上がろうとも、スプリントを手放した事に関しては、私は未だに納得してません。

だって孫さんは、『私の誇りにかけて、私のプライドにかけて、スプリントを必ず立て直してみせる』とまで言い切ったのに、結局立て直せなくて放り投げたんですから。


まあ、もう終わった事だから仕方ないけど、でもスプリントの敗戦は、間違いなく孫さんの事業家人生最大の汚点になってしまったし、こんな大失敗は2度としないように、精進してもらいたいですね。

『世界を洗濯致し候』と宣言した孫さんには、求められるハードルも高いんです。


それと、コロナショックの影響で武田薬品工業も大きく下がったので、ちょっとだけ追加しました。

NISA枠が少し残ってたからこの急落は買い増しの絶好のチャンスだし、それに、実家に帰る事が決まったので、キャッシュに余裕が生まれましたからね。

関連記事

PAGETOP